日本語教師のお仕事

 明日は4年生の多くが実習で学校から居なくなります。この4年生は私が初めて迎えた1年生で、気付いたら私もこの大学でもうそのくらい生活していたんですね。

 明日引っ越しして明後日から実習が始まるということで、ある男子学生は今日が大学に居られる最後の日。友人たちと飲んでいたみたいです。モーメンツではそのビールの本数たるや驚かされます。

 多くの人がいなくなるのですっごい寂しくなります。明日から4年生の夜の会話は週合計6時間くらい無くなってしまって、夜はずいぶん暇になるかもしれません。この時間は他に生かすことになります。

 今学期もあと1ヶ月程度で授業も4回くらい。やり残していることもいくつかありますので、年末に向かって引き続き頑張ります。

日本語教師のお仕事

 来週月曜日に11人の4年生が天津へ実習に行きます。
 それに伴って来週から夜の会話が続々と無くなることになりました。もう実習で学校にいないため、会話ができなくなったためです。

 一昨日はその学生の最後の会話。
 1年生の頃から3年間ずっと夜会話し続けてきて、いよいよ最後を迎えてしまいました。
 まだ4年生前期ではありますが、卒業まで実習をするようなのでもう学校に帰ってくることは滅多にありません。

 学生からのお願いで、最後に1枚写真を撮りました。
 モーメンツでもそういう内容の写真があげられていました。

 会話が無くなるのは寂しいことですが、来週からどうか実習を頑張って欲しいなと思います。

日本語教師のお仕事

 今日9時に学生との会話が終わって帰る時、何気なく1年生の自習室を除いてみたら6人いました。
 1年生の自習は8時50分に普通終わってみんな帰るのですが、それから30分~1時間更に自習していたのがこの6人です。後ろからこっそり見ただけなので数人しか分かりませんでしたが、経験上この人たちは今後必ず成績上位者になるであろう存在に違いありません。

 教室の外にまで日本語を読み上げる声が聞こえてくるところは今年卒業していった14級の学生たちに似ていて、テンションの高さは今の15級並みです。彼らの授業は今のところ安定してできているので、この調子で行きたいと思ってます。

 今日彼らの自習中、私は教室の外で3年生とずっと夜の会話をしていましたが、その声は1年生にも届いていたはずです。毎年このように先輩達の能力を意図的に1年生に見せつけるようにしています。これは1年生の勉強のモチベーションに繋がればいいと思ってしていることです。

 先輩の会話能力を実際に目の当たりにすると「3年生になればこのくらい日本語を操って会話できるんだ」と知ることができ、それによって自分の具体的な目標も立てやすくなるでしょう。
 この時点でこのくらいできればあの先輩と同じくらいかという感覚があると役立ちます。もし無ければ手探りになって途方に暮れてしまう人もいますからね。

 今学期もあと1ヶ月半くらいでしょうか。1年生の成長に期待です。