日本語教師のお仕事

 4年生の進学を希望しない人たちの間では、もう既に数人実習が始まっていました。
 実習とは卒業前に試用期間として企業で働くことを指します。
 卒業と同時、あるいは会社が定めた期間後に正式採用となり、晴れて内定というわけです。

 今年から日本語科の強い支援によって、日系企業あるいは日本語を使う職に就く学生が多くなりました。
 それは後輩たちにも良い影響を与えますし、何より卒業生にとっても好ましいことです。

 しかし、そこからちょっとした悲鳴が聞こえてきました。

 ある4年生の女の子は昨晩、毎週定期的に行われている会話に突然顔を出しました。
 4年生の授業は今学期ありませんし、会話のスケジュールも組んでいないので会うのは3ヶ月ぶりです。
 何事かと思いきや”私も会話に参加したい”とのことでした。
 詳しく聞いてみると、現在実習で日本語を使う機会があるらしいんですが、自分の会話能力があまりよくないので練習したいそうです。
 というわけでちょっと会話をしてみました。

 
 正直に言ってかなりひどい状態でした。
 今の2年生よりもリスニングができてませんし、発話能力も絶望的。
 ほとんどは同伴した友達に通訳してもらっての会話でした。

 彼女の日本語の成績は以前から優秀とは言えず芳しくありません。
 多分自信をなくして、なくしたまま放置していたんだと思います。

 でも今回実習で日系企業に勤めることになりやっと壁にぶつかりました。
 今まではどうにか誤魔化してきたのでしょうが、ここでツケが回ってきたということですね。
 ちょっと言葉はキツいですが、事実です。

 そこで私は彼女に一つ提案をしました。

 友達が同伴すると君は友達の通訳を待っちゃうからダメ。
 10分くらいでいいから次は一人で私と会話をしよう。

 10分できれば自信を取り戻せるかもしれませんし、ひいてはそこから時間を伸ばしていくこともできるようになるはずです。

 次回は来週木曜日なんですが果たして来るんでしょうか。
 今私が手伝ってあげられることはここまでです。
 あとは彼女の勇気次第ですね。

日本語教師のお仕事

 先週4年生のある学生と今年の流行語について話をしました。
 彼女はある言葉を思い出せず、私にこう聞きました。

 「空気を読むみたいな意味の言葉がありましたけど、何でしたっけ?」

 正直なんじゃそりゃと思いました。
 そんなのあったかなあと脳内で検索かけたんですが、全く思いつきません。

 彼女は「なにたく、なにたく…」と言い、そこでようやく判明。

 「忖度か!!」

 他人の心をおしはかること。
 要するに「空気を読む」、なるほどそう覚えても差し支え無さそうです。
 ただ「空気を読む」と言えば良い意味にも取れますが、「忖度」と言えばあの問題を思い出してしまい、どうも悪いイメージしか感じなくなってしまいました。
 もともとそういうことではないのでしょうが、言葉の変化ってのは怖いですね。

 ちなみに今年の流行語にノミネートされた30の言葉、見てみたのですがほとんど分かりません。
 昨晩日本の友人に聞いてみたんですが、友人も私とあまり変わらないくらいです。

 中国にいるのが一つの原因だと思ってたんですが実はそうではなく、単に流行語があまり生まれなかったということなんでしょうね。

 以下は今年の流行語です。

流行語大賞2017 ノミネート30語

・アウフヘーベン
・インスタ映え
・うつヌケ
・うんこ漢字ドリル
・炎上○○
・AIスピーカー
・9.98(10秒の壁)
・共謀罪
・GINZA SIX
・空前絶後の
・けものフレンズ
・35億
・Jアラート
・人生100年時代
・睡眠負債
・線状降水帯
・忖度(そんたく)
・ちーがーうーだーろー!
・刀剣乱舞
・働き方改革
・ハンドスピナー
・ひふみん
・フェイクニュース
・藤井フィーバー
・プレミアムフライデー
・ポスト真実
・魔の2回生
・○○ファースト
・ユーチューバー
・ワンオペ育児

 
 今年は学生に紹介できそうな言葉がないのが残念…

日本語教師のお仕事

 1年生が自作のカレンダーを朋友圈にアップしていました。
 カレンダーには曜日から日付まで、その読み方が書かれています。

 感心したのは12月のカレンダーを作ってたところです。
 来月ホントに使うつもりなのでしょう。

 今年の1年生はかなりの好感触。
 授業も安定軌道に乗っていて、順調について来てくれています。
 何週間前かにはもう名前も全部覚えました。それも一つの重要な要素です。

 今後に期待です。