日本語教師のお仕事, 2年生前期会話, スピーチと弁論

ビブリオバトルの公式ルール
 
1.発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる。
2.順番に一人5分間で本を紹介する。
3.それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う。
4.全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員一票で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする。

 -公式ルール – 知的書評合戦ビブリオバトル公式サイトより

ビブリオバトルは授業でもできそう

 参加者が本を5分で紹介し、どの本が読みたくなったかをディスカッション後の投票によって決めるビブリオバトル。これは授業でもできそうですね。この形式なら1週間ほど準備させると2年生でもできるはず。
 要するにプレゼン大会で、スピーチ能力を高めるためなら絶好の教案になりえます。

 

スピーチの授業に応用してみる

  1.みんな5分で〇〇を紹介
  2.全員で意見共有
  3.投票
  4.勝ちを決める
  5.次回のテーマを教える
  6.授業終わり

 あとは〇〇の部分に毎週違うものを用意できればスピーチの授業になりえます。15回分くらい案を出せたらこの形式で一学期続けられそうですね。

 本、歌、アイドルとかかな。パワポを用意させてもいいですね。その場合はもっとジャンルが広くてもよくなるはずです。

 スピーチの授業で困っている方がいたらぜひやってみて感想を教えてください。

日本語教師のお仕事, スピーチと弁論

 12月に入り今学期もあと3、4回くらい授業を残しているだけとなりました。
 3年生のディベートの授業もあと3回行うつもりですが、このうちあと2回分は現状ネタ切れです。少なくとも次の火曜日までに新しいテーマを何か探し出さないといけないのですが、検索してもしても同じサイトにばかり行きついて手詰まり感もあります。

 今までは「男と女、どっちが得か」「外見と内面どちらが重要か」や道徳に訴えかけるものなど国籍問わないテーマを採用してきました。この手詰まり感を解消するためには、中国人だからこそ白熱できるテーマを用意する必要がありそうです。

 例えばディベートのテーマで検索すると「死刑制度に賛成か反対か」は必ずどこのサイトでも見られます。しかし中国と日本では年間の死刑執行数があまりにも違うので、このテーマは国籍を選びそうという理由から今まで一度も採用しませんでした。学生全員が賛成する可能性があるのでそもそも討論にならない恐れがあるからです。

 そこで考えられるのが中国の時事ネタ。中国の社会的問題を取り上げてその賛否でディベートできれば数回はネタ切れを回避できそうです。ただしこれにもいくつか問題があります。
 私自身が中国国内のニュースに精通して、何が今国民的議論となっているのかを正しく捉えなければいけません。そして時事ネタにも鮮度がありますから、今年は採用できても来年は採用できないという可能性も。そういう意味で授業としての安定感を損なってしまいます。

 ここが正念場です。こういうときは努力ではなくて、何か工夫が必要なんでしょう。
 今日明日はまだ時間があるので、ゆっくり考えたいと思います。

日本語教師のお仕事

 今学期から1年生には毎週宿題を出していて、連日その提出が襲い掛かってきています。提出してくれる学生は全員ではないのですが、それでも30名くらいの発音を直すのは大変な労力が必要です。
 提出してくれるからにはちゃんと訂正したいと思っていますので、時間があれば必ず返信するようにしていますが…。

 そんな中、ある学生が宿題提出の前にこんなことを言いました。

 確かに彼女は本当に人見知りな性格だと思います。授業中も発話を促すときはその顔に若干の緊張が見られますし、口元も震えています。しかしよく勉強しているなと分かるくらい発音は綺麗です。実際に自習している様子を見ていなくても、発音を聞けば何となく分かるものです。

 毎年こんなこと言っているような気がしますが…1年生には有望な学生が本当に多いです。

 ちなみに、このようなお願いをするとき中国では必ず最後に「谢谢」と言います。その証拠に、この文の最後にも母語の影響で「どうもありがとうございます」がありますね。
 しかし日本語では不要です。「お願いします。」だけで十分謝意が伝わります。

 もう少し関係を築いてから、こういうところも今後ちゃんと教えていきたいです。