日本語教師のお仕事

 今の2年生には天然な子が一人います。今学期は毎週火曜日夜8時から会話を行ってきたのですが、それも今日が最後。毎回面白い物語を持ってきては話してくれるので、私の中で随分楽しみな1時間となってました。

 そんな彼女、先週と今週の話のテーマは「怖い話」。
 なかなかぶっ飛んだ話でした。

 彼女の話をそのまま紹介します。

 
 あるところに1組のカップルがいました。彼らは北極へ旅行に行きました。しかし北極は白夜です。サングラスは一つしかありません。そのサングラスは女の子がかけました。白夜のせいで男の子は失明してしまい、女の子は救助を呼びました。
 
 ところが救助はいつになっても来ません。数日後、食糧は無くなってしまいました。女の子は男の子を助けるために、食べ物を探しに行きました。女の子はペンギンを捕まえてきて、男の子にペンギンの肉を食べさせました。
 
 その後救助が来て2人は入院することになりました。しかし女の子は助からず死んでしまいました。彼はとても悲しかったです。

 3か月後、男の子は彼女との思い出を振り返るために、再びペンギンの肉を食べました。彼は死にました。

 
 原文ほぼそのままです。
 どこが怖いか分かりました? その2年生が言うには、IQが高いとすぐ分かる怖い話だそうです。

 
 実は彼が食べた肉は彼女の肉だったそうです。彼は失明しているためそれが分からず、ずっとペンギンの肉だと思って食べていました。
 退院した後に再びペンギンの肉を食べてみたら、あの時食べたものと味が違うことに気付いて彼は全てを理解したそうです。つまり、自分は彼女を食べたのだと。
 彼女の死の理由、そしてその衝撃の事実に彼は自殺をしました。

 
 なるほどなーと納得のオチです(?)
 いろいろ突っ込みどころはありますが、最後彼が突然死ぬのが腑に落ちなかっただけに上手く作られた話ですね。

 「白夜のときサングラスがないと失明する」っていうのがすごく気になったんですけど、気持ちよさそうに話を続ける様子を見てスルーしました。
 これって本当なんですか? 彼女いわく太陽光が強いかららしい…。

 成長目覚ましい2年生、来学期も会話楽しみにしています。

日本語教師のお仕事

 遡ること1年前に「实践」という新しい授業が設けられました。学期末に1週間行われます。それが第17週である来週にやることとなっています。
 今日そのスケジュールが決定したようで、私の方に連絡が来ました。

 1年生は书法。書道ではなく、綺麗な字を書く練習みたいなものです。
 これは27日の午前中、28日の午前中、計8時間。

 2年生は配音。これはアニメとかドラマ、映画などの吹き替え、アフレコです。
 26日の午前中、27日の午後、計8時間。

 内容は決まりましたので、あとは私がその内容を決めるだけです。
 さて、困った…。

 アフレコに関しては、映画か何かを見せようと思います。
 8時間しかないのにアフレコ大会みたいなことは絶対できないので、事実上映画鑑賞みたいな形式になるでしょう。教室はクーラー効いてるところが使えるみたいなので、みんなでゆっくりくつろぎながら鑑賞して終わりたいかな。

 あとは1年生の美文字講座。
 これで8時間やるってのは相当なものです。やれないこともないでしょうが、8時間も書き続けるなんてことが可能でしょうか?集中力切れておしまいです。
 書く以外の何か工夫が必要かもしれません。これは来週までに要検討…。

 その実践が終わったら、29日晩に帰国です。
 全てのスケジュールも判明して、もう終わりが見えてきましたね。

日本語教師のお仕事

 今週末は端午の節句で3連休ってことについさっき気付きました! 学生との何気ない会話の中で教えられたおかげで、月曜日授業に間違って行くこともなくなって一安心…。 こういう話はいちいち通知とか来ないですから、気付くのは学生のほうが早いです。まあもう慣れました。今後もこれでやっていきます!

 来週は確か第16週、私の授業はテスト期間です。ですが作文と2年会話はすでに終わっているので、あとは1年生の会話テストだけ。木曜日に1回テストするだけという恐ろしく暇な日々を過ごすことになります。

 第17週の再来週は实践とかいうのがあって、今回は1、2年を対象にアフレコみたいなことをやるそうです。突然スケジュールを決められたものの、肝心の中身はまるっきり投げられてというのがこの实践。先学期は「調理実習」で地獄を見ましたが、料理でないだけ良かったです。

 それが終わったらもう仕事はないと主任に確認を取りましたので、再来週末の飛行機を予約しました。というわけで帰国日は6月29日。あともう2週間もありませんね。

 今学期も毎週毎日会話頑張ってきました。そこにはかなり成果があった、手ごたえがあったと思われる今学期でした。
 学生に意欲があるからこそ私も辛いとか思わずにやってこれたんだと思います。まだ今学期終わっていませんが、彼女たちには感謝しかありません。

 学生と一緒に過ごすこの大学4年間の中で私がしてきたことが彼らの将来にとって仮に無駄になったとしても構いません。
 もし日本語と関係ない仕事に就こうが、それを咎めるつもりは毛頭ありません。
 卒業する前に、あるいは私が日本に帰る前に、学生とできるだけの事をして思い出を作ることが真に重要なことで、それを今学期やっと気づかされました。

 卒業シーズンも相まって妙に感傷的な気持ちになっているのかもしれませんね。
 とにかく、今学期あと2週間を精一杯頑張ります!