日本語教師のお仕事

 最近めちゃくちゃアクセス増えているんですが、いったいどうなってるんだろう。先月中旬くらいに1日1000PV超えたと思ったら、もうここ数日1日2000PVにまで伸びてきました。ちょっと怖いです…

 でもありがとうございます!
 まだまだ私も未熟ですが、有意義な情報を提供できるように頑張ります。

 さて本題。
 実はこんな噂話を聞きました。しかも主任からです。

 「来学期の1年生は50人。2クラスに分けられる。

 本当ですかっ!?

 今までは30名1クラスだったからほぼ倍。衝撃的です。
 主任でさえ分からないと言ってましたので、今は院长のみぞ知るところですね。

 仮に本当に25人×2クラスだとしたら、私の授業一体どうなるんでしょうか…? その他の授業とかも増えること間違いなしで、だとすると今の先生では手に負えないことになるような。

 ですが、それに伴って先生も増えるそうです。
 話のニュアンスからすると日本人の先生が増えることはなさそうですけどね。でも現実的に考えて、クラスが2つあったら日本人も増えたほうがいいと思います。

 じゃないと私、過労死するかも…
 結果が分かるのはおそらく9月。複数のクラスがあることに関しては経験がないので、ちょっと情報収集、人数に合わせた教案の修正、スケジュールの調整もしなければ。

 なんだか面白くなってきました。

日本語教師のお仕事

 12級の卒業パーティ行ってきたのですが、その場でとある先生にいろいろと相談事をしました。
 大体の内容としては私の仕事のこと、今考えていること、やるべきこと。詳らかに話してアドバイスを請いました。

 「日本語間違えたら怒られそう」
 「厳しそう」
 「礼儀正しくないと怒られそう」

 少なくとも今の4年生はこんな感じで私のことを思っているようです。
 私は毎年教案や授業方針が変わっているので、このような印象は学年によって全然変わってくるんですが…

 つまるところ今の私の方針は一つに定まってなくて、まだ教師として確立されていない状態と言えます。
 当然ながらまだ4年目ですから自分で試行錯誤している最中なので仕方がないのですが、早く確立したいとは思っています。ただいつ完成形になるのかは全くの未知数…。

 私に対してそういう印象があると学生は伸びにくい。
 そして、友達のような関係を築くことが重要だとアドバイスされました。

 私やってることは中途半端だったかなぁ…。
 もっと友達の方向に寄っていく必要があるのかと思います。

 具体的には一緒にドラマ、映画、アニメを見るとか。
 その先生が言ってたのは、「そうだね」で終わる会話は薄いから、何かドラマなどを題材にして話し合えるような間柄を目指すと良いそうです。
 もっと言えば「喧嘩する(できる)」くらいが最高。ここまで行けば自然に日本語が上手になるらしい。

 あとは冗談とか”バカ”とか言い合える関係。
 なんか単語の練習で、間違えたらグラウンド一周みたいな罰ゲームをしてたらしいんですが、関係が良いと学生は罰ゲームだとは思わなくなるそうで、純粋に楽しめるようになるとのこと。ここまで行けば確かに…。

 わざと自分を開放する。
 次また来学期新しい一年生が来ますから、彼らに対してやり方を変えたいと思ってます。

日本語教師のお仕事

 4年生の卒業パーティ行ってきました。
 久しぶりにみんなの顔を見て、その変化を実感させられました。

 そして帰り際に花束とメッセージカード。
 なんというか… 学生の卒業とはなかなか不思議なものです。

 今の4年生は、私が今からおよそ3年半前に初めてここに来た時に1年生後期でした。つまり1年生前期のときの彼らを私は知りません。

 だから実質一緒にいたのは3年半です。この欠けた半年は意外にも大きくて、仲がいい学生と良くない学生の差は想像よりも大きいです。
 ですから今回のパーティでは悲しいとか泣きたいとか、そういう気持ちは特にありませんでした。我ながらひどいですね…。

 率直に言うと食事中に一人ひとり発表していく場面があったのですが、どこか形式的なものがあって妙に不自然。うん、4年生とは結局このような関係で終わりました。

 私が仲が良かったのは本当に一部、片手くらいの学生です。
 全員とはなかなか良好な関係を築けない。それが外教の辛いところです。

 でも寂しくなるのは当然寂しくなります。
 これからは一人ひとりの人生ですから、頑張って行ってほしいですね。