日本語教師のお仕事

 今日は調理実習本番でした。

 朝9時に食堂へ集まり料理開始。
 私が提供した日本でのレシピを参考に、各グループがそれぞえ選んだ鶏のから揚げ、フライドチキン、フライドポテト、ホットケーキ、オムライスを作っていました。

 結果としては面白かったのですが、いろいろ残念なこともありました。

 まずフライドチキン
 スーパーから買ってきたものがもう既に味付けされている骨付きモモ肉でした。
 レシピには味付けを自分でやるところから始まっているのに、これでは調理実習と言えるのかどうか…。
 
 揚げる時も訳わからなかったです。
 フライパンにアルミホイルを満遍なく敷いてその上に油を注ぎ、チキンを揚げていたのです。
 フライパンが汚くならないようにという配慮なのかどうか分かりませんが、こんなの初めて見ました。

 グループは5人だったのに、チキンを2つしか買ってこなかったのも何とも言えません。
 ただ出来はかなり良かったです。味は分かりませんが、見た感じ美味しそうでしたね。

 
 ホットケーキに至っては致命的です。
 レシピには薄力粉、ベーキングパウダーと書いているのにも関わらず、それらを買ってこない異常事態です。
 普通ホットケーキの生地はどろどろになるはずなのですが、お餅のようになっていました。
 そのお餅を必死にこねて丸く成形しているのを見て、一体何を作ってるのかと思ったほどです。

 卵と牛乳が死ぬほど足りないのが見て分かりますし、あの生地だと膨らむというよりはただ焼いているだけ。
 実際完成したものは2~3mmのもので、数枚重ねても何の料理なのか分かりません。
 ただ土俵際でいちごジャムに助けられ、大失敗を回避していました。

 
 オムライスはもうオムライスではありませんでした。
 まずチキンライスを作らなければいけないはずなんですが、最後までケチャップを使わず、鶏肉やキノコ類をただ炒めただけのチャーハンです。チャーハンと言っても一切の味付けをしてませんので、本当にただ炒めただけです。試食してみたんですが、味が全くありませんでした。

 あと炒める際に油をたくさん入れているのでしょう。ご飯がめちゃくちゃ脂っこく光っていました。

 チキンライスの上に乗せる卵も謎です。
 卵の味付けに大量の塩を入れていてしょっぱすぎます。
 フライパンに卵をいれる前に皿を用意していなかったりして、とろっとろの半熟なんかは絶対に期待できません。

 このグループも5人いたのに、結局1人前しか作りませんでした。
 何をしているんでしょう。

 
 フライドポテトは悲劇です。
 電子レンジがありませんでしたので、まずジャガイモをラップで包んで10分~15分くらい湯煎するよう指示しました。

 私の話を聞いていなかったグループは2つあって、残念ながら大失敗です。
 ラップをしなかったグループは、じゃがいもが水分を多く含んだ状態になっていてカリッとなりませんでした。

 また、茹でる前の生のジャガイモをフライドポテトの形に切ってしまったグループは、その後火を通しもせず、しかも小麦粉などにまぶさないまま揚げてしまいました。生のじゃがいもを揚げるのはいくら何でも美味くなるはずがありません。

 揚げ終わったらすぐ塩などで味付けしてねと言ったんですが、「塩」だけを聞き取ったのか、油の中に塩を注いでいました。もう何でもありの状態です。

 
 一方で鶏のから揚げは概ね成功です。
 タッパーが調達できなかったので、ボウルなどで味付けし揉みこんで待ちます。
 この簡単さが間違う可能性を大幅に減らしたのだと思います。

 ただ私がもう十分って言ってるのにまだ足りないと思っているのか、ひたすら揚げ続ける人もいました。
 中まで火が通っているかどうか心配しているせいか、揚げてる最中のから揚げに箸を刺しまくったりと謎です。
 黙って見ていられないのでしょうか…。

 そしてスーパーから買ってきたものは既にから揚げサイズに切られたもので、私としては残念でした。
 胸肉1~2枚をそのまま買ってきて、それを自分たちで切るくらいでないと調理実習とは言えません。

 
 という具合に愚痴満開ですいませんでした…。
 ある学生に「もう全然違う料理になってる」と言ったら、「中国人は自分がそう思ったらそうやってしまうんです」と答えました。
 確かに例外なくほとんどの人がそうでしたので、今回実感しました。

 私はこうするんだよって教えるんですが、頑なに吸収しようとしてくれません。
 あまりにも聞いてくれないので、私の方から諦めて彼女たちに任せました。結果は言うまでもありません。

 そして学生の盛り付けに対する意欲は半端じゃありません。
 とにかく美しく皿に盛る。それがポリシーみたいになっていると感じました。

 そのせいか、皆が各々の美的感覚から位置を微調整したり、横から手を出したり、フライパンや包丁がある環境下で随分危ないことをしてます。
 いくら見た目が綺麗でも色んな人が触れていますから、実際綺麗かと言われるとまた違う意味で綺麗ではないと思います。

 
 正直に言うともう二度とやりたくありません。
 積極的に参加する姿勢は評価しますが、料理ができないと言いながらもなぜかレシピや助言に従わないのです。
 我が強いところには本当に呆れました。

 分からないことがあったら聞いてねとあれだけ口酸っぱく言ったのに…
 こんな様子だと社会人になった頃の彼らが心配でなりません。

 今回調理実習を行うことは上によって決められたことです。いわば外国語学部から日本語学科へ、日本語学科主任から私への命令です。
 命令とあらば必ずやりますが、私の本来の仕事は教室で面白い授業をすること。
 それだけを考えて仕事をしていきたいと切に願います。

日本語教師のお仕事

 私の調理実習は明日朝ですが、今日は別の先生による実習がありました。
 せっかくなので下見感覚で見学にいってきました。

 今日作っていたのはポテトサラダです。

 2ヵ月前日本へ短期留学した人たちはは日本で食べた事があったそうです。
 彼女たちが言うには、美味しくないだそう。
 やっぱり国が違うとそうなりますよね。

 私は今日久しぶりにカルチャーショックを受けました。
 学生達が料理する様子、日本のそれとはあまりにも違います。

 まず、包丁の使い方が危なっかしすぎて見ていられません。
 子供のときから包丁を握らなず、親からも教わっていないのがすぐ分かりました。
 寮生活が長いので、料理をする機会がないのが大きい要因かもしれません。

 また、つまみ食いがひどいです。
 当初予定していた食材が圧倒的に足りなくなる始末で、しかもそれを誰も咎めていないのも驚きました。
 あの雰囲気を見ると、途中追加で買い物にいくことになったことにおかしいと思ったのは私だけのような気もします。

 料理が完成したらみんなで食べるわけですが、手元に箸や皿がないとみると、包丁を使って食べている人がいました。
 包丁ですくって口まで持っていくというのは、正直教養がないと言わざるを得ません…。
 万が一にも近くの人が突然ぶつかって来た時など大怪我してしまいます。そういう危機意識がかなり薄いです。

 さらに些細なことですが、包丁を手渡すときに刃を相手に向けているのもどうかと感じました。
 はさみやカッターさえもそうするべきだと思っていたのに、本当に驚きです。

 こういう部分は学校ではなく親が教えるべきことだと思うのですが、今は家庭の教育がどんなものかすごく興味が湧いてきました。
 授業では見えない側面が見えたことはよかったのですが、どちらかと言えば見たくなかったなあという感じもしてます…。

 まあとにかく安全に注意して作れたらいいだけなので、そこを明日頑張りたいと思います。

日本語教師のお仕事

 本日から2年生の実習期間となりました。
 実習自体は今日から3週間あるのですが、私が担当するのは今週行われる調理実習です。

 私が受け持つのは月曜4時間と木曜4時間です。
 今日の授業では大まかなことを決める準備段階としました。

 具体的にはグループ分け、何を作る? どのくらい作る? 材料はどのくらい必要? 作り方などです。

 グループは5人、5人、5人、6人、6人の5グループです。

 今回私が用意した料理は7品。
 鶏のから揚げ、ローストチキン、ホットケーキ、ドーナツ、野菜のかき揚げ、オムライス、フライドポテト

 日本料理というとあの懐石料理みたいなのを思い浮かぶかもしれませんが、ここでは日本でよく食べられている料理の意になります。
 また中国で作るにはいろいろ問題があります。
 例えば食材の調達が困難、調味料が手に入らない、調理器具などの調理環境です。

 今回のために食堂1階を貸し切りました。
 食堂では安全の関係でガスは使えませんが、電気は無料で使えるため、基本的にはIHです。
 したがってIHとフライパンや鍋で作れるものが必須条件となりました。以上の品はどれもそれを満たしています。

 
 各グループ、この中から2品ずつ選んでもらいます。全体で10品もの料理が完成するということですね。
 選ばれなかったのはドーナツ、かき揚げです。それ以外は全部無事選ばれました。
 そしてあらかじめ用意しておいた印刷したレシピを配ります。

 今回は準備段階ということで、いろいろなことを考えました。
 まずはグループに1人会計係を置きます。そしてクラス全体の会計を担当する人も1人決めました。
 私と学校から500元、学生からは1人10元集め、合計770元。
 これをクラスの会計担当に全額渡しておきます。

 料理によってはアルミホイル、ラップ、おたま、攪拌機、ポリ手袋、ボウルなども必要です。
 しかしこれらは比較的安く入手できますので、各グループにスーパーで買うようお願い。

 また、揚げ物が多いので油も大量に必要になります。
 この油はクラス全体で共有することで安上がりになりますので、そこらへん調整するよう指示しました。

 木曜日の朝8時に調理実習が行われますので、前日の夜などの各自買い物を済ませると決め、授業自体は終了です。

 
 ちなみに今現在の問題は、フライパンと包丁が足りないことです。
 フライパンは4つ、包丁は3本ほど不足していますので、どこからか借りる算段をつけなければいけません。
 一応他の先生方にも連絡してみて様子を見ましょう。