日本語教師のお仕事

 これまで3人の学生から成績に関する質問が来ています。全て共通しているのは「私の成績、どうしてこんなに低いの?」です。

 こんなことを聞かれるのは中国ならではな気がします。
 どうして成績が低いのかと先生に聞く勇気は、少なくとも私にはありませんでした。

 ちなみに成績は相対評価でつけています。
 クラス内の最も優秀な学生を100点ないし99点くらいに設定して、それを基準に2番目に優秀な学生をそれよりも少し低い点数に… これを最下位まで繰り返します。最下位はいつも60~65点くらいです。

 ですから、どのように成績を高めればいいんですかと聞かれても、クラス内の他の人よりも良い成績をとるとしかいえません。

 この評価方法の怖いところは、去年よりも成長していたとしても、周囲がそれよりも成長していれば相対的に成績は下がることです。順位を維持していたとしても、成長速度が他と同じとは限りません。むしろ上層とは気付かないうちに差を開けられているとも言えます。

 成績はもう変えられませんので、最低限受け答えして納得してもらうしかありませんね。

日本語教師のお仕事, ビジネスマナー

 今学期は終わったばかりですが、既に来学期の授業スケジュールが通知されています。1年生後期会話、2年生後期会話は相変わらずですが、3年生後期にビジネスマナーの授業をやることになりました。

 まず3年生後期に授業があること自体も初めてで、ビジネスマナーを受け持つのも初めです。初めて尽くしで今から楽しみにしています。

 そのビジネスマナーの授業内容なのですが、とりあえずこの本を買ってみました。あらゆるビジネスの場面を使って、どのように振る舞えばいいのか分かりやすく書かれている良い本です。
 来学期はこれを使って授業を進めていきたいと思っています。

 具体的にはと言われるとまだ詰めていませんが、おそらくはロールプレイのような形式を使ってビジネスマナーを学んでいく予定です。
 ビジネスマナーと言っても幅広いので、授業15回分くらいの教案を教科書から絞り出してまとめる作業を冬休み中にやらなければいけません。

 どこか参考になりそうなサイトやブログを探して、まずは情報収集からですね!
 久しぶりに0からの教案作りとなりますので、なんだかワクワクしています。

日本語教師のお仕事

 昨日で今学期ほとんどの仕事が終わりました。成績もつけましたし、あとは提出するだけです。今学期も長かったような短かったような感じでした。
 来週は外国語学院主催のクリスマスパーティーに参加して、1年生数人と会話して… あとは年末年始を迎えるだけです。

 とはいえ文法まとめたり、教案まとめたり、免許の勉強したりと、家にいるだけでもやることは山積しています。今年の冬休みは珍しく帰国するつもりもないので、来学期までの2か月間短期集中で頑張ります。

 ちなみに明日は日本語コーナー。知り合いの日本人の方とおでんを作ることになっています。授業の雰囲気0で年末を満喫します。