日本語教師のお仕事

 昨日は今学期初の一年生の授業がありました。
 2クラスに増えましたので、昨日担当したのは1班25名です。

 1年生はわりと静か。
 たぶん軍事訓練がなくてあんまり親交を深められなかった影響があると思われます。

 初日の印象は悪くないです。
 厳しくも初めから宿題をわんさか出しましたが、わりと意欲的に見えました。

 国慶節後が本番ですね。

日本語教師のお仕事

 先日2年生の授業冒頭で、先学期同じバンドのボーカルを務めた女の子が私に「もうすぐ一年生歓迎会があります。バンドをします。」と言いました。
 時間はまだ分からないとのことですが、どうやら私がまた参加することも決まっているようで、メンバーも以前と同じだそうです。

 一年生は今週末に来て、1週間の軍事訓練を経た後に確か再来週には授業があったはずです。
 一年生が落ち着く頃を見ての歓迎会でしょうから、おそらく国庆节後だと思うのですが…
 前だとすれば練習の時間がありません。

 やりたい気持ちとやりたくない気持ちが半々。
 以前の演奏ではステージ上にアンプがなくて、自分で音の調整できなかったんですよね。
 人がいるだけのステージは妙に殺風景で雰囲気出ませんって。
 だから次はちゃんとした設備の中で弾ければいいのですが… たぶんそうはいかないんでしょう。

 ここだけの話、うちの軽音サークルは日本の大学生に比べて随分技術が劣ります…
 学生のみならず、近場のライブハウスなんかのレベルを見てもかなりひどいです。
 学生のほとんどは集団生活ですから、楽器を自由に演奏する環境が整ってないことや勉学優先の雰囲気がそうさせていると思います。

 なので一緒に練習する時間を増やしたいのですが、連絡がほぼ直前に入ってくる始末ですからそれも叶いません。
 付け焼刃程度の演奏で妥協するのはちょっとつらいですね。

日本語教師のお仕事

 先学期から学校全体が慌ただしかったのは今週のためだそう。
 どうやら政府の方からこの大学の監査が入るらしくて、上の人がぞろぞろ見に来るそうです。
 前回行われたのは2008年で、この監査は10年に一度行われます。
 「本科」としての資格があるかどうかを査定する、大学にとって重要なものです。

 結果いかんでは本科剥奪みたいなこともありうるのかもしれません。
 この辺りはあんまり分からない部分です。

 今週のために学生たちは構内の掃除をしていて、ところどころ壊れていた部分も直されました。
 食堂も一新して綺麗になり、以前とは見違えるほど綺麗になった印象です。
 何かと思えばこの監査のためだったんですね。
 今回合格がもらえさえすれば10年間何があっても本科ですから、力の入れようが違います。

 本来は昨日から来ているようなのですが、授業を見に来るのは今日からだそうです。
 私も今日4時半から3年生の授業が一つありますので、おそらく来られるのではないかと思ってます。
 とはいっても全く緊張してませんが… ただ準備した内容をいつも通りやるだけですからね。
 しかもどうせ日本語ですから、彼らには分からないでしょう。

 ちなみに日本語科の主任の方からは、先生も学生も授業の15分前に教室に入ってくださいと言われました。
 昨日その通りにしたのですが、なんと肝心の学生はいませんでした。

 学生はほんとマイペースでいいですね~ 上辺だけってのは誰が見てもすぐ分かるものです。
 誰が来ても動じないその姿勢、私は大好きです!