教案, 二年後期 会話

 第12課のテーマは「セメンヤ選手はオリンピックに男性として参加すべき?女性として参加すべき?」です。

セメンヤは、800mを得意とする南アフリカの女子中距離選手である。2009年にベルリンで開催された世界選手権では、南アフリカ代表として800mで金メダルを獲得した。2012年ロンドンオリンピックの開会式では南アフリカ選手団の旗手を務めた。男性のような見た目から男性疑惑もあったが両性具有との診断が出た。国際陸上競技連盟は女性として記録を認めている
 
医学的検査の結果子宮と卵巣が無く体内に精巣があり、通常の女性の3倍以上のテストステロン(男性ホルモンの一種)を分泌していることが判明し、両性具有であることが分かったと報じられた。

 引用元:キャスター・セメンヤ – Wikipedia


 

男性として参加すべき派の意見

 ・男性と女性の運動能力は違う。
 ・この人の考えだけで性別を決めるのは、他の選手にとって不公平だ。
 ・この人の体力は男性の体力そのもの。
 ・男の特徴があり、これは現実。ただ自分の意見だけでは決められない。
 ・男性の特徴がより多くあると言える。
 ・その人の意思で性別を選んだ結果、他の人に影響がないなら認めることができるが、この場合はそうではない。
 ・男性ホルモンが多いので、男性だ。
 ・オリンピックにとって、男子競技の人は男性ホルモン優勢の人だ。
 ・女性として参加すると、オリンピックのルールを壊すかもしれない。
 ・記録が違いすぎる。
 ・女子競技では必ず勝てる。これは不公平だ。
 ・他国の利益を害する。
 ・オリンピックは性別ごとの世界記録、すなわち人類の限界への挑戦であり、誰もが女性と認める人がその記録を保持しなければ、それは女性の記録とは言えないのではないだろうか。

 

女性として参加すべき派の意見

 ・自分の心に従えばいい。
 ・メダルは重要ではなく、重要なことは人々が認めることだ。
 ・この人は不完全な男性だ。
 ・彼女は両性具有で、逆に言えば両性とも無い。なので我々は彼女の意思を認めるしかない。
 ・女性として参加すると他の女性に不公平だが、その逆もまた同じだ。
 ・性器によって性別は決められない。
 ・オリンピック精神によって彼女の参加は尊重されるべきだ。
 ・オリンピックは彼女の参加を一度認めている以上、議論の余地はない。
 ・両性具有であるという国際検査があるので、自分で決めるほうが良い。
 ・女性としての参加を認めることは、オリンピック精神に基づくものである。
 ・この人は男性として参加したことが過去一度もない。

 

まとめ

 両性具有者のオリンピック選手はどちらの性別として参加すべきかという問題ですが、この問題はかなり難しかったようです。
 このキャスター・セメンヤ選手は特殊な事例なので、まずはディベートの前にちゃんと説明をしなければいけませんでした。
 

二年前期 会話, 教案

 2年前期の会話の授業は学生主体の授業を心掛け、毎週学生に様々な準備をさせて授業を行っていくスタイルにしました。
 全ての授業について学生に2週間の準備期間を与えるため、2週間前に2週間後の授業について説明し、あらかじめグループ分けをしておきます。授業前半では準備した内容の発表を行い、後半は2週間後の授業についての説明を行います。

 

1学期を通してのスケジュール

授業内容 しておくべきこと
【第1課】言葉で形を説明して伝える「図形説明ゲーム」 【第3課】の説明とグループ分け
【第2課】道が分からない人に日本語で道案内できるようになろう! 【第4課】の説明とグループ分け
【第3課】故郷別に分かれ、故郷自慢プレゼン大会! 【第5課】の説明とグループ分け
【第4課】日本語で授業をしてみよう! グループで頑張る15分間教師体験① 【第6課】の説明とグループ分け
【第5課】大学を紹介する動画を作成してみよう! 【第7課】の説明とグループ分け
【第6課】自分で作った日本語の試験問題をクラスメートに解いてもらおう! 【第8課】の説明とグループ分け
【第7課】グループに分かれて日本の8つの地域を紹介しよう! 【第9課】の説明とグループ分け
【第8課】心に響く演説をしろ! クラス内スピーチコンテスト 【第10課】の説明とグループ分け
【第9課】上手に怖い話ができるのは誰だ! 怪談話コンテスト 【第11課】の説明とグループ分け
【第10課】日本のアニメのアフレコに挑戦! アフレコ大会 【第12課】の説明とグループ分け
【第11課】日本の歴史の流れを簡単に紹介してみよう! 【第13課】の説明とグループ分け
【第12課】寮対抗、演技が上手なのは誰? 劇の発表会 【第14課】の説明とグループ分け
【第13課】日本語で授業をしてみよう! グループで頑張る15分間教師体験② 【第15課】の説明とグループ分け
【第14課】大学生100人に恋愛観のアンケート! 結果を分析してプレゼン発表
【第15課】展開は全てお任せ!10分の短編ドラマを作ってみよう

 初回と2回目の授業は学生による準備がないため、教員が準備した授業を行います。
 各回の授業後半に2週間後の授業に関する説明をしてグループ分けを行います。
 グループ分けは常にくじ引きで行い、できるだけ寮でまとまらないようにします。

 各課で学生が準備しなければならないことが多いので、2週間という十分な時間を与えました。
 この教案では学生の準備なくして授業が成り立つこともないので、何を準備すればいいのか、どのような注意が必要なのかはしっかり説明する必要があります。

 

二年前期 会話, 教案

 1組4~5人のグループを5つほど作り、各グループで10分程度の短編ドラマを作ってもらいます。
 ドラマを完全に0から作りあげるのは骨が折れると思うので、こちらが起承転結の「起」にあたる部分、あらすじを与え、各グループはそこから物語を自由に展開させてドラマの撮影を行います。その「起」は以下です。

主人公Aは何の変哲もない普通の大学生だった。
しかしある時、主人公Aに誰から送られたのかも分からない手紙が届く。

 

ドラマ撮影の注意点

 シナリオや撮影、編集にかかる作業はグループで協力して行う。
 ドラマのシナリオを書く際は、物語の起承転結に注意する。
 動画の長さは10分程度とし、10分で完結させる。
 可能であれば中国語と日本語の字幕をつける。