日本語教育能力検定試験

アクセントの型

 アクセントはまず単語の音の高さが下がるアクセントの核があるものとないものの2種類に分けられます。ないものは平板式、あるものは起伏式です。
 そのうち起伏式はアクセントの核の位置によって更に3種類に分けられます。核が最初の拍に来るものを頭高型途中の拍にくるものを中高型最後の拍にくるものを尾高型と呼びます。

 
 アクセントの型を調べるときは、後ろに必ず1文字の助詞をつけることが重要です。

 例えば「話(はなし)」と「電話(でんわ)」、この2つの単語の発音自体は同じで、教科書では「⓪」と表記されます。しかし仮に助詞をつけて「はなしが」「でんわが」としてみると、前者は起伏式尾高型「③」、後者は平板式平板型「⓪」です。単語のアクセントの違いは助詞をつけたところまで含まれます。

 

核の有無 無し 有り
種類 平板式 起伏式
平板型 頭高型 中高型 尾高型
核の位置 無し 最初の拍 途中の拍 最後の拍
太もも 眉毛 おでこ あたま
+(助詞) ふとももが まゆげが おでこが あたまが

 

日本語教育能力検定試験

訓令式ローマ字表記法

五十音

wa ra ya ma ha na ta sa ka a
ri mi hi ni ti si ki i
ru yu mu hu nu tu su ku u
re me he ne te se ke e
ro yo mo ho no to so ko o

濁音/半濁音

pa ba da za ga
pi bi (zi) zi gi
pu bu (zu) zu gu
pe be de ze ge
po bo do zo go

拗音

ぢゃ ちゃ じゃ しゃ ぎゃ きゃ
(zya) tya zya sya gya kya
ぢゅ ちゅ じゅ しゅ ぎゅ きゅ
(zyu) tyu zyu syu gyu kyu
ぢょ ちょ じょ しょ ぎょ きょ
(zyo) tyo zyo syo gyo kyo
りゃ みゃ ぴゃ びゃ ひゃ にゃ
rya mya pya bya hya nya
りゅ みゅ ぴゅ びゅ ひゅ にゅ
ryu myu pyu byu hyu nyu
りょ みょ ぴょ びょ ひょ にょ
ryo myo pyo byo hyo nyo

 

ヘボン式ローマ字表記法

五十音

wa ra ya ma ha na ta sa ka a
ri mi hi ni chi shi ki i
ru yu mu fu nu tsu su ku u
re me he ne te se ke e
ro yo mo ho no to so ko o

濁音/半濁音

pa ba da za ga
pi bi (ji) ji gi
pu bu (zu) zu gu
pe be de ze ge
po bo do zo go

拗音

ぢゃ ちゃ じゃ しゃ ぎゃ きゃ
(ja) cha ja sha gya kya
ぢゅ ちゅ じゅ しゅ ぎゅ きゅ
(ju) chu ju shu gyu kyu
ぢょ ちょ じょ しょ ぎょ きょ
(jo) cho jo sho gyo kyo
りゃ みゃ ぴゃ びゃ ひゃ にゃ
rya mya pya bya hya nya
りゅ みゅ ぴゅ びゅ ひゅ にゅ
ryu myu pyu byu hyu nyu
りょ みょ ぴょ びょ ひょ にょ
ryo myo pyo byo hyo nyo

 

訓令式とヘボン式の違い

 訓令式とヘボン式表記の違いは、「し/ち/つ/ふ/じ/しゃ行/ちゃ行/じゃ行」を見れば分かります。

 訓令式はsi/ti/tu/hu/zi/sya/tya/zya
 ヘボン式はshi/chi/tsu/fu/ji/sha/cha/ja

日本語教育能力検定試験

 日本語の名詞は形式名詞と実質名詞の2つに分けられます。

形式名詞と実質名詞

 形式名詞とは、名詞として扱われるがそれだけでは実質的な意味がないか、あるいは元々の意味が薄くなっている名詞のことです。例えば「早く起きることができない」の「こと」は実質的な意味がなく、節を名詞化する機能しかありません。

わけ、ため、うち、はず、もの、こと、の、つもり、とき、ところ、ひと…

 (1) 彼が休みをとったとは知らなかった。どうりで来ないわけだ。
 (2) 二人で協力すればきっとうまくいくはずだ。
 (3) 出会った頃から彼女のことがずっと好きだった。
 (4) 人生とはうまくいかないものだ。
 (5) お忙しいところ恐縮です。
 (6) 来年留学するつもりです。
 (7) せっかくレストランに来たのに食べたいがない。
 (8) 台風のため、休校となりました。

 
 実質名詞とは、それだけで実質的な意味を持つ名詞のことです。「私が知りたいのは、彼が来なかったわけだ」の「わけ」は”理由”や”原因”に言い換えることができるので、実質的な意味があります。節を名詞化する機能があるのは形式名詞と共通しています。

 (9) 彼が来ないのはそういうわけだったのか。
 (10) ことの重大性に気付いた。

 

形式名詞の見分け方

①節を修飾して名詞化している

 節を名詞化しているものが形式名詞です。「~たことがある」や「~しないわけではない」などの文法中にも用いられます。

 (11) 彼が盗んでいるを見た。(形式名詞)
 (12) 長期出張することになった。(形式名詞)
 (13) の重大さに気付いた。(実質名詞)

 

②主語にならない

 形式名詞は節を修飾して名詞化する機能しかありませんので、単独では主語になりません。つまり常に文中か文末にしか使用されません。

 (13) ギターを弾くことができる。(形式名詞)
 (14) は金なり(実質名詞)

 

③平仮名で書かれる

 形式名詞はそれ自体に実質的な意味がないので漢字で表記されません。一方実質名詞は漢字で表記してもいいです。

 (15) そんなわけがない。(形式名詞)
 (16) これには深いがある。(実質名詞)
 (17) 言っていることのわけが分からない。(実質名詞)