日本語教師のお仕事, 日本語コーナー

 先週から始まっている日本語コーナーが昨日もありました。
 日曜日にも関わらず朝9時半に集まってくれた10数名の学生に感謝です。

 大学では形式ばった授業が多いのですが、この日本語コーナーに来てくれるのはほとんど来年再来年には日本へ留学するつもりの学生ばかりで、ですからもっと実用的・実践的な授業が必要になってきます。
 ですから私一人だけが話す講義形式よりは双方向性のゲームやディスカッション、ディベートのような内容が向いていると思います。

 毎週ひとつ何かしらのアクティビティを行いたいと思っています。
 昨日は以前やったことがある図形説明ゲームをやりました。
 まずは簡単に図形の説明をしたのち、学生に説明をさせました。

 全体的な印象としてはまずます。
 自分の説明が終わった後も他人の話を聞いて図形を書き出すという作業が残っていますので、最後まで暇そうにしている学生は見られませんでした。

 反省点があるとすれば、今日は何をするか明確にしないうちに図形の説明をしてしまったこと。
 「突然ですが紙とペンを用意して私の話を聞いてください」くらい唐突に、まずは私が適当な図形を読み上げて学生に書かせることが必要だったと思います。
 そうすれば導入よりも前の時点で今日の内容が大体分かり、授業に入りやすくなったはずです。

 結果としては盛り上がりましたので良かったですが、今回も一つ収穫がありました。

日本語教師のお仕事, 日本語コーナー

 今日から毎週日曜朝9時半から日本語コーナーをやることになりました。
 どんな人がいるのか、何人集まるのか、それぞれのレベルはどの程度か全く分からない状態でしたので、何が起きてもいいようにいくつかの教案を用意していきました。

 結局人数は8人、レベルは皆N2以上、みんな初めましてでした。

 想定人数は10人以下だったので理想的です。
 レベルもN2があればあらかた問題はなく運営できますね。

 今回は初回ということで私の簡単な自己紹介をして、続いて参加者一人ひとりの自己紹介をしました。
 単に自己紹介していてはつまらないので、ここで以前から温めておいた教案「人生グラフ」で人生紹介を試してみることに。

 A4とマジックを用意して、横軸に年齢、縦軸に幸福度をとってグラフを書きます。
 グラフが完成したら、一人ひとり自分の自己紹介、人生グラフの紹介をしていってもらいます。
 一人あたり5分~10分くらいかかりました。かなり盛り上がれました!

 初恋などの話題も含まれていましたので、その次質問等して会話を引き出します。
 気付いたら1時間半経っていました。初回としては十分心を掴めたかなと思います。

 次回はあと数人増えるそうです。
 今学期を通しての方針をこの1週間で決めなければいけませんね。

日本語コーナー

 第3回目の日本語コーナーです。
 前回前々回は私の雨男ぶりが遺憾無く発揮されたわけですが、今日はギリギリの曇り空。
 私が何か主体的にやろうとすればいつもこうです…。

 でも雨は降っていませんでしたから、ずっとやりたかったことを今回持ってきました。
 それは静電気実験です。

 湿度が高いとうまいこと行きませんから、この日を待っていました!

 写真はありませんが、バンデグラフ起電機とアルミホイル、プラコップを用意しました。
 まずはパワポでライデン瓶の作り方を説明。
 みんなで一緒に作ります。これが大体10分くらいかな。

 あとは実演。一人でやってもいいし、2~3人でやってもいいですね。
 この時心臓が悪い人とかはやめておくようあらかじめ注意喚起しました。

 正直言ってこの静電気実験はポテンシャルが高すぎて、教案どうこうを越えてバカ受けします。
 ライデン瓶を作らせてあと起電機ONにしたら黙っても盛り上がる。

 ただ、5月12日の今日は気温25度で湿度60度。
 5人手をつないだだけでほとんど感じなくなりました。
 できることならやっぱり冬やったほうがよさそうですね。来学期に期待です。