アイスブレイク

 昔ちらっと見たヒルナンデスであるゲームをやってたのを思い出しました。
 そのゲームはランキングTOP10を言い当てて、その順位の分の点数を得られるゲームでした。1位を当てたら1点、10位を当てたら10点です。
 調べたところ、番組によって「超限定マーケティング」と名付けられているみたいですね。

<アラサー男女に聞いた印象に残っている平成の流行語TOP10>
 1位 そだねー(2018年) 
 2位 どんだけ~ (2007年)
 3位 チョー気持ちいい (2004年)
 4位 だっちゅーの(1998年) 
 5位 半端ないって(2018年)
 6位 インスタ映え(2017年)
 7位 チョベリバ・チョベリグ(1996年)
 8位 忖度(2017年)
 9位 アムラー(1996年)
 10位 今でしょ(2013年)

 -http://www.ntv.co.jp/hirunan/friday/cat25/より

 これは番組で実際に出題されたランキングで、年齢や性別などを限定したランキングが良く出題されているようです。
 このテーマだと学生には1つ2つくらいしか分からないはずなので、もし授業に応用してみるならテーマを工夫してみる必要がありそうです。

 

学生が興味を持ちそうなテーマで

 興味を持ちそうなテーマを用意するのが大変ですね…
 例えばですが、任意の学生に「好きな食べ物TOP10」など個人的な問題をあらかじめ聞いておいて他の学生に当てさせるとかどうでしょう…。同じ寮で生活しているならその人のことをどれだけ知っているのかどうかで興味を持たせることもできるはずです。

  ・好きな食べ物TOP10
  ・行きたい場所TOP10
  ・自分の良いところTOP10

 ゲーム中に興味を失われるとせっかくTOP10を考えてくれた学生が可哀想ですので、できるだけムードメーカーのような学生を選ぶべきです。

 また、同じ寮の人だけを集めてこのゲームをするなら絶対盛り上がる自信があるのですが、授業はそうではないので実際難しいと思います。多くても15人以下で、参加者がみんなその人のことを知っているのが最低条件になるでしょう。
 となると授業ではできなさそうなので、日本語コーナーやちょっとしたクラスなどの少人数の時に使えそうなアイスブレイクですね。

アイスブレイク, 日本語コーナー

 今日の日本語コーナーではサイコパス診断をやってみました。参加者は12名くらいなので、一通り説明して一人ずつ意見を教えてもらう形式を取り、6問で1時間くらいかかりました。参考にしたのはサイコパスならこう答える。ゾクっとする10のサイコパス診断心理テスト : カラパイアです。

精神病質
精神病質とは、反社会的人格の一種を意味する心理学用語であり、主に異常心理学や生物学的精神医学などの分野で使われている。その精神病質者をサイコパス(英: psychopath)と呼ぶ。
 -精神病質 – Wikipediaから引用

 

採用した問題

Q1.家に強盗が入ってきたが、あなたは武器が無くて隠れる事しかできない。身を隠すとしたら家のどこにする?

 【一般の回答】身を守るための場所、押入れ、物置などと答える
 【サイコパス】自分が有利になれる場所、迷わずドアの裏と答える

Q2.夫の葬儀中、あなたはそこに来た夫の同僚に一目ぼれをしてしまった。あなたはその夜に自分の息子を殺害した。その理由とは?

 【一般の回答】新たな恋に息子が邪魔になったから
 【サイコパス】息子の葬儀で再びその男性に会えるから

Q3.サンタクロースが男の子にサッカーボールと自転車をプレゼント。ところがその男の子は喜ばなかった。いったいなぜか。

 【一般の回答】もう持っていたから。欲しくない物だから。 
 【サイコパス】男の子に足が無かったから。

Q4.自宅マンションのバルコニーに出たところ、男性が女性をナイフで刺している現場を目撃。男性と目が合ってしまった。その男はあなたの方を指を指して、一定の動きで手を動かした。これはどんな意味か。

 【一般の回答】次はお前を殺す、の意思表示
 【サイコパス】あなたのいる場所の階数を数えている

Q5.あなたはある人を恨んでいて、家に忍び込んでその人を殺害した。それだけでなく、無関係な子供とペットをも殺した。いったいなぜか。

 【一般の回答】顔を見られた、現場を見られた、ペットが騒ぐと面倒だから
 【サイコパス】あの世で再会させてあげようとした

Q6.あなたの家には秘密の扉があり、その扉は両親から「絶対に開けるな」と厳しく言われてきました。しかしある日好奇心に負けてその扉を開けてしまいました。その扉の中には何があった?

 【一般の回答】死体が隠されている、夜の生活のためのSM部屋がある、親が子供に対して隠したいもの
 【サイコパス】家の玄関の扉/外の世界(監禁されている前提)

 

やってみた感想

 参加者は12名いましたが、最初の問題に「ドアの後ろ」と即答した人が1人いました。彼はわりと真面目な顔して「反撃できる可能性が高い」と言ったところを見ると、サイコパスの模範的な回答とはいえわりと理に適っている気がします。
 3問目あたりからはサイコパスの回答を当ててやろうみたいな空気になっていたので、それもまた面白かったです。逆に、サイコパスはどう考える?という逆クイズでも良い気がしますね。

アイスブレイク

 またまたQuizKnockさんで漢字を使ったゲームを見つけました。
 授業でも10分~20分くらいの遊びに使えそうです。語彙量と漢字力がものを言うので、N2くらいの水準になると楽しく遊べるかなと思います。

画数バトルのルール

 例えば「にんべんの漢字」のようなお題に沿う漢字を1文字書き、その字の画数がポイントになります。いくつか問題が出され、合計ポイントが高い人が勝ちです。

 動画内では以下の問題が出されていました。

  「きょう」と読む漢字
  「貝」がつく漢字
  総理大臣の名前に使われている漢字
  「物」と組み合わせて二字熟語になる漢字
  送り仮名が「う」の漢字
  「ショウ」と読む漢字
  「人」と組み合わせて熟語になる漢字

  

授業の遊びで使ってみる

 人数は10人くらいならできそうです。
 各参加者の得点は黒板などで管理することとし、優勝者には何か商品があればいいですね。ホワイトボードがあるのが一番良いんですが、なければA4とマジックなどで代用できます。

  ①読みから漢字を連想する形式
  ②部位に特定の字が含まれる漢字を連想する形式
  ③組み合わせて熟語になる漢字を連想する形式
  ④特定のジャンルで使われる漢字を連想する形式
  ⑤特定の送り仮名がつく漢字を連想する形式

 動画内で出題された問題の形式は以上の5つでした。
 日本語学習者なら①⑤はできそうで、その中でも②③は中華圏向きです。
 ④はちょっと難しめなので、やるかどうかはその時の判断で。

 
 人数的にも授業ではできなさそうなので、日本語コーナーなど人が少ないときにやってみようと思います。

 

実際にやってみた結果

 賞品を用意したおかげで盛り上がりは十分でした。5問くらいやってボリュームは30分くらい。参加者8名の点数管理はホワイトボードを使って行いました。

 読み仮名が「ショウ」の漢字というテーマを出したときに、ある学生が「所」と回答しました。「所」は「ショ」なので不正解で0点です。長音がまだ認識できていない段階だと苦労するようですね。