作文

 第5回の作文の授業です。

 まずは前回の提出物を返却。
 前回までの課題は6つになりました。再提出を3回食らってる人もいますが、鬼のように返却し続けてます。
 訂正作業には相当時間が必要そうだったので30分与えました。
 その間学生の間を歩き回って、質問があれば私が教えて…という流れです。

 さて、今回の内容はYahoo!知恵袋への回答に挑戦してみよう!というものです。
 簡単に言いますと、私が選んだ質問に対して学生が真面目に回答を考え、実際に学生の回答を一字一句同じく投稿します。

 間接的とは言え実際に日本人と接することになるわけですからきっと緊張感もあるでしょう。
 それに質問に対して真面目に答えようとすれば自分の文法、単語、書式にもより気を遣ってくれるはずです。

 学生の興味が引けるであろう恋愛のカテゴリから2つ選んで、そのうち1つを学生たちに選んでもらいました。
 2年生は27人いますが、このうち本当に投稿するのはランダムに選ばれた8名。
 本当は全部投稿して読んでもらいたいのですがしょうがないです…。

 学生たちは40分間、本当に真剣に考えていました。
 言葉の細部の意味まで質問されたのは、この2年生初めてのことです。
 それは本当に真面目に回答していることの証拠です。

 そしてついさっき8人分の回答の投稿を終えました。
 私も一通り回答に目を通したんですが、優しいアドバイスから厳しめのアドバイスまで様々…。

 あとは質問者さんの返信などを待つのみです。
 結果は来週の授業で教えることにしていますが、一応経過が見られるように質問のURLを学生に教えておきました。

 
 今後もあと1回くらいは同じことやりたいですね。
 今回はやりませんでしたが、提案やアドバイスの時に使える文法なんか同時に教えるべきだったかな。
 たとえば「~ほうがいい」「~すべき」「~はどうですか?」などなど。

 以上、第5回目の作文でした。

作文

 第4回の作文の授業です。

 まずは前回の提出物を返却。そして15分くらい訂正作業。

 前回の授業までで提出物は合計5つになりました。
 現在までの合格者は10%程度。みんな積極的に再提出してくれますが、私の訂正が厳しめなのでほとんど不合格。
 ちょっと可哀想になってきたので、今日は課題を1つして負担を減らすことにしました。

 今回の内容は履歴書です。
 学生は作文で書き間違えたら、その部分に取り消し線を書いて続きを書きます。
 こんな書き方は日本では許されません。

 そういう書き方を直そうと思い今回これを扱うことにしました。
 使用したものはこちらの履歴書(JIS規格)です。

 まずは基本的な個人情報。氏名、ふりがな、生年月日、現住所などです。
 ここでは日本人が見るものとして、使う漢字は全て日本語の漢字で書くことにしました。(刘→劉、张→張)

 現住所は大学の住所で全員統一。
 学歴は大学卒業見込み、大学入学、高校卒業、高校入学の4つ書きます。

 免許・資格欄には自分の持っている資格を書いてもらいます。
 運転免許、日本語、英語、Office、会計、普通語など…

 
 そして履歴書で一番重要だと思われる部分の「特技・趣味」と「自己PR」欄。
 箇条書きにして書き出すのは禁止としました。

 例えば趣味マラソンだとしても「マラソン」だけ書くのは素っ気ないですから、それに関連した体験談なども書き足します。
 自己PRは枠がかなり大きいですから、ここではどれだけ自分を売り込めるかが勝負です。

 書く時間はたっぷり与えました。
 今回見るポイントは、取り消し線がないこと、字が読めることです。
 もちろん文法や単語等も見ますが、内容よりもまず基本的な書式から。

 
 進捗が遅めで心配なんですが、とにかく作文の基礎の部分を確実に身に付けてもらってからでなければ本格的な作文はできません。
 ここは私としても焦らず、ゆっくり地盤を固めていく必要があると感じてます。
 

 以上、第4回目の作文でした。

作文

 第3回の作文の授業です。

 まずは前回の作文を返却。
 前回までで課題を3つ与えました。それぞれ間違ったところがあれば修正して再提出です。
 1つでも不自然な点があれば再提出とし、提出状況は把握しておきます。

 成績は課題の提出状況で決めるつもりです。

 そして今回の課題は2つです。
 前回は前回前々回と三題噺が続いたので、今回からは別のネタで。

 まずはプロジェクターで画像を見せました。上にある世界地図です。
 ただしこの世界地図はオーストラリアを中心とした世界地図で、私たちには見慣れないものです。
 この写真をスクリーンで見せて、感じたことを作文にしてもらいます。テーマも内容も自由。字数も自由です。

 
 これともう一つ。大体3の倍数の授業あたりで字数多めの作文を書いてもらおうと思っています。
 今回のテーマは「季節
 季節と言って思うことを作文にします。字数は400字以上としました。
 この加地あは後半50分全て費やしました。

 今回最も注意したことは句読点です。
 ~ます。~です。などの文末には句点を、それ以外は読点を打つ。日本語の作文の基本です。
 しかし中国語圏の学生は日本人のよりも読点を打つ回数が非常に多く、母語による影響だと思われます。
 ここを徹底的に赤ペンでマーキング。

 また、常体と敬体がまだ統一されていない学生も多かったのでそれは引き続き指導します。

 赤い◯が付けられた部分をどう訂正すればいいのか分からずよく学生同士で話し合っています。
 やっぱり答えを教えないほうが自分で考えてくれるようになりますね。

 みんなが作文を書いている間、私は交換日記の進捗状況、再提出された作文の訂正作業です。
 この授業は誰も暇な時間がない、かなり有意義な時間になっているのではないかと思います。

 以上、第3回目の作文でした。