日本語の違い, 日本語コラム

「教える」と「教わる」の違い

 「教える」は「AはBにXを教える」の形のとき、AからBに教えています。
 「教わる」は「AはBにXを教わる」の形のとき、BからAに教えています。

 つまり構文が異なります。

 

授受動詞の主語と物の移動の関係

 「あげる」「くれる」「もらう」などの授受動詞は動詞によって主語が変わってきます。
 「あげる」「くれる」の物の移動は主語から二格です。

  (1) 私は彼に日本語を教えてあげた。 (私→彼)
  (2) 彼は私に日本語を教えてくれた。 (彼→私)

 一方、「もらう」の物の移動はニ格から主語です。

  (3) 私は彼に日本語を教えてもらった。(私←彼)

 このほか、「貸す」「借りる」「教える」「教わる」なども授受動詞と同じ構文を取ります。そのうち「貸す」「教える」は、「あげる」「くれる」と同じく主語からニ格へと物が移動する構文です。

  (4) 私は彼にお金をあげた。 (私→彼)
  (5) 私は彼にお金を貸した。 (私→彼)
  (6) 私は彼に積分を教えた。 (私→彼)

 「借りる」「教わる」は、「もらう」と同じくニ格から主語へと物が移動する構文です。

  (7) 私は彼にお金をもらった。 (私←彼)
  (8) 私は彼にお金を借りた。  (私←彼)
  (9) 私は彼に積分を教わった。 (私←彼)

 

授受動詞は同じ動作を複数の言い方で表現できる

 授受動詞は主語によって動詞が代わり、動詞によって主語が変わる性質があります。これによって一つの物の移動を視点を変えて表現でき、与え手と受け手の感情を表現することができます。これが授受動詞の持つ恩恵表現です。
 例えばAさんからBさんへ日本語を教えたとき、いくつかの言い方ができます。

  (10) AはBに日本語を教えた。 (A→B)
  (11) AはBに日本語を教えてあげた。 (A→B)
  (12) BはAに日本語を教わった。 (B←A)
  (13) BはAに日本語を教えてもらった。 (B←A)
  (14) BはAに日本語を習った。 (B←A)

 これらの行為の移動は全て同じく、A→Bです。

 まとめると…

 「AはBに教える」はA→B
 「AはBに教わる」はA←B
 「教わる」は、「習う」「教えてもらう」と同じで言い換えることができます。

 授受動詞関連の文法は少々複雑なので注意してくださいね。

日本語の違い, 日本語コラム

(人´∀`) 最近の若い人は自己中心的って本当?
(*´・д・) 本当ですよ。私たちよりも若い人はそうです。
(人´∀`) へえ、そうなんだー
(*´・д・) 特に90代はひどいですね。
 
(*゚Д゚) …90代!?

 年齢や年代を表す日本語、特に「代」と「年代」には注意しましょう。

 

~代/~歳台

 10代/10歳台(10歳~19歳)
 20代/20歳台(20歳~29歳)
 30代/30歳台(30歳~39歳)
 …
 90代/90歳台(90歳~99歳)
 100歳台

 数字に直接結び付くときは「代」を使い、数字の間に単位を挟むと「台」を使います。通常会話では「~代」のほうが多く用いられます。

 0~9歳を表す言い方はありませんが、無理やり言うなら0代ではなく、「一桁/一桁台」と言うかもしれません。100歳以上は「100歳台」や「100歳以上」などと言います。

 

~年代

 …
 70年代(1970年から1979年)
 80年代(1980年から1989年)
 90年代(1990年から1999年)
 2000年代(2000年~2999年、あるいは2000年~2009年)
 …

 単に60年代などと言われるときは1960年代を指します。
 これは本来年齢を表す言い方ではなく、時間や時代を表す言い方です。なのでこの年代に生まれた人を指すときは通常「60年代に生まれた人/60年代の人/60年代生まれ」等と言います。

 10年代や20年代という言葉は普通言いません。
 混乱を避けるため、「1910年代」と言われます。

 また、元号を使って「昭和50年代」などと言われることもあります。この場合は西暦と元号が一致していないと分からないので注意が必要です。

 

「90代」と「90年代」

 90代は90歳~91歳の人を指します。
 90年代は、1990年~1999年のことです。

 漢字一つ違うだけで全然意味が変わりますので、注意してください。

日本語の違い, 日本語コラム

 ある本にこんな問題がありました。

20.君(   )信頼できる人はいない。
 [A] ほど
 [B] より
 [C] だけ
 [D] さえ

 私の第一感はBの「より」だったんですが、参考書によると答えはAの「ほど」だそうです。確かにAでもいいんですが、Bでもよくないですか…?
 というわけで比較を表す「より」と「ほど」の違いについて調べてみました。

 

助詞「より」について

 比較と起点の用法がありますが、ここでは比較の用法についてのみ述べます。

「より」の文型は2つある

 「より」が用いられる文型は「AはBより~だ」と「BよりAのほうが~だ」の2つあります。「より」は比較の基準を示し、「ほう」は比較対象を強調します。直接的に比較をする際に用います。
 
  (1) 彼より頭が良い。 (彼>私)
  (2) 私より彼の方が頭がいい。 (私<彼)
  (3) 飛行機新幹線より速い。 (飛行機>新幹線)
  (4) 新幹線より飛行機の方が速い。 (新幹線<飛行機)
  (5) 電話メッセージより伝わりやすい。 (電話>メッセージ)
  (6) メッセージより電話の方が伝わりやすい。 (メッセージ<電話)

 

「より」の後ろには必ず肯定形が来るらしい?

 参考書に書いていたのですが、「より」を使うときは後ろに否定形が来ないと書いていました。このルールに従うと、以下の例文は非文になってしまいます。

  (7) この店はあの店より安くない。 (この店>あの店)
  (8) あの店よりこの店のほうが美味しくない。 (あの店>この店)

 しかしこれは間違いではないはずです。「より」と否定形が呼応するケースは日常会話の中でも多くあり、「~よりほかない」「~よりしかたがない」などの文法でも用いられています。私としてはこの説に懐疑的です。

 

助詞「ほど」について

「ほど」の後ろには必ず否定形が来る

 「ほど」で表された比較の程度は「より」よりも小さく、わずかに差がある時によく用いられます。「ほど」の後ろには必ず否定形が来て、肯定形は来ません。間接的に比較する際に用います。

  (9) 私は彼ほど頭が良くない。 (私<彼)
  (10) 新幹線は飛行機ほど速くない。 (新幹線<飛行機)
  (11) メッセージは電話ほど伝わりやすくない。 (メッセージ<電話)
  (12)✕野球はサッカーほど疲れる。

 

 

「より」と「ほど」の違い

「ほど」は否定形、「より」はどちらでもいい

 両者の違いを見たときに明らかに違う点は、「ほど」は絶対に「~ほど~ない」の形をとることです。後項に肯定形を使うと非文になります。
 一方「より」は参考書によると必ず後ろは肯定形だそうですが、会話においても文法においても否定形と呼応するケースが多く見られます。ここでは肯定形でも否定形でも非文にならないものとして結論付けます。

 要するに、否定文を使って間接的に比較をしたいのなら「ほど」を使い、「より」はどんな場合にでも使うことができます。

 

「最も良いものを選びなさい」ってずるい

 最初の問題に戻ります。

20.君(   )信頼できる人はいない。
 [A] ほど
 [B] より
 [C] だけ
 [D] さえ

 普通試験では問題を出す前に「選択肢の中から最も良いものを選びなさい」と言われます。最も良いものとは、仮に答えが2つあったとしても最も適当だと思われる選択肢を選びなさいと言っているわけで、今回はそれが問われているんだと思います。

 私がBの「より」でもいいと思ってしまったのは、「より~ない」の形を正しい日本語として認識していたからではありますが、文末に否定形がある以上、「より」よりも「ほど」を選択するべきだという出題者の意図があるかもしれません。

 こういう問題が出てくると、仮に日本人だろうと満点取れなくなってしまいますよね。

 

まとめ

 「より」の後ろは肯定形でも否定形でも構わない。
 「ほど」の後ろは必ず否定形が来る。

 正しいと思われる選択肢が2つ以上あったとしても安直に選ばずに、文法から見てどれが最も適当かをちゃんと見極めましょう。