日本語の違い, 日本語コラム

わざと

故意、意図的という点を強調

 物事の自然な成り行きや偶然に起こりえること故意に回避して、意図的に何かをすることを表します。
 多くは悪意を伴った意味を持つが、稀に中立的な意味にもなります。
 人によって意図的に行われたことを強調しています。
 「わざとらしい」という言い方もあります。

 

例文

  (1) 私のことが嫌いなのか、彼はわざと目を合わせない。
  (2) わざと怪我をして学校を休む。
  (3) わざと何も分からないふりをして、その場をやり過ごす。
  (4) わざと一つ大きめのサイズの服を着るようにしている。
  (5) スポーツなどで両者合意の上わざと負けることを「八百長」という。

 

わざわざ

その動作の特別性を強調

 何かのついでに行ったのではなく、労力を惜しまず(苦労して)そのためだけにしたことを表します。本来する必要のないことをしているのが特徴です。
 その動作がまさにそのためだけに行われていることを強調しています。
 基本的には動作主の好意や善意、心配などがもとになって動作が行われますが、その程度が過ぎると恩着せがましい感じを受けます。
 「~んだから/~のだから/~のに」と呼応することがあります。

 

例文

  (6) わざわざありがとうございます。
  (7) わざわざ来てくれてありがとう。
  (8) それはわざわざ言う必要ないことだ。
  (9) 私の誕生日をわざわざ覚えててくれて嬉しいです!
  (10) どうでもいいような事にまで、わざわざ文句をつける上司。
  (11) 夜一人は危ないからってわざわざ家まで送ってもらった。

 

あえて(敢えて)

困難や危険があるけど私はやる!

 本来する必要のないことを意図的に行う点は「わざわざ」と同じですが、「あえて」の場合はそれをすると何らかの困難や危険が伴います。しかし、それでも本人はそうするべきだと思っているときに使います。

 困難や危険とは、それをすることによって他人の反感を買ったり、非難されたり、あるいはそもそもその動作やりにくいなどです。
 自分の考え方や主張が強く表れる表現です。
 「あえて言うなら」という言い方もあります。

 

例文

  (12) あえて言うなら、髪の長いほうが好きです。
  (13) あえて1駅前で降りて歩いて帰る。
  (14) あえて終電逃した。
  (15) 人にはあえて厳しく接する。
  (16) 彼女の家に行ったけど、あえて何もせず帰ってきた。

 

まとめ

比較

  (17) わざと人の邪魔しに来る。
  (18) わざわざ人の邪魔をしに来る。
  (19) あえて人の邪魔をしに来る。

 まとめますと…
 「わざと」は故意を強調。
 「わざわざ」は動作がついでではなく、そのために行ったことを強調。
 「あえて」は困難や危険があるけど、そうするべきだと思ってるときに使う。

 (17)では、「故意に邪魔した」ことを強調しています。
 (18)では、邪魔するために「来た」ことを強調しています。
 (19)では、邪魔すると怒られたりするかもしれないけど、その人のために等何らかの理由があってそうするべきだから邪魔したことを表します。

 

練習問題

(20) 口論になるかもしれないから、その話には(   )触れなかった。
(21) (   )車から降りてきてファンに挨拶しているようだ。
(22) 彼氏が仕事終わりに会いたいからって(   )来てくれた。
(23) (   )値段は聞かなかったけど、高そうなのは見れば分かった。
(24) 走行中の自動車に近づいて(   )接触して交通事故を装う人を「当たり屋」と呼ぶ。
 
  1.わざと  2.わざわざ  3.あえて

 
 答えは…
(11) 3.あえて
(12) 2.わざわざ
(13) 2.わざわざ
(14) 3.あえて
(15) 1.わざと

 以上です。

日本語の違い, 日本語コラム

ことにする

話し手の判断による主観的決定

 話し手自身の意志や判断による主観的な決定に用いる文法です。
 「~ことにする」は口語としてよく使われ、「~こととする」はやや硬く書き言葉でも使われます。
 他者の判断、客観的な決定に使うことはできません。
 動詞の辞書形、ない形に接続して使います。

 

例文

  (1) 自分へのご褒美は来月のボーナスで買うことにする
  (2) 明日に向けて風呂に入って寝ることにする
  (3) 気に入らないこともあるけど、せっかくだから心ゆくまで楽しむことにした
  (4) 拾った子猫を飼うことにした
  (5) 地球温暖化防止の為、化石燃料を使う代わりに自然エネルギーを利用することとした

 

ことになる

本来そうで、当然であることを表す

 他人による判断や客観的な決定、自然の成り行きなどによって物事が決まったときに用いる文法です。
 自治体や会社、学校などによる決定などによく使われます。
 「~ことになる」は口語としてよく使われ、「~こととなる」はやや硬く書き言葉でも使われます。
 話者自身の主観的判断には使うことはできません。
 動詞の辞書形、ない形に接続して使います。

 

例文

  (6) 明日突然出社することになった
  (7) 本日をもちましてサービスを終了させていただくこととなりました
  (8) 彼女と付き合うことになって嬉しい。
  (9) 厳正なる選考の結果、今回は採用を見合わせて頂くことになりました
  (10) 癌のため余命1カ月と診断され、自宅で療養することとなった

 

まとめ

 以上を踏まえて練習問題をやってみましょう。

練習問題

(11) 検査結果が芳しくなかったので、明日からタバコは吸わない(   )。
(12) 学校からの連絡で、明日の運動会は台風で延期する(   )ようだ。
(13) 木村さんは明後日からインドに出張する(   )。
(14) 一度強く叱られてからというもの、教室では私語を慎む(   )。
(15) 健康維持のために今後ビールは飲まない(   )。
 
  1.ことにした  2.ことになった

 
 「~ことにする」は自分の主観的決定
 「~ことになる」は他人による主観的決定

 答えは…
(11) 1.ことにした
(12) 2.ことになった
(13) 2.ことになった
(14) 1.ことにした
(15) 1.ことにした

 以上です。

日本語の違い, 日本語コラム

ことだ

忠告、進言、アドバイスを表す

 現状よりも更に良くなる方法や手段を示し、話し手の判断に基づいた忠告を表します。
 動詞の辞書形、あるいはない形に接続して使います。
 「~するべき」「~しなければならない」などと同じような意味を持ちますが、「ことだ」はこれらよりも間接的に忠告するのが特徴的です。

 

例文

  (1) 病院では静かにすることだ
  (2) せっかく休みをもらったなら、どこにも出掛けないでゆっくり休むことだ
  (3) お世話になった人にはちゃんと感謝を伝えることだ
  (4) バレてまずいと思うなら、最初から秘密など作らないことだ
  (5) 自分がされたら嫌なことは、人にはしないことです

 

ものだ

本来そうで、当然であることを表す

 この文法のポイントは「本来」。
 もともとそのようなルール、暗黙の了解、そうするべき理由があるから、当然そうであるという意味です。
 社会常識や物事の真理等によって行動規範が客観的に決まっている場合にこの文法を使うことができます。
 したがって、この文法を含む文は皮肉の用法を除き、誰が見ても正しいと思うような内容でなければいけません。
 動詞の辞書形、ない形だけでなく、い形容詞、な形容詞にも接続できます。

 

例文

  (6) 病院では静かにするものだ
  (7) 先輩の話はちゃんと聞くものだ
  (8) 人は哀しいものですね。
  (9) 困ったらときは助け合うものだ
  (10) 未来のことなど誰にも分からないものだ
  (11)✕教室ではうるさくするものだ。(社会通念上理解されない)

 

まとめ

 以上を踏まえて以下の練習問題をやってみましょう。

練習問題1

    (一緒に病院にお見舞いに来た親子)
 子 : ねえお父さん
 親 : どうした?
 子 : なんで病院でこんなに静かなのー?
 親 : それはね、病院では静かにする( こと or もの )なんだよ。
 子 : どうして?
 親 : ほら見て、ベッドで寝てる人がいるでしょ
 子 : そっかあ、分かったー

練習問題2

    (病院内にて大声で会話するAとB)
 A : でさ、あいつがトイレに行ってうんこしてたんだよ!
 B : えー、マジで! やばっ
 A : めちゃくちゃ臭かった!
 B : あいつ明日から名前「うんこ」にしようぜ。
 C : 君たち、病院では静かにする( こと or もの )だ。
     他人の迷惑も考えなさい。
 A : …ごめんなさい。
 B : すいませんでした。

 
 まとめると…
 「ことだ」は忠告
 「ものだ」は本来そうである、当然そうであるという意味
 したがって練習問題1の答えは「もの」、問題2は「こと」ですね。 

 大きく意味が異なりますので、誤用には注意してください。

 以上です。