日本語コラム

 「頭が赤い魚を食べた猫」が少し話題になっているみたいです。
 短い文ではありますが、形容詞「赤い」と名詞修飾節の「魚を食べる」がそれぞれ何を修飾しているかによって5つの異なる解釈ができてしまいます。面白さもありますがややこしいですよね…。

 

「頭が赤い魚を食べた猫」について

日本語は文節を並べ替えられる

 文節とは文を句切りながら発音して、実際の言語としてはそれ以上に句切ることはない個々の部分、文を実際の言語として不自然でない程度に区切った最小の単位のことです。私は小学校のときに「ね」を加えて区切ることができるのが文節だと学びました。

① 私たちは/調理実習で/カレーを/作りました。
② 私たちは/カレーを/調理実習で/作りました。
③ 調理実習で/私たちは/カレーを/作りました。
④ 調理実習で/カレーを/私たちは/作りました。
⑤ カレーを/私たちは/調理実習で/作りました。
⑥ カレーを/調理実習で/私たちは/作りました。

 文末は固定してそれ以外の文節は大体入れ替えることができます。どちらかというと文節ではなく助詞の後で区切って入れ替えるというほうが正しいかもしれません。ただし格助詞「から」「まで」「の」などは文節の順番に制約を与えます。

 

修飾節と被修飾名詞は遠くてもいい

①【頭が赤い魚】を食べた猫
②【頭が赤い】魚を食べた【猫】

 ①は修飾節「頭が赤い」と被修飾名詞の「魚」は連続して接続されていますが、②は修飾節「頭が赤い」と被修飾名詞「猫」の間に別の言葉が入っています。
 文節区切りで順番を入れ替えられる性質上、修飾節と被修飾節は離れていても問題ありません。もともと同じ文でもどこで区切って何に修飾させるかにより異なる解釈が可能になります。ただしあまりに距離が離れているとダメなときもあります。

 

「頭が赤い魚を食べた猫」の5通りの解釈

 文節の順番を入れ替えられる性質、そしてお互いに離れていても修飾節と被修飾節は結び付く性質が「頭が赤い魚を食べた猫」に全部で5つの解釈を与えています。一つずつ見ていきましょう。

①猫は、頭が赤い魚を食べた

 修飾節が「頭が赤い魚を食べた」で被修飾節が「猫」なら、「猫は、頭が赤い魚を食べた」と言い換えることができます。

 

②猫の頭は、赤い魚を食べた

 助詞「が」は名詞修飾節内の主語につくという性質があります。ですから修飾節が「頭が赤い魚を食べた」なら、この助詞「が」はもともと「は」に入れ替えることができるということです。すると「頭は赤い魚を食べた」になります。残ったのは被修飾節の「猫」で、これが名詞修飾節内の主語「頭」と繋がります。
 なので「猫の頭は、赤い魚を食べた」と言い換えることができます。

 

③頭が赤い猫は、魚を食べた

 修飾節が「頭が赤い」と「魚を食べた」の2種類が同時に「猫」を修飾すると、「頭が赤い猫は、魚を食べた」と言い換えることができます。

 

④頭は、赤い魚を食べた猫(の人)

 この時の助詞「が」が「雲人の顔の形みたい」の「が」と同じ用法だとした時に、顔は猫で、体は人というキメラを想像できます。この時「頭は、赤い魚を食べた猫(の人)」と言い換えることができます。頭は猫で、体は人のものです。

 

⑤頭は赤くて、魚を食べた猫(の人)

 この時の助詞「が」が「雲人の顔の形みたい」の「が」と同じ用法だとした時に、形容詞「赤い」が「頭」を修飾すると、「頭は赤くて、魚を食べた猫(の人)」と言い換えることができます。頭は猫で、体は人のものです。

 

まとめ

 日本語は文節で順番を入れ替えられるので、修飾節と被修飾節に距離があっても正しい日本語として認識できます。ただし、話者の意図したことを正しく理解できるかどうかは文脈次第、場合によっては運次第です。
 通常このように複数の解釈ができる文や紛らわしい文には読点を打って意味を限定しますので、意思疎通できなくなるほど分からなくなることはまずありません。万が一伝わらなければ言い換えればいいだけの話です。

 自分で書いていて意味分かんなくなってしまいました。結局紙に書いて整理したんですがそれでも混乱しています。

 今回はちょっと話題の面白い日本語を見てみました。
 何か問題・間違いありましたらコメントください。

日本語コラム

 今日の水溜りボンドさんの動画で、運転免許試験の効果測定で出されるひっかけ問題、悪問が出題されていました。

 
 こういうひっかけ問題ってずるいですよね…。

第1問 夜の道は危険なので、気をつけて運転しなければならない。

 答えは✕でした。愕然としますね… 常識ある人であれば〇を選択するでしょう。
 なぜ✕かというと、運転は昼夜問わず常に気をつけなければならないからだそうです。
 開いた口が塞がらないとはまさにこのことです。

 実は動画内で取り上げられた第1問と第5問は、助詞「は」のある用法が原因となってひっかけ問題と化しています。
 今回はそのからくりについて紹介します。

 

助詞「は」について

他の事態との区別を表す「対比」の用法

 助詞「は」には対比の用法があります。対比とは他の事態との区別を表し、二つ以上の判断を対照的に示すことです。例えばこのような使い方をします。

  (1) これは水で、これは塩水だ。
  (2) うちはうち、よそはよそ。
  (3) 肉は食べられますが、野菜は食べられません。
  (4) 私は毎晩ちゃんと勉強してますよ。(他の人は知らないが、私はしている)

 対比は通常「Aは~、Bは~」「Aは~だが、Bは~だ」などの文型で用いられます。
 通常はAとBの違いをはっきりさせるために用いられるのですが、(4)のように暗示する場合もあります。

 この用法を使うときはほとんどの場合前後の文脈が必要で、仮に文脈がなければ対比だとは分かりにくくなる性質を持っています。(4)がまさにそうです。例えばこのような文だと対比としての意味は全くありませんので普通の文として認識されます。

  (5) 魚は食べません。
  (6) 料理を作ることは嫌いです。
  (7) 彼のことは知りません。

 

文脈があってこその対比

 では、普通の文に文脈を加えてみましょう。

  (8) 肉は食べますが、魚は食べません。
  (9) 料理を食べることは好きですが、料理を作ることは嫌いです。
  (10) 彼女のことは知っていますが、彼のことは知りません。

 助詞「は」の対比としての意味がはっきり浮き出てきますね。
 対比の性質上、前項と後項の間には逆説の接続詞が用いられることが多く、こうすることによってその対照性を強調することができます。

  (11) 肉は食べます。魚は食べません。 (強調していない)
  (12) 頭は痛いです。喉は大丈夫です。 (強調していない)

 逆説の接続詞が用いられない場合は対比としての意味合いが極端に薄くなります。

 

教習所のひっかけ問題について

問題文では文脈のない対比の「は」を用いている

第5問 自動車は道路標識を守らなくてはいけない。

 助詞「は」には主題を表す用法もあり、「それについて言えば」という意味を表します。この用法のときは対比としての意味はありません。
 この問題文の主題は自動車です。「自動車」だけをトピックとして取り上げていてそれ以外のことには一切触れていません。この問題文を読んだとき普通の日本人は自動車以外の存在を考えることはありません。ですから答えは当然〇を選びたくなります。

 ところが答えは✕、衝撃的です。
 その理由は自動車だけではなく、人も交通標識を守らなければならないからだそう。
 はい、ここで対比の用法が出ました。

 問題文の「は」は主題を表していますが、答えの理由では唐突に対比の「は」が使われています。
 この答えを聞くと普通の日本人なら「自動車のことしか考えてないし、人のことなんて考えてなかった」と思うでしょう。
 だからこの問題文は悪問と呼ばれているのです。

 

文脈があれば悪問にはならない

 答えを✕、理由を「自動車だけではなく、人も交通標識を守らなければならない」としたいのなら、問題文にも対比の「は」を付け加えなければいけません。対比の「は」にするときは前後に文脈を付け足し、逆説の接続詞が必要です。

第5問(訂正後) 歩行者は道路標識を守らなくてもいいが、自動車は守らなくてはいけない。

 どうでしょう。
 これなら万人が納得して✕です。理由も完璧ですよね。

第1問(訂正後) 昼は明るくよく見えますが、夜の道は危険なので気をつけて運転しなければならない。

 このようにして対比の用法を使うことでひっかけ問題ではなくなります。

 

出題者は助詞「は」の用法を知らない

 主題の「は」は、まさにそれだけに言及する用法であってそれ以外のことについては一切触れません。しかし問題文では主題の「は」を使っておきながら、回答で突然対比の用法を使っています。
 こういった出題方法だと日本語に問題があると言わざるを得ません。通常誰も考えすらしないところに回答が転がっているのですから、初見で正解するほうが困難ですよね。

 このような問題は今でも作られて出題されているようです。ただちに是正すべきだと思います。
 外国人が日本で免許を取るときにこのような問題が出題されたら、私たち日本語教師は一体どのようにして説明すればいいんでしょう…。
 ひっかけ問題はあってもいいと思いますが、このタイプのものはあまりにもひどすぎます。

 

まとめ

 教習所の学科試験から助詞「は」の用法について学びました。
 今回取り上げた用法は主題と対比の2つです。(他にも最低限、取り立て、既知の用法もあります。)

 主題とは、まさにそのことについてだけ述べるときに使う用法です。それ以外のことに言及はしません。
  (13) 薔薇の花はとても美しい。
  (14) 彼は先生です。

 対比とは、「Aは~だが、Bは~」の文型を取ってAとBの対照性を強調する用法です。
  (15) 雨は降っているが、寒くはない。
  (16) タバコはやめたが、お酒はやめられない。

 日本語学習者の皆さんは、こんな馬鹿げた日本語は相手にしないでくださいね。

日本語の違い, 日本語コラム

 先日一年生からこのような質問をもらいました。

「すみません」「すいません」はどっちも謝罪を表しますよね。
じゃあこのふたつの違いって何ですか?

 日本人には気付きにくい部分。こんな純粋な質問は大好物です。
 というわけでその違いについてまとめてみました。

 

「すみません」と「すいません」の違い

「すみません」と「すいません」の語源

 元々は動詞「済む(すむ)」から来ていて、その否定形「すまない/すまぬ」を丁寧形にすれば「すみません」になります。
 この「済む」と「澄む」の語源は同じです。

 
 「済む」物事の完了や予想していた程度以下や範囲内で収まること、十分足りることを表します。
  (1) 宿題が全て済んだ。(宿題が全て終わった。)
  (2) 軽い怪我で済んだ。
  (3) 図書館から借りれば買わずに済む。

 「澄む」不純なものを含まず混じりけがないことを表します。
  (4) 空気が澄んでいて気持ちが良い。
  (5) 彼女は澄んだ目をしている。
  (6) 池に澄む月にかかれる浮雲は 払ひ残せる水錆なりけり

 
 ここから転じて、相手に対して失礼なことをしてしまい心が澄んでいない、まだ何か心残りがある状態を「すみません」と言うようになりました。今では謝罪や感謝、依頼などを意味を表します。
 相手を呼び止める際に「すみません」というのは、多少の謝罪の気持ちが含まれているからです。

 そしてこの「すみません」の「み」の子音mが脱落して母音だけが残り「すいません」となりました。単に発音しやすくしたためと思われます。
 こういう場合は言いにくいほうが大体最初ですよね。

 

「すいません」は話し言葉

 以上の語源から見ると「すみません」のほうが最初と言えます。なので正しい日本語は「すみません」です。しかし実際の会話ではどちらを使っても問題はありません。
 ただし文章やメッセージなどでは「すみません」を使ったほうがいいですし、ビジネスの場面ではもっと丁寧な表現を使うべきです。

書き言葉 すみません
話し言葉 すみません/すいません
ビジネス 申し訳ございません/申し訳ありません等々…

 

更に崩れた「さーせん」という言い方

 「さーせん」とは、「すいません」をさらに省略して発音したときの言い方です。カタカナで「サーセン」と書かれることもあります。
 かなり砕けた表現ですので謝罪に使うにはあまりにも軽く、場合によっては相手を侮辱するニュアンスを含むこともありますので注意が必要です。当然ながら正式な場では使うことはできません。

 似たような表現は他にもいくつかあります。
  (7) こんにちは ⇒ ちーっす/ちわーっす/ちわー
  (8) ありがとうございます ⇒ あざーす/あざーっす

 ちゃらちゃらした若者やネットで使われることがありますが、現在ではほぼ死語です。

 

まとめ

 「すみません」は書き言葉にも話し言葉にも使えます。
 「すいません」は会話特有の言い方です。
 意味の違いはありません。