日本語コラム

 日本語の動詞は大きく3つのグループ「一段活用」「五段活用」「変格活用(サ変/カ変)」に分けられます。
 グループによって活用の方法が変わるため、このように分類されました。
 日本では中学校の国語で動詞の分類「上一段活用」「下一段活用」「五段活用」などについて学びますが、正直こんなことを知らなくても動詞の活用ができるのがネイティブの強みです。

 しかし日本語学習者にとってはそうはいきません。
 その動詞がどのグループに属するのかが分からなければ動詞の活用もできなくなります。
 初級では五十音図と動詞活用の規則性を頭に叩き込まなければいけませんので、実は日本語は学び始めには大きな山があると言えます。

 では、動詞を見てどうやってグループを判別するか。
 いくつかの方法があるので紹介します。

動詞の簡単なグループ分け(日本語ネイティブ専用)

辞書形を動ない形にしてみる

 辞書形を「動ない形」にしてみるとその動詞が一段活用か五段活用か一目で分かります。
 これは例外が一切ない完璧な法則です!

「ない」の直前の音が「あ段」なら五段活用
「ない」の直前の音が「い段」「え段」なら一段活用

  (1) 話す ⇒ 話ない (五段)
  (2) 切る ⇒ 切ない (五段)
  (3) 死ぬ ⇒ 死ない (五段)
  (4) 居る ⇒ ない (一段)
  (5) 食べる ⇒ 食ない (一段)
  (6) 忘れる ⇒ 忘ない (一段)

 これならいとも簡単に分かりますが、実はこの方法、日本語ネイティブ専用の判別方法。日本語学習者はグループ分けできません。
 なぜなら日本語学習者はそもそも動ない形を知らないからです。
 日本語学習者は、動ない形を使わない動詞の判別方法を身に付けなければいけません。これが少々骨が折れます…。

 

動詞のグループ分け(日本語学習者用)

 そこで編み出されたのが、辞書形からグループ判別する方法。
 かなり複雑を極めます。

動詞の最後の字を見る

動詞辞書形の最後の平仮名が「う」「く」「す」「つ」「ぬ」「む」「る」「ぐ」「ぶ」で終わるものは五段活用。
ただし、「い段の文字+る」または「え段の文字+る」で終わるものは一段活用。

  (7) 結 (五段)
  (8) 勝 (五段)
  (9) 学 (五段)
  (10) 食べる (一段)
  (11) 倒れる (一段)
  (12) 見る (一段)

 しかしながらこの方法は完璧にグループ分けすることはできず、例外があります。
 以下の動詞は上の方法で一段動詞だと判別されてしまいましたが、実は五段動詞です。

切る、斬る、伐る、しめきる、おもいきる、かしきる、かりきる、捻じ切る、値切る、割り切る、区切る、千切る、句切る、裏切る、見切る、貸切る、間切る、仕切る、返る、帰る、還る、ひっくり返る、呆れかえる、寝返る、引っ繰り返る、振り返る、煮えかえる、煮えくり返る、見返る、静まり返る、射る、要る、入る、立ち入る、寝入る、うねる、しくじる、ちびる、のめる、上がる、交じる、参る、喋る、契る、奔る、孵る、弄る、怖じる、愚痴る、抉る、捩る、捻じる、捻る、掻き毟る、握る、攀じる、散る、曲がりくねる、毟る、混じる、減る、湿る、滑る、漲る、火照る、焦る、煎る、照る、煮えたぎる、熱る、猛る、率いる、知る、競る、練る、繁る、罵る、翻る、茂る、要る、覆る、見知る、見限る、詰る、謗る、譏る、走る、踏みにじる、蹴る、軋る、迸る、過ぎる(よぎる)、遮る、阿る、限る、陥る、陰る、齧る、滾る…

 ここに列挙しただけで100個近くの例外が見つかりました。(私調べ)
 そこで、更にここから絞り込む方法を試してみます。

 

漢字と送り仮名の字数で判別する

ただし、漢字表記にしたときに「漢字1文字+送り仮名1文字」のものは五段活用。「漢字1文字+送り仮名2文字」のものは一段活用。
(複合動詞の場合は後ろの動詞を参照する。)

 漢字が分かれば、その漢字と送り仮名の字数の関係でもグループ分けすることができます。
 上記の例外から更に絞り込みをしてみましょう。

うねる、しくじる、ちびる、のめる、愚痴る、捻じる、攀じる、曲がりくねる、火照る、踏みにじる、上がる、交じる、怖じる、混じる、率いる、過ぎる(よぎる)

 今度は「~きる」「~かえる」などの多くの動詞が五段動詞として正しく判別されましたが、漢字に変換できなかった一部の動詞、そして数少ない例外がまだ残っています。
 特に「上がる、交じる、怖じる、混じる、率いる、過ぎる(よぎる)」は、この判別方法に照らし合わせてみると一段動詞だ!と言いたくなります。しかし五段動詞です。この数少ない例外たちのせいで、この判別方法は完璧ではなくなっているというわけですね。

 

まとめ

例外があるとはいえ精度は高い

 この検証をするにあたって2500個近くの動詞を集めました。
 動詞辞書形の最後の平仮名を見る判別方法では、2500個の内2375個が正しく判別され、精度は95%とかなり高めです。
 さらに漢字と送り仮名から見る判別方法を使えば、例外だった125個の動詞が16個に減りました。(99.3%)

 これらの例外は結局のところ覚えるしかないという結果ですが、日本語学習者は辞書形だけを見てグループ判別しているわけではありません。
 たとえば「上がらない」という言葉が耳に残っていたとすれば、この形から「上がる」は五段動詞だと判別できます。このように聞いたことのある、見たことのある活用形から逆算してグループ判別することもできます。

 以上です。

日本語コラム

 毎年のことですが、一年生の「です」「ます」問題に頭を悩ませています。
 「です」の「す」、動詞丁寧形の「ます」の「す」は必ず軽く発音されますが、何度教えても中々直らない学生もいます。
 これは日本語を美しく発音するためには必要なことです。

母音の無声化

 母音の無声化とは、母音「i」「u」が無声子音に挟まれたとき、あるいは無声子音に「i」「u」がついた音が語末あるいは文末に来たときに、母音「i」「u」の声帯振動が無くなり母音が聞こえにくくなることです。
 日本語における無声子音は「k」「s」「t」「h」「p」です。
 無声化しないからといって間違いでありませんが、日本語の標準的な発音では原則として無声化します。

 

母音「i」「u」が無声子音に挟まれたとき

 ローマ字表記したときに、「k」「s」「t」「h」「p」に挟まれた母音「i」「u」は無声化されます。
 つまり、子音だけ発音されます。

  (1) 学生 がくせい g a k [u] s e i
  (2) 好き すき s [u] k i
  (3) 深い ふかい h [u] k a i
  (4) 疲れる つかれる t [u] k a r e r u
  (5) 明日 あした a s [i] t a
  (6) 洗濯機 せんたくき s e n t a k [u] k i
  (7) 水族館 すいぞくかん s u i z o k [u] k a n

 (6)の洗濯機、(7)の水族館は自然に発音すれば「せんたっき」「すいぞっかん」のように促音に変わります。
 これは「k」と「k」に挟まれた母音「u」が脱落し、子音「k」だけ発音して1拍としたためです。

 

無声子音に「i」「u」がついた音が語末あるいは文末に来たとき

 語末、文末に無声子音に「i」「u」がついた音が来ると無声化され、子音だけ発音されます。「~です」の「す」、動詞丁寧形「~ます」の「す」、「あります」の「す」等がこれにあたります。

  (8) 趣味はゲームで
  (9) タバコを吸いま
  (10) ありがとうございま
  (11) 海の季節(うみのきせ
  (12) 浄蓮の滝(じょうれんのた

 

例外的に無声化しない場合

 無声化する母音が連続する場合は、不明瞭な発音を避けるために無声化しない場合があります。

  (13)✕寿司 すし s [u] s [i]
  (14)〇寿司 すし s [u] s i
  (15)✕服装 ふくそう h [u] k [u] s o u
  (16)〇服装 ふくそう h [u] k u s o u
  (17)✕高橋 たかはし t [a] k [a] h [a] s [i]
  (18)〇高橋 たかはし t a k a h [a] s [i]

 

無声化する場合としない場合の比較

 学生の発音を録音しました。
 一つは文末の「です」の「す」が無声化している音声、もう一つは無声化していない音声です。
 どっちがどっちか、聞いてみてその違いが分かりますか?

 

無声化は美しい発音

 録音1は文末の「す」が無声化していませんでした。そのため不自然な感じがします。

先生こんにちは。
私はそんしんひです。
私は19歳です。
私はけいだい出身です。
私の専攻は日本語です。
私の趣味はゲームです。
よろしくお願いします。

 一方録音2は無声化がちゃんとできていて、自然で綺麗な発音の日本語に聞こえます。

先生こんにちは。
私の名前はりちょうようで[す]
私は18歳で[す]
私は日本語科の一年の学生で[す]
私はかんたん出身で[す]
私の趣味はゲームで[す]
宜しくお願いしま[す]

 この差はネイティブから見ると大きな違いで、「す」をあまりにも強く発音すると不自然にうるさく感じてしまいます。
 「す」の子音は「s」ですから、文末のその音はほとんど空気による「s」の摩擦音だけです。
 丁寧形なら文末は「です/ます」を多用しますから、これらを無声化する癖が身に付けられると格段と美しい発音を身に付けられます。

 母音の無声化は鼻濁音と並び日本語の美しい発音のために大切な要素ですから、スピーチや発表などではもちろん、何気ない会話でもぜひ習得したいところです。

日本語コラム

 日本語を学び始めて1ヶ月の1年生からこんな質問を受けました。

(*´・д・) 先生、「五階教室」と「五階の教室」どっちが正しいですか?
(人´∀`) 「五階の教室」だよ。
(*´・д・) じゃあ「日本語科一年」はどうですか?
(人´∀`) それは良いよ。問題ないね。
(*´・д・) 「日本語科の一年」も大丈夫ですよね?
(人´∀`) …うん、大丈夫。
(*´・д・) えっ、じゃあ「の」が必要なときと必要じゃないときって何が違うの?
 
(*゚Д゚) …

 「五階教室」は間違いで、正しくは「五階の教室」です。
 一方「日本語科の一年」は正しいですが、「日本語科一年」でも間違いではありません。

 格助詞の「の」って、どんな時に省略できるのでしょうか。
 こんなに身近な問題を考えたこともなかったし、それに対してすぐ答えられなかったのがすごく悔やまれます…。

 というわけで調べてみました。
 ※ここでは格助詞「の」の「名詞+の+名詞」という形をとらない主格や体言の代用、同格の用法については述べません。これらは当然省略不可です。

 

 

「の」を省略できる3つのタイプ

所属を述べる時

  (1) 私は日本語科(の)一年です。
  (2) 〇〇大学(の)経済学部(の)3年
  (3) 株式会社〇〇(の)人事部(の)斎藤です。
  (4) 青森県警(の)巡査部長

 所属は「A大学のB学部の3年生の斎藤です。」のように上位から順に述べるため、「の」を複数回使わなければならないこともあります
 このように何度も「の」を使うとうるさく聞こえるので、一般的に全部あるいはいくつか省略されて言われることが多いようです。

 

地名を述べる時

  (5) 私たちはイタリア(の)ローマにやって来ました。
  (6) アメリカ(の)ニューヨークは、合衆国最初の首都が置かれた都市である。
  (7) 河北省(の)石家庄市の人口は1000万人を超えている。

 地名を述べるときも「の」は省略できます。
 「の」を省略して読み上げるときは、元々「の」があった場所で一呼吸置かれて読むことが多いです。

 

二つ以上の名詞が結び付いて一つの名詞となった場合

  (8) マラソン(の)大会に参加する。
  (9) 会議では反対(の)意見も重要。
  (10) 動画(の)再生(の)回数
  (11) 全自動(の)洗濯機
  (12) 頭皮(の)マッサージ

 二つ以上の名詞が結び付いて一つの名詞として認識されている場合は「の」を省略できます。
 このような場合は「の」を言わないのがより一般的です。

 一つの名詞として扱われるので、発音も個別に発音するときと変わるのが特徴です。
 頭皮(1)+マッサージ(4)= とうひまっさーじ(7)

 

「の」を省略できない2つのタイプ

「の」を含む形が元々一つの言い方として扱われている場合

  (13) 髪
  (14) トイレ花子さん
  (15) 鋼心臓
  (16) 眠り小五郎
  (17) 井蛙大海を知らず

 「の」を含みながらも省略できないのは、その言葉自体が既に一つの単語や諺、慣用句として定着しているためです。
 このような場合は絶対に省略できません。

 

連体修飾格の場合

  (18) 隣部屋
  (19) ゴミ箱
  (20) 五階教室
  (21) 友達携帯
  (22) 話流れ

 格助詞「の」にはもともと名詞と名詞の間に置かれてそれらの関係性を表したり、その言葉について詳しく説明したりする機能があります。
 この「の」を連体修飾格と呼び、この時は絶対に省略できません。
 
 

まとめ

  (23) 五階の教室
  (24)✕五階教室
  (25) 日本語科の一年
  (26) 日本語科一年

 「五階」と「教室」はお互いに異なる位置を指していて、この関係性を表すために「の」が必要です。
 一方「日本語科」と「一年」は所属に関する言い方なので「の」を省略することができます。

 まとめると…
 「の」をつけるべきかどうか迷った時はつけてください!
 それを言ったら終わりですが… その方が圧倒的に間違いが少なくなりますよ。