言わないけど感じる冬休み中の努力

 今日1年生と会話してたときの話です。
 彼女たちは日本語力急上昇中の2人。先学期と見違えるほど変わってしまって、会話が予想以上に上手になってました。他の学生と比べてもかなり違うのが分かります。「意地でも中国語を使わないぞ!」みたいな姿勢があって、これが発話の機会を増やしています。他の1年生と比較して大変申し訳ないんですが、初めての会話は多くの場合私ばっかり話すことになって、反応も「はい」「いいえ」等に限られてくるものです。ところが彼女たちから次々飛んでくる質問で話は盛り上がり、驚かされるばかりでした。

 「先生、どんな女の子が好き?」
 「何歳に結婚しますか?」
 「中国人?日本人?」
 …

 的確かつ自然に話題を繋げてきます。驚くべきはこれが即興で行われている点で、1年生のこの時期としては簡単なことじゃないはず。なんか冬休みに猛勉強でもしたかのような感じ? そしてあっという間に1時間が過ぎました。ここまで早いなあと感じるのは久しぶり。恋愛の話を選んだのもまた良かったと思います。興味を引きやすいですし、話の性質上盛り上がさはなかなか。相手が女の子であればなおさらです。

 期待できますが、期待しすぎないように見守ります。頑張れ1年生!

とんでもない自作切り絵

 学生からすんごいとんでもないプレゼントをもらいました。切り絵です。
 ご覧ください!

 A4の上のサイズってなんだったか忘れたんですけど、そのサイズの額縁に入れられた切り絵。これは買ったものではなくて、学生本人が切ったものだそうです! 製作時間実に3時間…。 マジすげえ。右に見える鹿、全体は朝顔(?)のような花。並みの技術ではない。衝撃的です。

 素晴らしい才能を見せられました。大変恐れ入ります…。ありがとう。

政治の話をする時こそ笑顔で

 先週から会話の中に韓国の話題が多くなった感じがします。実感はあんまり無いんですが、非買運動やらなにやらで、中国は韓国をすごく嫌っているとかなんとか…。ニュースでもあったんですが、韓国国内に米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」が配備されることに反対し、中国人の嫌いな国ランキングで韓国がトップの日本を抜いて1位に躍り出たようです。韓国の話題が増えたの、これと関係ないとは言えませんよね~

 会話の時間は別に何を話してもいいと思うんですが、こういった政治的な話は意見の衝突を生む可能性があるんですよね。それは良くもあり悪くもあり…。でも私の場合は禁止にしているというわけではなく、何でも話せるオールラウンダーで行きたいと思ってます!

 こういう話をする時は真面目な顔をしたら終わり。自分の意見は極力言わないで中立を貫くのがいいと思ってます。1位が韓国になったなら、じゃあ2位はどこ?みたいな話から「日本」という回答を引き出してみんなで一緒に笑ったり、そんな会話の工夫がきっと必要です。

 ちなみに私は街で日本語を話している時、韓国人と間違えられることがあります。韓国語と日本語は全然違うと思うんですが、中国人が聞くとあまり違いがわからないのかもしれません。余計なトラブルに巻き込まれないよう、ちょっとだけ気をつけたいですね。