中国での生活

 昨日学生のとの会話で面白い話を聞きました。北京の戸籍に関する話です。
 北京の戸籍がある人は大学入試でもいくらか点数が優遇されて有利に働きますし、良い仕事に就くこともできるというメリットから中国人なら多くの人が欲しいものです。その北京の戸籍を巡る争いが、学生の間でも密かに行われているようです。

 その学生の彼氏は今専科。
 中国の大学生は専科と本科の2種類に分けられ、本科は2流、専科は3流の学生です。大学入試の時点で成績に大きな差があったために進学できる大学に差ができました。それがこの2つの違いとなります。

 北京で家(部屋)を買って5年生活すると北京の戸籍を取得することができるようなのですが、まず北京で家を買うためには本科でなければならないという前提条件が存在します。彼は専科ですから、今の状態では北京で家すらも買えません。
 なので彼は来年3月に行われる、専科から本科へ入学し直す試験を受けるつもりだそうです。この試験は人生で1度しか受けられない貴重な試験なので、もし落ちてしまえば北京戸籍をほぼ諦めるしかなくなってしまいます。

 仮に合格したとしても、北京で家を買わなければならないという大きな障害が立ちはだかります。
 北京の住宅価格は他の都市と比べ物にならないほどで、もしローンで支払っていくのであれば一生をかけても払えないくらいの価格の借金を背負うことに。
 その重圧を命をかけて背負っていくつもりがなければ、自力で北京戸籍を取得することは難しいという現状があります。

 北京戸籍を取得する計画を最初に言い出したのは彼の父親だそうです。
 北京戸籍を持つ親から生まれた子供は当然北京戸籍ですから、それは中国で生きていく上で大きな恩恵を受けられます。
 こうやって自力で取得できる人はわずか。北京の大手で働く一部の超優秀な人材であれば特例で取得できるそうなのですが、一般人とは縁のないことですね。

 手っ取り早いのは北京戸籍の相手と結婚すること。そうすると自動的に自分も子供も北京戸籍を取得できます。他力本願なところがありますから、お見合いなどでは見透かされるかもしれませんね。逆に言えば北京戸籍はお見合いや自由恋愛でも大きな武器になる可能性を秘めています。愛やルックスはともかくとして戸籍が欲しいという人がいればすぐマッチングできたりするかもしれません。

 中国で生まれた子供は政府によって定められた規定によって既に優劣が決まっている恐ろしさ。
 これが中国特有の面白さでもあります。

中国での生活

 こんな動画がアップされてました。
 双11に買った荷物が届かない理由がこれかもしれません。

 
 ベルトコンベアーと荷物の落下速度が同じところがポイント高いですね!

 私もまだ多くの荷物が届いてません。
 追跡してみると確かに運ばれてきてはいるんですが、やっぱりいつもよりは遅いスピードです。
 もうしばらく待たないといけないです。

中国での生活

 今日の空気は非常に悪いです。昨晩10時ごろからもう悪かったんですけども今朝は特に。珍しくもたくさん写真貼り付けようと思います。

 情報によると視程200m、局地的に50mを切るところもあるそうです。
 確かに映画ミストみたいな雰囲気さえありました。

 中国では気象に関係する災害が発生する可能性がある時、国民へ知らせる方法の一つとして预警信号があります。日本でいう注意報、警報、特別警報に相当するものです。
 霧やPM2.5に関する警報は大雾预警信号が使われ、その程度は低い順に黄色、オレンジ、赤色で示されます。今回発布されたのは「大雾红色预警」ですから特別警報に匹敵するレベルです。

 1年生2班のある学生は、さっそく皮肉をかましています。
 今日は正直もう外に出たくないですね…。