2年生前期会話

 2年生前期2回目の授業です。
 前回通知した来週に控えている寸劇の件ですが、国慶節後の10月8日に変更することにしました。2週間では到底準備しきれないと踏んでのことです。あと3週間ありますので、この日には必ず行います。

 授業冒頭に以前行われた劇の写真などを見せました。
 一度見ておくと自分の中でイメージも湧いてくるかと思います。

 そして授業へ。
 今回もロールプレイを取り入れてみました。
 テーマは「落とし物」です。

 まずは学生と落とし物について雑談。
 財布がいいと思うのですが、中国で普段財布を持ち歩いている人はかなり少ないのでスマホとしました。
  ・スマホを無くしたことがある人いますか?
  ・中国でスマホを無くしたらどうしますか?
  ・日本でスマホを無くしたらどうすると思いますか?

 大体こんな内容で5分くらい雰囲気盛り上げます。

 そして本題。使用したpptはこちらです。

 スマホを落とした人が警察官に相談している写真を見せて、イメージを沸かせます。
 いつも通り発表は2回。1回目は自由、2回目はもっと難しく。
 今回は2人グループになります。(割り切れなかったところはやむを得ず3人に)

 1人は警察官、もう1人はスマホを落とした人。
 2人の会話の出だしと終わりを示して、具体的なやり取りは自由に考えてもらいます。詳しくはpdf参照。

 時間は学生の様子を見て5分~10分程度時間を与えます。。
 そしてその場で発表。
 発表終わりには必ず拍手して褒めます。

 1回目の発表で学生が言ったポイントを黒板に書き出します。
  ・ブランド
  ・電話番号
  ・特徴
  ・色
  ・待ち受けの写真 …

 以外にも無くした人の名前を聞く学生はいませんでした。
 1度目の発表が終わったら、2回目の発表に備えてポイントを押さえます。

 1.警察官が聞くべき情報の整理
 名前、電話番号、ブランド、色、時間、場所、状況。
 とりあえずこのくらいは網羅しておかないといけません。
 そのほか待ち受けの写真、スマホのデコレーションなどもありますが、余裕があればこちらも。

 2.言い回し
 情報の聞き出し方、個人情報の聞き方に関する言い回し。
  ・~は何でしょうか?(~は何ですか?)
  ・~を伺ってもよろしいでしょうか?(~を教えてください)
  ・いつ落とされましたか?(いつ落としましたか?
  ・どこで落とされましたか?(どこで落としましたか?
 一応軽く尊敬表現に触れておきます。
 このような言い方を示しておけば、聞きたいことがいくらあってもその分増やして言えばいいだけになります。

 3.警察官は情報を確認する。
 個人情報を聞くだけではなく最後には必ず確認をします。
 ここでも実践的に確認させることにしました。
 確認のテンプレもpdfを参照してください。

 この3つをpptで導入。
 それが終わったらこの辺りでちょうど休憩時間となりました。

 休憩時間を挟んで再び2回目の発表。2度目は教壇に来ての発表です。
 次はこの3つのポイントを1回目の内容に盛り込んで、もっと素晴らしい内容にしてもらいます。
 ここでも5分~10分くらい時間を十分に与えました。
 2度目の発表でできるだけメモを見ないで発表させました。

 そして発表。
 2度目は大体ほとんど完璧な内容に収まります。
 拍手と褒めることを忘れないように。

 全員発表が終わったら、まだ時間が余ってたのでちょっとした遊び。
 上のようなあらかじめ用意しておいた情報を使っての聴解練習です。

 1回目は私と任意の学生一人。私は警察官役、学生は無くした人役。
 手元にある情報でロールプレイを行い、それを他の学生が聞いて重要な部分を聞き取ってメモさせます。
 終わったら黒板で答え合わせ。

 2回目は学生2人にやってもらいます。
 3回目は飽きられそうだったのでやりませんでしたが、時間が余ればしょうがないですね。

 これは結構盛り上がりますのでやってみてください。

 「金色」と「黄色」の聞き取りが難しそうでした。
 授業内で少し触れてみるといいでしょう。

 内容は完璧でした~ 以上です。

2年生前期会話

 2年生前期の教案を今学期一新します。
 そのはじめの一歩として大事な大事なこの第1課です。

 授業冒頭に3つの大事なこと。

 1.今学期放課後の会話のスケジュールについて
 強制はしないので、会話をしたい人だけ私に連絡するようにと伝えました。2年生からは今のところ誰からも連絡が来ていませんので心配です…。

 2.この授業についての説明。
 1年生は簡単な文法と単語を勉強したけど、2年生ではもうちょっと実践的な内容をやります。
 定型文を使うよりも、自分の日本語をもっと大事にして、とりあえず間違ってもいいから伝えられるような能力を養っていきたいと思ってます。

 3.劇の開催
 2週間後に1年生で劇をやりま。その場ですぐ4人~5人のグループに分けました。
 テーマは何でもいいので、自分たちで決めること。
 内容は全部日本語で、時間は10分~15分程度。
 もう一人別の先生と先輩を呼んで、発表会を開きます。

 準備期間を3週間にしようと思ったんですが、時間が長すぎると怠りがちになるので、ここは厳しく2週間。
 私としても初めてだし、学生としても初めての経験です。
 まあ最初は失敗してもいいかなーくらいで考えてます。

 ここまで終わったら、今日の内容。
 ロールプレイ調にしたかったんですが、序盤の説明が長くなったこと、夏休み明けで日本語忘れ気味なことを考慮して、比較的難しくない内容をやることにしました。
 今回は「友達を褒める」です。
 使用したpptはこれ。褒める.pdf

 まずはこの課の目標を明確にしておきます。
  1.2~3人グループになってお互いの良いところを褒めること。
  2.発表は2回行う。1回目は自由に、2回目は1回目よりもっと良いものを。

 みなさん、こんにちは。
 私は◯◯の良いところを紹介します。
 (自由)
 以上です。ありがとうございました。(拍手)

 まずはこのようなテンプレートだけ与えて、自由の部分だけ自由に考えてもらいます。
 時間は学生の様子を見て5分~10分程度。
 それが終わったら、その場で発表してもらいます。
 発表終わりの拍手はとても大事ですので、学生にもちゃんと拍手させることが盛り上げるポイント。

 1回目の発表で学生が使った言い回しは黒板にメモっておきます。
  ・~が上手です。
  ・~に興味を持っています。
  ・~が好きです。
  ・~することが好きです。
  ・~て~て
  ・クラスで一番~です。 などなど

 全員発表が終わったら、pptの出番。
 もっといい発表にするためのポイントを紹介します。

 1.私は◯◯の~ところが好きです。
 何か好きな部分を言うときは、よく「~ところ」を使います。告白とかでもそう。
 日本語の言い方ですから覚えてると便利。

 2.順序
 ある学生が「髪が長くて、目が大きくて、可愛くて、活発です。」と言ってました。
 もちろんこの「~て~て」でどんどん挙げていくのも悪くありませんが、スピーチや発表の場面では分かりやすく伝えるために「1つ目」「2つ目」…を使うことが多いです。
 これも教えましょう。

 3.例と理由
 「1つ目は可愛いところです。」ときたら、やはりその理由とか、そう思った経験なども話すといいですよね。
 というわけで、「たとえば~」「なぜなら~」という言い方もここで教えておきます。

 
 この3つをpptで導入。
 それが終わったらこの辺りでちょうど休憩時間となりました。

 休憩時間を挟んで再び2回目の発表。2度目は教壇に来ての発表です。
 次はこの3つのポイントを1回目の内容に盛り込んで、もっと素晴らしい内容にしてもらいます。
 ここでも5分~10分くらい時間を十分に与えましょう。

 2度目の発表で重要なことは、「できるだけメモを見ないで発表すること」です。
 経験上はじめから見る癖がつくと、それ以降もそこから抜け出せなくなります。
 ならば初回から見ないようにさせておくのが学生にためにもなると思われます。

 そして発表。
 たとえば、なぜならを使い出すので、発表時間が2倍3倍に増えます。
 ちゃんと言い終えた人は拍手して褒めてあげます。

 全員発表が終わったら、学生の誤った言い方などを黒板に書いて共有。
 そして授業終わりです。

 
 2度発表させることで、自分の不足している部分を可視化させることができます。
 以後このような発表の時は2度やらせることにしようと思いました。

2年生前期会話

 最後となりました今回のテーマは「人生のプラン」。

 授業冒頭、今4年生は自らの進路について悩んでいることに触れました。
 留学か、中国で進学か、あるいは仕事をするか。
 自分が納得して進んでいくのが一番いいのですが、4年生のこの時期に迷っているようでは遅いのです。
 
 彼らはまだ2年生の前期ですが安心できません。大学時代はとても早く過ぎていきます。
 というわけで何歳の時に何をして、どんな人生を送っていくのかを今考えられる範囲でいいので発表してもらいました。 

 ・大学院へ行きたい
 ・通訳になりたい
 ・大学院に行けなかったら仕事をして貯金し、いずれ日本やアメリカに旅行へ行きたい
 ・25歳くらいになったら彼氏を作って、28歳に結婚したい
 ・故郷で良い仕事をし、可愛い犬を飼って、家族と日本へ旅行したい
 ・北京で教師あるいは会社員になりたい
 ・母が反対したら諦めるが、日本へ留学してみたい
 ・日本と中国の貿易に関する会社で仕事をしたい
 ・日本語教師になりたい
 ・国語の先生になりたい
 ・ガイドになりたい

 このテーマでは「何歳で結婚するのか」というのが暗黙の興味の対象になっていました。
 何歳で結婚したいという人には、相手はどんな人がいい?今彼氏はいますか?など厳しい質問が飛び交います。
 どうやら結婚後までは想像できなかったようで、30歳以降の内容は少なめでした。

 以上です。