1年生後期会話

 昨日は「~ながら」という文法を使って遊びました。動詞のます形に接続して使う形なので単純で、1年生でも比較的早い段階で出来る授業内容じゃないかなと思っています。

 まずは五段、一段、サ変、カ変の基本形からます形を作らせます。その後はます形にながらを接続するだけで完成。基本的な文の作り方を教えて始まります。注意しなければいけないのは、例えば「音楽を聴きながら勉強をする」の場合、より重要なのは「勉強する」の部分だということです。何を強く言いたいのかで動詞の順番が変わることを例文を挙げて教えます。
 次に学生一人ひとりに好きな動詞を自由に言ってもらいます。それを黒板に書き貯めておき、大体20~25個くらい集まったら準備は完了。ここからが遊びの本番。
 まず、その教室で最も陽気で明るい男子学生を教壇に呼びました。私は彼と一緒に黒板上の動詞2つを使ってながら文を作り、彼のジェスチャーによって他の学生に伝えさせると言うゲームです。実際ジェスチャーは教師がやっても良いと思うんですが、「学生が学生に」という構図のほうがより注意を引ける気がしています。

 初めは「服を洗いながら歌う」や「飲みながら怒る」といった比較的演技しやすい内容から入って行きましたが、次第に「寝ながら散歩する」「飛びながら寝る」と変な組み合わせも交えていきました。無理な要望かなあとも思いましたが、その男子学生は人並み外れた陽気さを持っていたので意外と何でもでき、授業では本当に助かる存在です。特に教室中が沸いたのが「服を脱ぎながら勉強する」「脱ぎながら告白する」でした。これも男子学生だからこそ出来る芸当ですね。

 今のところこの教案は学生の性格に大きく頼った面があるので不安定感は否めません。もっと比較的演技しやすい動詞たちを集めてみんなにやらせてみるのも良いかなあと思っていますが…。

1年生後期会話

 最近1年生から聞こえてきた悲鳴。被动态、使役态、使役被动态という難しい部分を1週間で詰め込まれて困っているというものでした。重要な部分ですからじっくり復習してほしいということで、私の授業で確実に定着させるべく楽しめる教案を考えました。この授業、反応がとても良かったので紹介したいと思います。

 まずは動詞の受身形の作り方を説明して、例文から全体像を掴んでもらいます。
 「私は 彼を 殴ります」→「彼は 私に(から) 殴られます」
 「私は 彼に 数学を 教えます」→「彼は 私に(から) 数学を 教えられます」

 インターネットから拾ってきた50枚近くの写真をあらかじめ用意しておき、その後はプロジェクターを使って学生に写真を見せました。ルールは単純で、写真を見て好きな受身形を作ってもらいます。例えば「鳥が魚を捕食する画像」から「魚が鳥に食べられる。」などと言った具合。何枚かの写真で練習させて雰囲気を掴んだところで開始。一人ずつ当てて受身文を作ってもらいます。

 大体一人3回ずつ答えてもらいました。選んだ写真が面白かったおかげか、授業中ずっと飽きる事なく集中してくれてとても良かったと思います。また、写真によってはいくつかの言い方が存在するので、そこは随時補足しながらでも良いと思いますが、テンポよく写真を入れ替えて進行するのも飽きさせないためには重要です。

1年生後期会話

 今日の一年生の授業では「~つもり」を勉強しました。この文法を利用して、まずは「小さい時、~になるつもりでした」「今は~になるつもりです」という文を与えます。その後は全員から将来の夢を教えてもらう形式です。この授業の反応がとっても良かったので紹介したいと思います!

 まずは私の子供の時の夢、小学校の作文で「救急車になりたい」と書いたことを紹介しました。1年生がこれを理解できるかどうか少し不安だったんですが、バッチリ理解してくれて笑ってくれましたね。その後は一人ひとり学生に聞いていきます。

 子供の時の夢は教師、医者、社長、お金持ちといった大人気職業が多くを占めましたが、今の夢となると多少現実的になります。本当に嬉しかったことと言えば、日本に行くつもり、日本で仕事をするつもりと言う人が多かったことです。1年生でまだまだ日本語の難しさを痛感している最中にも関わらずこんなことを言えるのは、まさしく日本語の勉強を楽しんでいる証拠だと思います。他にもビックリしたのは入殓师(葬儀屋)と言った人が居たことです。なぜかと聞くと「私は死ぬのが好きだから」と言い、ここでも教室中爆笑でした!

 夢を聞くのは本当に面白いです。学生側も他の学生の夢に興味津々になり、良い雰囲気で授業できました。
 やっぱり面白い授業はいかに学生の興味を惹けるかにかかっていますね。

 追記
 「高校の時、大学で○○を勉強するつもりでした。」

—————————————————————
2017.3.16

 今日は1年ぶりの「~つもり」の授業。内容をちょっと変更してみて「何歳で結婚するつもりですか?」と聞いてみることにしました。クラスが女の子しかいないので、この類の話は食い付きが全然違ってきます。

 結果は28歳、27歳あたりに集中していました。それに関連にして、じゃあ彼氏は何歳がいい?とか、年下、年上の男性はダメ?と発展させることもできます。そのついでに日本の平均初婚年齢も紹介。2015年度、男性は31.1歳、女性は29.4歳だそうです。中国よりも遅くて「すごい!」と言ってました。更に中国の平均初婚年齢を聞いてみるのもいいかもしれません。教案の出来ではこのほうが盛り上がったかなーと思います。

 もう一つ、4月4日に清明節で3連休があります。「清明節、何をするつもりですか?」と聞いてみました。家に帰るつもり、旅行するつもり等々いろんな回答がありましたね。

 ここまで練習してようやく本題。「将来何をするつもりですか?」 これは休憩をまたいで考えてもらいました。このテーマは1年前と変わりませんが、今年の一年生は中々現実的な回答が多かったです。日系企業の会社員、小中学校の先生、鍋店を出す、パン屋さん、翻訳、世界一周旅行等々。好きな歌手のコンサートに行くつもり!という人もいました。