教案, 日本語コーナー

 またまたQuizKnockさんのところからアイディア頂き、私も中国でよく見るアプリや企業ロゴのクイズを10問ほど作ってみました! いつもちょっとした授業の遊びにお世話になっています。

 

ロゴ当てクイズ

必要なもの プロジェクター、無ければグループチャットで出題
かかる時間 10問で30分程度
人数 10人前後

 問題はこちらからダウンロードできます。

 スクリーンに映して皆で見れれば一番良いんですが、それができない場合は直接チャットに送って見せます。作った問題は中国でよく使うアプリのロゴなので、チャットで送って見せる場合はすぐカンニングできちゃう環境にあります。街角でよく見るロゴで問題を作れば、そういう心配もなくなりますね。

 まだ試したことはないのですが、近々授業があるのでやってみようと思います!
 頭の中ではすごく盛り上がりそうな気がしてます。

教案, 日本語コーナー

 動物の鳴き声を当てるちょっとしたクイズを日本語コーナーでやりたいと思い、その教案を作りました。
 上の写真のように、動物の写真に吹き出しをつけたものをたくさん用意しました。イラストは主に「かわいいイラストが無料のイラストレイン」さんからお借りしたものですので、残念ながら二次配布はできませんが… 作ろうと思えば1時間くらいで作れるはずです。

動物 鳴き声
ワンワン
ニャーニャー
モーモー
ネズミ チューチュー
ヒヒーン
羊/ヤギ メェー
ブーブー/ブヒブヒ
カラス カーカー
フクロウ ホーホー
コンコン
ヘビ シュー
ヒヨコ ピヨピヨ
アヒル グワッグワッ
ゲロゲロ/ケロケロ
ライオン ガオー
ウキー/ウキキー
ニワトリ コケコッコー

 実際に学生に出題する際は、吹き出しは何も書かれていない状態のイラストを見せます。スクリーンでもいいし、少数のクラスならグループチャットでもいいですね。
 当然検索禁止で、その動物の鳴き声を「カタカナ」で当ててもらいます。このときサンプルとなる鳴き声を用意して実際に聞かせてあげるといいかもしれませんが、動物のイラストがあるので必須ではないかもしれません。もちろんあればそっちのほうが雰囲気が出ます。

 動物の鳴き声は猿と蛇と狐以外、この3つのサイトから無料でダウンロードできました。

 ・フリー効果音 On-Jin ~音人~
 ・効果音ラボ – フリー、商用無料、報告不用の効果音素材をダウンロード
 ・無料効果音で遊ぼう!

 最近フリップを使った授業にハマっているので、この鳴き声クイズも遊びの一つに加えられそうです!

教案, 日本語コーナー

辞書逆引きクイズ

必要なもの 一人ひとりにフリップとホワイトボード用のマーカー、なければA4用紙とマジックでも代用可。
出題はグループチャットかプロジェクターで。
かかる時間 10問で1時間程度
人数 5人~15人程度

 何らかの辞書を基準にして、N5、N4レベルの誰でも知っているような言葉の語釈を見せ、その語釈から元の言葉を当てるというゲームです。

 語釈はストレートに表現されない抽象的な表現が多いので、元々の言葉はあまり難しすぎないほうがいいでしょう。また、ルールを説明するときに、1~2問くらいデモンストレーションすると参加者にとっても分かりやすいと思います。
 
 各自手元にはフリップがありますので、各々の答えをそこに書いて解答。ちょうどクイズ番組のような形式ですね。
 正解したら1ポイント。ポイントは教壇の方の黒板で管理します。
 先に10ポイント先取した人が優勝ということにして遊びました。

 出題する際は、語釈に加えて品詞も明記するべきです。

 ちなみに語釈をいちいち黒板に書いていては面倒で雰囲気もだらけてしまいます。書かなくてもいい工夫があれば、テンポよく出題できて盛り上がりやすくなります!