日本語の色んなお話

 学生から「お蕎麦屋さん」の「さん」についての質問が来ました。
 「さん」は主に人名についてその人に対する敬意を表しますが、このケースはお蕎麦屋なので人ではありません。不自然だと感じる人がいてもおかしくないですね。

日本語の色んなお話

 例えば、こんな知識を持っているAIがいたとします。

五段動詞は「く」「ぐ」「む」「ぶ」「ぬ」「る」「つ」「う」「す」で終わることを知っている。
一段動詞は必ず「る」で終わることを知っている。
五段動詞の最 ...

日本語の色んなお話

 学生→学生たち、私→私たち、あなた→あなたたちのように、「たち」をつければ人称代名詞の複数形になることは1年生の早い段階で教わることです。しかし、この「たち」は”彼女”に使えても、”彼” ...