平成29年度, 日本語教育能力検定試験

問1 動詞と格助詞

 選択肢1
 自他の混同です。他動詞「汗を出した」は使えず、自動詞「汗が出た」を使うべきです。

 選択肢2
 「花子のところ」と言うべきです。格助詞に起因する誤りではありません。

 選択肢3
 「ある」の所有文の文型は「(人)は(物や事)があります。」です。この文型に数詞・数量詞を加える場合は2つの方法があります。
  ・(私は)3つ言いたい事があります。
  ・(私は)言いたいことが3つあります。
 よって、文型に関する知識不足による誤用です。

 選択肢4
 「困る」は必ず格助詞「に」を取ります。これを知らなかったことで誤用が生じています。

 したがって答えは4です。

 

問2 動詞句の名詞化

 名詞句「カナダからの帰国」は、「カナダから帰国する」の格助詞「から」の後に「の」を入れることで作られています。
 このように、格助詞の後ろに「の」を入れて名詞句になるという規則が、別の格助詞にも使えるかどうかをみていきます。

 1 ◯彼女と結婚する ⇔ ◯彼女との結婚
 2 ◯台風で休校した ⇔ ◯台風での休校
 3 ◯学校に到着した ⇔ ✕学校にの到着
 4 ◯学校までバスに乗る ⇔ ◯学校までのバス

 3だけは名詞句にできません。
 したがって答えは3です。

 

問3 名詞修飾節の主語になる格助詞「の」

 格助詞「の」には2つの用法があります。
  ・名詞と名詞の関係性を表す用法 (部屋の中)
  ・名詞修飾節の主語 (アイスの食べたくなる季節)

 「の」が名詞修飾節の主語として用いられるとき、「の」と「が」は入れ替えることができます

 1 体言の代用の「の」です。「こと」や「もの」に言い換えられます。
 2 「が」に入れ替えられます。
 3 「~のです」の「の」は文型の一部です。格助詞ではありません。
 4 体言の代用の「の」です。「こと」や「もの」に言い換えられます。

 したがって答えは2です。

 

問4 複合格助詞に置き換えられるケース

 1 ◯法に基づいて裁く ⇔ ✕法に裁く
 2 ◯事実に即して報道する ⇔ ✕事実に報道する
 3 ◯今日をもって辞める ⇔ ◯今日で辞める
 4 ◯過去について語る ⇔ ✕過去で語る

 したがって答えは3です。

 

問5 時の名詞+に

 選択肢1
 時の名詞に「に」が付くかどうかは、書き言葉や話し言葉に関係ありません。後述する、今を基準にした相対的な時を表す名詞か、基準のない絶対的な時を表す名詞かによって決められます。

 
 選択肢2
 確かにニ格は様々な意味がありますが、時か場所かを判断するには先行文脈を見る必要はありません。ニ格に付いている名詞を見れば分かります。

 
 選択肢3
 今を基準とした相対的な時の名詞には、格助詞「に」は付きません。
  (1) 毎日勉強しています。
  (2) 明後日映画を見に行きます。

 今を基準としない絶対的な時を表す名詞には、格助詞「に」が必要です。
  (3) 2時に来てください。
  (4) 4時に帰りましょう。

 格助詞「に」が付いても付かなくてもいい場合は、時の名詞は副詞的な使い方をしています。
  (5) 一分後出発します。/一分後に出発します。
  (6) 彼はその翌日亡くなった。/彼はその翌日に亡くなった。

 
 選択肢4
 二重ヲ格制限はありますが、二重ニ格制限なるものはありません。
 「彼、私は毎日子供英語を教えていることを教えた。」のように同じ意味のニ格が複数現れる場合も可能で、「子供アメリカ留学させた。」のように異なる意味のニ格が複数現れる場合も可能です。

 
 したがって答えは3です。

平成29年度, 日本語教育能力検定試験

1番

 「作る結果」と言っていますが、ここでは「作った結果」というべきです。
 動詞「作る」のテンス形式に誤りがあります。

 テンス(時制)とは、その動作や出来事が、発話時点と時間的にどのような関係(過去・現在・未来)にあるかという文法的概念です。

 ヴォイス(態)とは、動詞の形が変化することによって、文の格関係が変わる文法形式のことです。「れる/られる」の受動態・可能態、「せる/させる」の使役態、「させられる」の使役受動態などがあります。

 したがって答えはcです。

 

2番

 「聞こえません」というべきところを「聞きません」と言っています。原形は「聞こえる」と「聞く」ですから、動詞の選択を誤っています。
 したがって答えはaです。

 

3番

 「~だ」は名詞の後ろに接続されます。「黄色いだ」は、黄色いと名詞だと思っているために起きている誤用です。
 したがって答えはaです。

 

4番

 「持たないで」が「持たなくて」になっています。これは付帯条件を表す「~ないで」を使えないことによる誤用です。

 付帯条件とは、ある動作をするにあたって、それに付属する何らかの状態や条件のことです。「財布も持たずに出かける」において、「財布も持たず」が「出かける」ときの付帯条件です。

 したがって答えはbです。

 

5番

 「シェークスピアによって描かれました。」というべきです。
 受身文で歴史上の事実や規定事実を客観的に伝えるときの動作主は「によって」を使わなければいけません。
 参考:【N3文法】~によって/によっては/により/による

 したがって答えはdです。

 

6番

 「申します」も「申し上げます」もいずれも自分の動作ですので謙譲語です。更に分類すると、「申す」は謙譲語Ⅱ、「申し上げる」は謙譲語Ⅰです。この2つが混同しています。

 したがって答えはdです。

 

7番

 助詞「を」が「に」になる誤りです。
 「この道を渡って」の「を」は通過点や経路を表します。

 したがって答えはaです。

 

8番

 「書いていただけませんか?」を「お書きになりませんか?」と言う誤りです。依頼するつもりが、勧めの表現になっています。

 したがって答えはbです。

平成29年度, 日本語教育能力検定試験

1番

 この教材は「初級の日本語学習者向けの聴解教材」だそうですが、偏る、炭水化物、たんぱく質、負担、気分転換、バランスなど、初級のレベルに合っていない語彙が多く含まれています。

 聴解教材内の問いは「男が気をつけるべきことは何?」でした。医者は「野菜のほかに、炭水化物とかたんぱく質とかいろいろ食べてくださいね。」と言っていますので、これが答えであることが分かります。しかし選択肢の2は「バランスよく食べるようにすること」と、言い換えた表現を用いています。よって、言い換えられた表現を聞き取る能力が必要です。

 したがって問1の答えはc問2の答えはbです。

 

2番

 女性の「長ネギはあるけど、玉ねぎは…」には対比と省略の知識が必要です。「玉ねぎは」の後ろには「ない」が来るはずなのですが、ここでは省略されています。また、「ない」が来ることが分かるためには、「AだけどB」のような対比の文型の知識が必要です。

 聴解問題では「1本」や「2個」と、数詞・助数詞が使われていますので、これらの知識も必要です。

 転訛とは「手前」が「てめえ」のように訛ることで、このときの「てめえ」のように、訛った後の形を転訛形と言います。聴解問題では転訛形は用いられていません。

 したがって問1の答えはdです。

 
 問題は「男の人は何をいくつ買いますか?」なので、買う物とその個数の2つを聞いています。しかしこのような選択肢だと、買うものが玉ねぎだと分かれば何個買うかは関係なく選択肢2を選びます。その逆もまた然りです。出題意図と選択肢が合っていません。

 したがって問2の答えはaです。

 

3番

 聴解問題冒頭の「お疲れ様です」と「お疲れ」に見られるように、先輩と後輩でスピーチスタイルが違います。
 したがって問1の答えはdです。

 先輩は後輩にこれからサークルのみんなでご飯食べてカラオケ行くことを伝えました。しかし「~行くみたいなんだけど行く?」のように、先輩が行くかどうかは曖昧です。また、自分も課題が終わっていないことを明かしたり、最後に「私はそういうわけにはいかないけど」などと、行くのか行かないのかは最後まで曖昧で分かりません。
 したがって問2の答えはbです。