スピーチと弁論

 第15回目、最後のディベートの授業です。
 最後ということで今日はとびっきり難しいテーマを用意しました。
 その内容がこちらです。

 ジュリエッタの兄は,大地震の後5日目に,ビルの地下から救出される。
 もともと持病のあった兄は衰弱しきっていたが,病院は治療を待つ人にあふれ,治療を受けることができない。
 1ヶ月後,ジュリエッタは容体が悪化した兄を病院に運び,何百人もの長蛇の列をつくっている人々をすり抜け,とっさに嘘をつく。
 「兄は35日ぶりに今日,がれきの下から救われたのです。どうかお助けください」
 ジュリエッタの訴えを聞いた医者はこの奇跡に驚き,誰よりも先に兄の治療に取りかかった。
 おかげで兄の容体は快復し,「奇跡の生還」としてニュースになるが,ジュリエッタは病院から姿を消し,行方不明になる。

 出典はこちらの論文です。
 生徒が主体的に「考え,議論する」道徳科の実践的研究 ~モラルジレンマ授業を通して~

 テーマはずばり「ジュリエッタ(弟)の行動に賛成か、反対か
 自分の道徳観に照らして分かれてもらいました。

 20名いたのですが、反対は6名しかいませんでした。
 今回の討論では白熱の度合いがまた違い、内容が内容なのでいつもより真剣に取り組む様子がよく見えました。
 価値観の違いから意見が正面衝突し、今までのディベートとは異なるタイプの反論が飛び交います。
 本来討論とはこういうテーマでやるべきなんだなと感じました。

 
 ではそれぞれの意見を紹介します。

 【弟の行動に賛成派】
 ・この世は公平・公正ではない。
 ・チャンスがあれば、それを使うべきだ。
 ・誰を救うかは医者の自由であり、医者によって選ばれる。
 ・家族の愛だから当然だ。
 ・治療するかどうかは医者の判断だから、今回の弟の行動は関係ない。
 ・自分の弟や家族が死ぬことは誰にとっても望ましいことではない。
 ・両親と他人、普通どちらを助けるのか。
 ・法律上家族を助ける義務がある。(?)
 ・家族の命の前に理性など存在しない。
 ・他人と家族は一切関係がなく、チャンスというものは勝ち取るものである。
 ・集団の利益より個人の利益。
 ・命は誰しも1つしかない。
 ・中国では権力のある人が強く、例えばそういう人は病院でも並ぶ必要はなくなる。
 ・弟の発言は、それは権利であり権力である。

 【反対派】
 ・生命は公正でなければならない。
 ・他人が嫌だと思うことをしてはいけない。
 ・他人が嘘をついたことによって自分の家族が助けられなかったとき、あなたはどう思うのか。
 ・一人利己的な人がいるだけで秩序は崩壊し、皆利己的になってしまう。
 ・弟が死ぬことは当然嫌だが、社会にはルールがあり、それは誰しも守らなければならない。
 ・弟の行為は他人の命を犠牲にしている。
 ・多数の最大幸福こそ、法律・道徳の基礎である。
 ・このようなことをしたら、兄は今後生きていく中で恥ずかしいと思うかもしれない。
 ・人々は弟の行動を決して褒めない。
 ・お兄さんの考え方を尊重するべき。

 
 この問題はモラルジレンマと呼ばれているようです。
 その人の道徳観を問いますので、もともと正解というものは存在しません。
 最後に持ってきたテーマとしてはかなり良かったと思います。

 また、学生達も最後ということで気合入れて頑張ってくれました。
 来年の授業にも期待です。ありがとうございました。

スピーチと弁論

 14回目の授業です。
 今回のテーマは「お年寄りと子供、どちらが大事?」です。
 これだけだと漠然とした感じになりますので、あらかじめ「社会的にどちらが大事か」という点を述べておきました。

 【お年寄り派】
 ・老人は指導する役割がある
 ・心は穏やかで、経験も豊かだ
 ・老人には経験に裏付けされた能力がある
 ・老人なしに子はどこから生まれるのか
 ・社会に大きい影響を与えられる
 ・今の子は誰によって育てられたのか、それは老人たちのおかげである
 ・今や社会の重荷となっているが、人々はいずれ老人になるから大切にしなければならない
 ・子は社会的に弱い集団である
 ・伝統的なものは老人たちが継承してきた
 ・国のリーダーに若い人は少ない
 ・老人ホームは家庭の負担を減らす
 ・人は平等であり、老人も重要ではないか
 ・老人がいないと、温かい家庭はない
 ・木で喩えるなら老人は根、子は枝である
 ・統計によると70%以上の人々が老人の重要性を認めている
 ・老人のおかげで今がある

 【子供派】
 ・若者は体が強い
 ・思考は柔軟で、老人は硬い
 ・子は国の希望、そして未来である
 ・高齢化は今や社会の大問題となっている
 ・老人が重要というのであれば、なぜ国は高齢化を解決しようとしているのか
 ・日本では高齢者の票が多く、高齢者のために政治となっている
 ・老人は国の負担である
 ・老人は子を産めない
 ・子供が強くなれば、国も強くなる
 ・子供は社会の規模を表す
 ・現代では老人による迷惑行為が頻発している
 ・国は少子化問題に積極的に取り組んでいる
 ・老人は結局子供の世話になっている
 ・日本では子供は両親によって育てられるが、中国では祖父・祖母によって育てられる。このような状況では、子供は甘やかされて育てられる可能性が高い
 ・老人より子供のほうが重要と言っているだけで、決して軽視しているというわけではない
 ・国が高齢者にかけるお金に対して得られる効果はあまりない
 ・老人たちの知恵は子供へと受け継がれていく
 ・1人当たりのGDPを上げるためには、老人の存在は障害となっている
 ・子供は国のために必要だが、老人は死んでも国に影響はない

 
 今回はテーマがテーマなので極論が目立ちました。
 しかしかなり面白かったです。

 多少喧嘩っぽくなっちゃうのはディベート形式だからでしょう。
 それでも意見をぶつけ合っている様子を見るのは楽しいですね。

 今回は以上です。
 来週はいよいよ最後の授業です。

スピーチと弁論

 12月となりまして、残すところあと3回となりました。
 今回から試験月間とし、ディベート中の即興性、説得力を基に成績を決めることとしました。
 過去のディベートは考慮せず、今回を含めたあと3回のディベートで判断します。

 第13回目のテーマは「未成年の恋愛に賛成?反対?」です。

 まずあらかじめ決めておく必要があるのはこの2つ。
 ➀未成年とは何歳か。
 ➁恋愛の定義

 日本では20歳未満(19歳以下)を未成年者としますが、中国では18歳以下を指します。
 したがって今回は18歳以下、高校生以下を対象に討論してもらいます。
 また恋愛の定義ですが、今回は「付き合うこと」からが恋愛だとしました。

 いつも通り20分くらい作戦タイムを与えていざディベート!

 【賛成派】
 ・人間関係を学べる
 ・お互いの価値観を学べる
 ・未成年の時はみんな恋愛をしたい気持ちがある
 ・人類として正常なこと
 ・せっかくこの世界に生まれてきたのに、なぜ禁止をする必要があるのか
 ・未成年のうちに恋愛をすると、この時に様々な能力を養うことができる
 ・学校も親も反対すれば、子は駆け落ちするかもしれない
 ・法律的に許されている
 ・社会的な能力の向上につながる
 ・美しい思い出として一生残る
 ・大人は地位やお金、学歴などを見て恋愛するため、純粋な子供のうちに恋愛をすることはいいことだ
 ・本来恋愛は個人の自由であるべき
 ・恋愛は勉強に影響するかもしれないが、そもそも勉強するかしないかも自由であるため、それは問題ではない
 ・反対をすること自体が勉強に影響するのでは?
 ・子供の正常な成長に悪影響を与える
 ・幸せになる
 ・恋愛も勉強の一部である
 ・恋愛は精神的に成熟させる効果がある

 【反対派】
 ・学生の仕事は勉強である
 ・恋愛は勉強に対する注意力を分散させる
 ・中国では一般的に禁止されている
 ・お金がかかるし、学生は経済力がない
 ・成年の恋愛こそ本当の恋愛である
 ・中国の大部分の家族は反対をしている
 ・中国の性教育は発達していないので、恋愛を許すと危険性がある
 ・恋愛に費やすエネルギーは大きい
 ・恋人になる必要はなく、異性の友達という立場で十分だ
 ・成熟していない林檎は甘くない
 ・学生の自制力は若いゆえに欠如している
 ・健康に影響する
 ・知能が成熟しない
 ・失恋の時悲しい。これはきっと勉強に影響するだろう
 ・恋愛経験の必要はない
 ・一部の人は恋愛をするが、大多数の未成年は恋愛できていない
 ・未成年の恋愛を認めると、学校や親が正しい方向へ導くことができない

 
 学生にとってより身近なテーマでしたので、意見の交錯が激しかったです。
 このテーマを選んでよかったなと思います。

 以上、13回目の授業でした!