平成29年度, 日本語教育能力検定試験

問1 在留外国人数

 1 中国 665,847人(前年末比+1.7%)
 2 ネパール 54,775人(前年末比+29.4%)
 3 フィリピン 229,595人(前年末比+5.5%)
 4 ベトナム 146,956人(前年末比+47.2%)

 ベトナムは前年末比47.2%増で、ほぼ倍増しています。
 したがって答えは4です。

 参考:法務省:平成27年末現在における在留外国人数について(確定値)

 

問2 地域日本語教育コーディネーター研修

 地域日本語教育コーディネーター研修で必要な5つの能力は以下です。

現状把握・課題設定 在留外国人の状況と施策に対する理解,地域日本語教室の現状及び問題の把握と課題の設定
リソースの把握・活用 日本語教育のリソースの把握と課題に応じた適切な活用
ファシリテーション 課題解決のプロセスの可視化による日本語教育の体制整備に向けた活動の推進
連携(ネットワーク) 組織内外との調整や地域・組織・人の力をつなぐことによる協働の推進
方法の開発 「生活者としての外国人」に適した日本語教育プログラムの実践に向けた方法の開発

 1 リソースの把握・活用
 2 現状把握・課題設定
 3 -
 4 連携(ネットワーク)

 したがって答えは3です。

 参考:地域日本語教育コーディネーター研修 | 文化庁

 

問3 国際交流基金

 1 JICA
 2 国際交流基金
 3 JASSO
 4 SISF

 したがって答えは2です。

 

問4 学習者が減少した国とその理由

中国では2001年に日本の学習指導要領に相当する「全日制義務教育英語課程標準」が制定されて以降、初等教育における英語導入・強化が進み、また中等教育においても外国語科目として英語を選択する機関が増加している。この潮流は高等教育にも及んでおり、今回の調査においては「英語科目の重視が日本語科目の運営に影響を及ぼしている」と回答した機関が多くみられた。このような英語志向の高まりを背景に日本語専攻の学科・学生数が減り、全体の学習者数減少につながった。
 - 『海外の日本語教育の現状 2015年度日本語教育機関調査より』より引用

 したがって答えは1です。

 

問5 日本語教育の実施総数

 したがって答えは1です。

 参考:『海外の日本語教育の現状 2015年度日本語教育機関調査より』

 

平成29年度, 日本語教育能力検定試験

問1 特別の教育課程

 「学校教育法施行規則の一部を改正する省令等の施行について(通知):文部科学省」には、選択肢2と全く同じ文言が含まれています。

 したがって答えは2です。

 

問2 BICSとCALP

 生活言語能力(BICS)とは、生活場面で必要とされる言語能力のことです。コンテクストの支えがあるので認知的な負担が少なく、2年ほどで習得可能とされています。
 学習言語能力(CALP)とは、教科学習などで用いられる抽象的な思考や高度な思考技能のことです。学習の場面では低コンテクストの状態になるため、認知的な負担が大きくなります。習得には5~7年必要だとされています。

 したがって答えは4です。

 

問3 CLARINET

このホームページは、国内外におけるインターネット利用環境がめざましい進展を遂げていることから、文部科学省が中心となって、時間的・空間的な制約を克服した海外子女教育・帰国児童生徒教育関係の教育相談や情報提供並びに海外にある日本人学校・補習授業校と国内の学校及び日本人学校・補習授業校同士などの情報交換等が行えるような場を、広く一般にも提供していくことを目的としています。
 - 海外子女教育、帰国・外国人児童生徒教育等に関する総合ホームページ(CLARINET)について:文部科学省より引用

 したがって答えは1です。

 

問4 JSLカリキュラム

 JSLカリキュラム(中学校)における日本語支援の5つの視点

教育段階 2012年度 2015年度
初等教育 907 1,124
中等教育 8,044 7,615
高等教育 3,403 3,407
語学学校等 3,134 3,441
理解支援 日本語や学習内容の理解を促す支援
表現支援 表現内容の構成や日本語での表現を促す支援
記憶支援 語彙や表現の記憶を促す支援
自律支援 自分で学習する力を高める支援
情意支援 学習への動機付けなど、情意的側面での支援

 したがって答えは1です。

 参考:http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2015/10/06/1235804_002.pdf

 

問5 夜間中学校

 日本語指導が必要な生徒に対する特別の教育課程の編成・実施している夜間中学校は13校あります。
 参考:中学校夜間学級等に関する実態調査について

 したがって答えは2です。

 

平成29年度, 日本語教育能力検定試験

問1 方言札

 選択肢1
 日本では明治以来一貫して国内の支配民族が少数民族の言語や文化、生活様式などを圧殺し、自国民に同化させようとする同化政策が行われ、植民地時代の朝鮮人に日本語や改名を強制、またアイヌ文化やアイヌ語の使用を制限していました。

 選択肢2
 国語講習所とは、戦後在日韓国・朝鮮人が自主的に建設した朝鮮語による民族教育を行うための施設のことです。

 選択肢3
 語尾に「ね」「さ」「よ」をつける話し方をしないように求める運動のことです。

 選択肢4
 方言を話した人に罰として方言札と呼ばれる木札を首に下げさせる方言矯正教育が、特に沖縄で厳しく行われました。

 したがって答えは4です。

 

問2 方言

 1 関西弁などはテレビでも良く使われています。
 2 その通りです。
 3 否定的に捉える傾向が強いのではないかと思います。
 4 その通りです。

 したがって答えは3です。

 

問3 方言コスプレ

 方言コスプレとは、自分が演じたい人物像や雰囲気に合わせて方言を用いることです。
 したがって答えは4です。

 

問4 新方言

 新方言とは、若い人が方言から取り入れた標準的ではない言い方を使う現象のことです。

 ネオ方言とは、標準語と方言の混淆形式として生まれた中間的な言い方のことです。方言の「けーへん」、標準語の「こない」が混淆して「こーへん」となるのが代表的な例です。

 したがって答えは4です。

 

問5 様々な取り組み

 選択肢1
 提供されています。
 参考:保健・医療・福祉用 方言データベース

 選択肢2
 行われていません。

 選択肢3
 開催されています。
 危機的な状況にある言語・方言サミット | 文化庁

 選択肢4
 青森県八戸市の「おんでやんせ八戸」などに見られるように、観光誘致に方言が用いている地域もあります。

 したがって答えは2です。