日本語コラム

 「~てくる」と「~ていく」の違いについて2回に分けて紹介します。
 今回はその1回目で、初級・中級の方々は最低限知っておくべき部分をまとめたいと思います。

「行く」と「行ってくる」の違い

  (1) 学校に行く。
  (2) 買い物に行く。
  (3) 学校に行ってくる。
  (4) 買い物に行ってくる。

 まずは「行く」と「行ってくる」について。
 「行く」はある地点から別の地点への一方向の移動を表します。

 「行ってくる」は往復の移動を表します。つまり、ある地点から別の地点へ行った後、そこからまた元の場所に戻ります。
 (3)は家から学校に行って、一定時間を挟み、学校から家に戻る意思があることが分かります。

  (5) (ゴミ捨て場へゴミ捨てに)ちょっと行ってくるね。
  (6) (留学のため空港で別れる際)行ってきます。

 「行ってくる」は、すぐに戻るとは限りません。
 (5)のように家からゴミ捨て場まで数分であっても使うことができますし、(6)のように留学して何年も帰って来ない場合でも問題ありません。
 いずれにしても本人に「戻る意思」があれば、挟む時間が短期的か長期的かに関わらず使えます。

  (7) 家出する。
  (8)✕家出してくる。
  (9)✕死んでくる。

 したがって、もう戻ってこないことが前提である「家出」は、(8)のように「家出してくる」と言うと正しくありません。
 (9)も同様、一度死んだら戻ってこれませんので原則非文です。
 ただし、文脈によっては「死んで幽霊になって戻ってくる」という意味も表せますので絶対間違いであるとは言い切れません。

 

いろいろな言い方

 「~てくる」「~ていく」以外にもいくつかの言い方があります。

  (9) 人民公園で食べてくる。
  (10) 人民公園で食べていく。
  (11) 人民公園に食べに行く。
  (12) 人民公園に行って、食べる。

 この4種類は意味が少しずつ異なっていますので学習者にとっては混乱しやすい部分です。

 (9) 今いるところから人民公園に行って、そこで食べて、また元いた場所に戻ります。
 (10) 今人民公園にいて、そこで食べてから別のところに行くことを表しています。
 (11) 「食べにいく」の「に」は移動の目的を表し、ここでは「食べるために行く」という意味になります。
 (12) 今いるところから人民公園に行って、食べるという順次的動作を表しています。

 (9)と(10)は格助詞「で」をとり、(11)と(12)は格助詞「に」をとりますので注意してください。

 

「いってきます」と「いってらっしゃい」

 どこかに行く時の挨拶に「いってきます」、それに対する返答に「いってらっしゃい」があります。
 これもまた往復の移動を表しています。

  (13) いってきます(行く+来る)
  (14) いってらっしゃい (行く+「来る」の尊敬語)
  (15)✕いってらっしゃい

 「いってらっしゃい」は、「行く」と「来る」の部分に分けられます。
 「来る」の尊敬語は「いらっしゃる」です。
 「行く」と「いらっしゃる」が接続されて、「いってらっしゃい」となりました。
 (15)のような言い方は不適切で、通常途中の「い」は省略されて言われます。

  (16) いってこい
  (17) いってらっしゃいませ

 (16)は来るの命令形「こい」を接続した形です。
 (17)は「ませ」をつけて更に丁寧にした形です。旅館などで宿泊客を送り出すときに用いられたりします。

 

まとめ

 「行ってくる」は往復の移動を表しますので、戻る意志がある時に用います。
 戻るまでの時間は短くても長くても、どちらでも構いません。

 そもそも戻ることが前提でない動詞には接続できません。
 「家出」「死ぬ」等々…

 以上です。

日本語コラム

 前件で原因や理由を受けて後件で結果を導く接続詞はいくつもありますが、ここでは「だから」「それで」「そこで」の違いについてまとめます。
 N5、4で学ぶ「だから」は最も一般的ですが、学習者にとって「それで」と「そこで」は混同しやすいので注意が必要です。

だから

  (1) 風邪をひいた。だから、出掛けずに部屋にいた。
  (2) 大会が近い。だから、毎日練習している。
  (3) 料理を作った。だから、手を洗った。

 (1)は「風邪をひいた」という原因により、自分から「出掛けずに部屋にいる」という判断を下しています。(2)も(3)も同様です。
 「だから」は何か理由を述べる時に、その原因と理由の因果関係を強調したい時に使います。
 その人の意思・主張・判断を明示するので主観的です。

 

それで

  (4) 風邪をひいた。それで、病院に行った。
  (5) 大会が近い。それで、毎日練習している。
  (6) 料理を作った。それで、手を洗った。

 (4)では「風邪をひいた」という原因により、後件の「病院に行く」という行為を選択しました。
 他にも薬を飲んだり、横になったり、仕事を休む等の選択肢がある中で「病院に行く」という選択をしています。
 個々の状況に基づいて様々な判断を下すことが可能な状況下です。

  (7)✕携帯が鳴った。それで、トイレに行った。

 前件と後件は客観的な因果関係がなければ「それで」を使うことはできません。

 

そこで

  (8) 風邪をひいた。そこで、薬を飲んだ。
  (9) 大会が近い。そこで、毎日練習している。
  (10) 料理を作った。そこで、手を洗った。

 (8)は「風邪をひいた」という原因により、後件で「薬を飲む」ことを選択しました。
 「それで」とは異なり、それ以外の選択肢の存在は感じられません。
 前件の問題を解決するための意志を表す場合に「そこで」を使います。

  (7)✕携帯が鳴った。それで、トイレに行った。
  (11) 携帯が鳴った。そこで、トイレに行った。

 「それで」は前件と後件の客観的な因果関係がなければ使えなかったのに対し、「そこで」は客観的な因果関係が無くても使うことができます。
 携帯が鳴りトイレに行くのは客観的に見ると不可解ですが、「そこで」には後件の目的を聞き手に想像させる性質があるため非文にはなりません。

 日本語のネイティブスピーカーが(11)を見ると、「携帯が鳴り、通話の内容を他の人に聞かれたくないので誰もいないトイレに向かった。」や「その人はトイレで通話する習慣がある。」など、後件には何かしらの理由や目的があるのだと想像できます。
 これは暗示されているもので、その想像は聞き手によって異なります。ですから客観的な因果関係は「そこで」には必要ありません。

 

「だから」「それで」「そこで」の違い

 「だから」は話者の意思・主張・判断を明示するので主観的な表現です。
 原因と理由を強く言いたいときに使います。

 「それで」は前件の原因を前提として話者の意思で選択できる行為が後件で表される場合に使います。
 この3つの中で客観的な事柄を述べる場合は「それで」を使います。

 「そこで」は前件の問題を改善/解決するための意志的動作がくる場合に使います。
 前件と後件には客観的な因果関係が無くてもよく、その場合は後件の目的を聞き手に想像させる性質を持ちます。

 
 【参照】「だから」と「それで」と「そこで」の使い分け

 
 以上です。

日本語コラム

 「ばかり」の用法で「名詞+ばかり」と「動て形+ばかり」の2種類の違いは何ですかと質問を受けました。
 調べてみましたのでまとめます。
 同じ疑問を持つ方のお役に立てたら嬉しいです。

ばかり

  (1) うちの子はゲームばかりやっている。
  (2) うちの子はゲームをやってばかりいる。

 この2つの例文には異なる接続の「ばかり」が使われています。
 (1)は「名詞+ばかり」で、(2)は「動て形+ばかり+だ(いる)」です。

 (1)の「ばかり」は同種の物がたくさん存在していることを表しています。
 (2)は同一の動作がたくさん繰り返されていることを表しています。
 接続こそ異なりますが、この2つの例文の意味は同じです。

 

名詞+ばかり

  (3) お菓子ばかり食べている。
  (4) 彼女ばかりと話している。
  (5) 若いころは喧嘩ばかりしていた。

 「ばかり」はその範囲を限定する意味を持ちますので「だけ」と似ています。
 なので、この用法のときの「ばかり」は「だけ」と言い換えることもできます。

  (6)◯お菓子だけ食べている。
  (7)◯彼女だけと話している。

 しかし、「ばかり」はその程度が過ぎていたり、話者の印象が良くない対象に対して使われます。
 したがって明らかに否定的なニュアンスのある文では「ばかり」を「だけ」に言い換えることはできません。

  (8)✕若いころは喧嘩だけしていた。
  (9)✕文句だけ言っている。

 

動て形+ばかり+だ/いる

  (10) お菓子を食べてばかりいる。
  (11) 彼女と話してばかりだ。
  (12) 若いころは喧嘩してばかりだった。

 この「ばかり」は動て形に接続して、後ろには「だ」や「いる」が来ます。
 その動詞の動作がたくさん繰り返されることを表します。
 こちらは「だけ」に言い換えることはできません。

  (13)✕お菓子を食べてだけいる。
  (14)✕彼女と話してだけだ。
  (15)✕若いころは喧嘩してだけだった。

 こちらもその程度が過ぎていたり、話者の印象が良くない対象に対して使われます。

  (16) お肉を食べてばかりいると太るよ。
  (17) うちの子は勉強してばかりいる。(勉強しすぎていることに懸念)

 

まとめ

 「~ばかり食べる」と「~を食べてばかり」
 2つの意味は全く同じですが、何を強調するかが違うだけです。
 お菓子を話題にしたい場合は”お菓子ばかり”、食べるを強調したい場合は”食べてばかり”と言うだけです。
 
 「名詞+ばかり」は肯定的なニュアンスの文に限り「名詞+だけ」に言い換えることができます。否定的な文は言い換えることはできません。
 これは「ばかり」の持つ元々の悪い語幹に起因しています。

 以上です。