日本語コラム

 逆説を表す文法に「~ものの(N2)」と「~ものを(N1)」があります。
 たった1文字しか違いませんが、ニュアンスも用法も大きく異なります。

ものの

 既に発生したこと対して用います。意味は「しかし」とほぼ同じですが、それよりも硬い表現です。
 前項では事実を述べて、後項には前項に対応する事柄がまだ行われていないか、通常起こらない、起こりそうにないことを述べます。
 (1)(2)のように、後項には自信がなかったり、実現困難なことが続くことが多いです。

  (1) 五十音を発音できるようになったものの、書けと言われれば自信がない。
  (2) 歩いて帰ると言ったものの、雨が降ってきたので結局タクシーで帰った。
  (3) 頭から落ちたものの頭部は骨折しなかった。
  (4) 着替えたものの、どこにも行きたくない。

 

ものを

 既に発生したことに対する仮定や可能性について述べます。
 その仮定が実行されなかったことに対する不満、後悔、残念などのニュアンスを持ち、その事柄の結果に対して不満を感じているときによく用います。
 「のに」に言い換えることができますが、「のに」よりも硬い表現です。

  (5) 黙っていればいいものを、なぜ自分から話すようなことをしたのか。
  (6) 車で行けばいいものを、歩いていくからそんなことになるんだ。

 後項は省略可能なので、「~ものを。」で文を終わらせることができます。

  (7) 薬を飲めばすぐ治るものを。(意地張って飲まないから悪化したんだ)
  (8) 教えてくれたらすぐ助けにいったものを

 

まとめ

 「~ものの」は自信がない、実現困難なニュアンス。
 「~ものを」は不満のニュアンス。後件は省略可。

 どちらの文法にも含まれている「もの」は形式名詞なので、それに接続する形は名詞修飾形になります。
 したがって動詞、な形容詞、い形容詞の名詞修飾形であればいずれも接続できます。

 以上です。

日本語コラム

 目的・目標を表す副詞節に「~ために」と「~ように」がありますが、学生にもよく混同が見られます。
 特に「~ように」は、目的以外にも比喩や例示の用法もありますので使いにくいのでしょう。
 「~ように」を使うべき場面で「~ために」を多用するケースが多いので、用法をちゃんと身に付けたいところです。

ために

 「名詞+の+ために」と「辞書形+ために」の2種類の接続ができます。
 動詞を接続する場合はそのほとんどが辞書形で、ない形に接続するのは非常に稀です。
 ない形に接続したい場合は、後述する「~ように」を用います。

  (1) 明日のために早く寝る。
  (2) 答弁の矛盾を隠すために文書を偽装する。
  (3)✕忘れないためにメモしておく。
  (4)◯忘れないようにメモしておく。

 自分の意志で実現可能な動作を表す意志動詞に接続します。
 前件には目的や目標、後件にはそれを達成しようとする動作がきます。
 この時、前件と後件の主語は同一でなければいけません。
 また「に」は省略できます。省略するとやや硬いニュアンスになります。

  (5) 勝つためには手段を選ばない。
  (6) 勉強のとき集中するため、音楽を聴いている。

 

ように

 無意志動詞の場合は辞書形に、それ以外の場合は可能形やない形に接続します。
 無意志動詞とは自分の意志では実現不可能な動詞、「降る」「忘れる」「なる」「できる」などです。

  (7) お腹冷えないように気をつける。
  (8) みんなに聞こえるように大きい声で話してください。
  (9) 可愛くなれるように努力する。

 前件には目的や目標、後件にはそれを達成しようとする動作がきます。
 前件と後件の主語は同一である必要はありません。
 また「に」は省略できます。省略するとやや硬いニュアンスになります。

  (10) 皆様の支えに少しでもなれるよう頑張ります。
  (11) 忘れ物をしないよう注意してください。

 

まとめ

 意志動詞は「~ために」、無意志動詞は「~ように」
 動ない形に接続したいときは「~ように」を使う。
 「~ために」の前後の主語は一緒。「~ように」は一緒でなくてもいい。

 以上です。

日本語コラム

 「~てくる」と「~ていく」の違いについて2回に分けて紹介します。
 今回はその2回目で、かなり専門的な内容ですので中級以上の方々向けです。

「~てくる」 7つの用法

(1)移動時の状態

  (1) 家まで走ってくる
  (2) 天気が悪いからタクシーに乗ってきた
  (3) タイヤがパンクしたので、自転車を引っ張ってきた
  (4) 階段でゆっくり下りてきた

 移動に関する動詞に接続して、どのような動作で、どのような手段で移動が行われたかを表します。

 

(2)順次的動作

  (5) 予約をしてきますので、ここで待っていてください。
  (6) 友達に家に遊びにいってきます
  (7) 途中偶然友人に会って話してきたから遅くなった。

 順次的動作の用法の時、「~てくる」は文字通り「~てから来る」という意味です。
 (5)ではまず予約をしに行って、そして戻る(来る)という物事の順序を表します。
 必ず意志動詞に接続して、その動作が完全に終わった後に「来る」が行われます。

 

(3)動作の継続(過去から現在まで)

  (8) ずっと努力してきたのに、なかなか結果が出ない。
  (9) 何百年も前から続いてきたこの伝統を、これからも守っていく。
  (10) 大学を卒業して以来、ずっとここで仕事をしてきました

 意志動詞に接続して、その動作が過去のある時点から現在まで持続していることを表します。
 必ず過去形「~てきた」の形をとります。

 

(4)少しずつ近づく

  (11) 二人の距離は近づいてきた
  (12) ご主人様が戻ってこられました
  (13) うちの子はお腹がすくとすぐ帰ってくる

 対象が話し手へと徐々に近づくことを表します。
 (11)は物理的な距離のみならず、精神的な距離としても解釈できます。

 

(5)状態変化の開始

  (14) 高齢者人口はどんどん増えてきている。
  (15) ここ数日の大雪で雪が積もってきた
  (16) 最近暑くなってきた

 無意志動詞に接続して、変化が開始したことを表します。
 どんどん、だんだんなどの副詞と呼応して用いられることが多いです。

 

(6)出現

  (17) 太陽が地平線から昇ってきた
  (18) 歯が生えてきた
  (19) 新年度になり新しい学生がやってきた

 無意志動詞に接続して、元々存在していなかった、あるいは話し手が見えていなかったものが見えるようになることを表します。
 どんどん、だんだんなどの副詞と呼応して用いられることが多いです。

 

(7)こちらへの一方的な動作

  (20) 知らない人が話しかけてきた
  (21) 猫が噛み付いてきた

 話し手、あるいは話し手が見ている人に対して一方的な動作が行われることを表します。

 

「~ていく」 7つの用法

(1)移動時の状態

  (22) 教室まで歩いていく
  (23) 天気が悪いからバスに乗っていきましょう。
  (24) タイヤがパンクしたので、自転車を引っ張っていった
  (25) 川をカヌーでゆっくり下っていく

 移動に関する動詞に接続して、どのような動作で、どのような手段で移動が行われたかを表します。

 

(2)順次的動作

  (26) 先にこの仕事をすませていきます。
  (27) 遠慮せずに泊まっていってください。
  (28) とりあえずここで休憩していこう

 順次的動作の用法の時、「~ていく」は文字通り「~てから行く」という意味です。
 (26)ではまず仕事を終わらせて、そして行くという物事の順序を表します。
 必ず意志動詞に接続して、その動作が完全に終わった後に「行く」が行われます。

 

(3)動作の継続(未来へ)

  (29) 以後も変わらず努力していく
  (30) 就職しても趣味のマラソンは続けていくつもりだ。
  (31) これからもここで生きていく

 意志動詞に接続して、その動作がその後も将来にかけて継続することを表します。

 

(4)少しずつ遠ざかる

  (32) 心はどんどん離れていった
  (33) アリは自らの巣に戻っていきました
  (34) 授業が終わると学生はすぐに帰っていきました

 対象が話し手から徐々に離れることを表します。
 物理的な距離のみならず、(32)のように精神的な距離でも使うことができます。

 

(5)状態変化の進展

  (35) 高齢者人口は今後もどんどん増えていく
  (36) 雪が積もっていく
  (37) これからますます寒くなっていくだろう。

 無意志動詞に接続して、変化が進行していることを表します。
 どんどん、だんだんなどの副詞と呼応して用いられることが多いです。

 

(6)消失

  (38) 太陽が地平線に沈んでいった
  (39) 覚えたそばから忘れていく
  (40) 学生が卒業していくのは寂しくてたまらない。

 無意志動詞に接続して、元々存在していた物事が話し手の視界から消えることを表します。
 最後は完全に消えて見えなくなります。
 どんどん、だんだんなどの副詞と呼応して用いられることが多いです。

 

(7)こちらからの一方的な動作

  (41) 道行く人に次から次へと声をかけていく
  (42) 手当たり次第に聞いていこう

 話し手から、あるいは話し手が見ている人から他の対象に対して一方的な動作が行われることを表します。

 

動作の継続の違い

  (8) ずっと努力してきたのに、なかなか結果が出ない。(過去から現在まで努力している)
  (29) 以後も変わらず努力していく。(今後も努力する)

 「~てくる」は過去から現在までの動作の継続・持続を表します。必ず過去形「~てきた」の形をとります。
 「~ていく」は未来への動作の継続・持続を表します。

 

「~てくる」は近づき、「~ていく」は遠ざかる

  (11) 二人の距離は近づいてきた
  (32) 心はどんどん離れていった

 「来る」は対象がこちらへ移動し、「行く」は対象がこちらから離れるという動詞が本来持っている方向性が影響して、「~てくる」は近づくこと、「~ていく」は遠ざかることを表しています。
 物理的な距離のみならず、精神的な距離にも使うことができます。

 

「~てくる」は変化の開始、「~ていく」は変化の進展

  (16) 最近暑くなってきた
  (37) これからますます寒くなっていくだろう。

 「~てくる」は状態の変化が始まったときに用います。
 「~ていく」は状態の変化が既に始まっていて、その変化がさらに進行することを表します。
 具体的にはこのような違いがあります。

 2人で散歩中、初めは静かなところを歩いていたが、突然進行方向からの騒音。
  「なんだかうるさくなってきたね。」
 その騒音が鳴る方へ進んでいく。
  「どんどんうるさくなっていくね。」

 騒音が初めて聴こえた時点 → 「うるさくなってきた」(変化の開始)
 近づくにつれて音が徐々に大きくなる → 「うるさくなっていく」(変化の進展)

 

「~てくる」は出現、「~ていく」は消失

  (17) 太陽が地平線から昇ってきた
  (38) 太陽が地平線に沈んでいった

 「~てくる」では見えなかったものが現れます。完全に見えなかったものが見えるようになります。
 「~ていく」では見えていたものが消えていきます。最後は完全に見えなくなります。

  (43) 彼の考えていることが分かってきた

 目で見る視覚的なもの以外にも使えます。

 

一方的な動作の方向の違い

  (21) 猫が噛み付いてきた
  (41) 道行く人に次から次へと声をかけていく

 「~てくる」は話し手、あるいは話し手が見ている人に対して一方的な動作が行われることを表します。
 「~ていく」は話し手から、あるいは話し手が見ている人から他の対象に対して一方的な動作が行われることを表します。

 

まとめ

 「来る」と「行く」の動詞本来が持つ性質や方向性が残っている用法もありますが、持続や状態の変化ではその本来の性質が失われています。
 ①②④は「~て来る」「~て行く」と漢字を使い、それ以外は平仮名で表されることが多いです。
 しかし漢字を使うか平仮名を使うかはあまり重要ではありませんので特に注意する必要もありません。

 以上です。