日本語コラム

 Perfume「1mm」は今から5年前にリリースされた曲です。
 当時チョコラBBプラスのCMソングとなってて今でもその印象が強く残ってます。
 ちょっと聴いてみてください!

 この曲のある部分の言葉がすっごく面白いんです。気付きました?
 5年も経ってるから今さらなんですけどね。

 

「もういい くないよ」

 「もういい くないよ」は1mmの歌詞の一部です。

 とりあえず日本語教師として真面目に書きますと…

 ここで使われている「いい」はい形容詞。通常い形容詞は最後の「い」を取り除いた部分が語幹とされ、否定形は”語幹+くない”として表されます。例えば「寒+くない」など。
 しかし、い形容詞の中でも「いい」は特別で、否定形の時は「よ+くない」となります。つまり語幹が変化します。初級の学習者なら間違えやすいところですね。

 でも歌詞では「もういい」の後に「くないよ」と来てます。
 文法的に見れば変ですが、ここではなんで使われてるんでしょ?

 

「くないよ」はとっさの否定

 曲を聴いてもらえれば分かる通り、この「もういい」と「くないよ」の間にはわずかに間(ま)があります。
 この間(ま)が意味するものはとっても大きいんです。

 例えば最初は「もういい」と思っていてそれを口にした瞬間、やっぱり違うと思ったらどう訂正しますか?

 普通なら「やっぱりよくない」と言い直すはずです。
 そしてそれを更に省略したのが「くない」。かなりとっさの判断の時に用いられます。

 ですからこの歌詞で「もういい」と言った時点では本当にそう思っていますが、言い終わった瞬間に考え方が変わってとっさに否定「くないよ」と言ったと推測されます。

 このような言い方は会話の中でも可能です。試験では高確率でダメ。
  ・「うま!…くないね」 (食べ物食べた瞬間)
  ・「仕方ない…くないわ」
  ・「簡単…じゃないな。」

 い形容詞:「くない」
 な形容詞:「じゃない」
 名詞:「じゃない」
 動詞:「ない」

 要するに文法が間違っているわけではなくて、そこには作詞の中田ヤスタカさんの豊富な表現力が多いに詰まっているんですね。
 とっさだと難しいですが、もし覚えてたら使ってみてください!

 

日本語コラム

 教科書では疑問文にするとき文末に「か」をつけると習いますが、疑問文にするには多くの方法があります。
 ここではその内の一つ、疑問、質問をするときに使える終助詞「の」を紹介します。

 

疑問の終助詞「の」

 疑問の終助詞「の」は、意味としては「か?」と同じです。
 基本的には女性や子供がよく使い、友人など親しい間柄でも使われます。

  (1) これは誰が歌ってる曲ですか?
  (2) これは誰が歌ってる曲なの?
  (3) テニスのどこが難しい?
  (4) テニスのどこが難しいの?
  (5) 私はまだ君の中で彼女なの?

 女性や子供がよく使うことから、優しさや子供っぽさ(可愛らしさ)のニュアンスがあります。ですから文全体の印象は「か?」を使うよりも柔らかめになります。

  (6) なんで宿題しなかったんだ? (語気が強め)
  (7) なんで宿題しなかったの? (柔らかめ)
  (8) 何食べたいの? (柔らかめ)

 女性や子供のみならず、相手の未熟さ、子供っぽさなどを認めている場合にも使えます。
 例えば50歳の上司が30歳の部下に対して「の」を使う場合も十分ありえます。
 この性質上、立場が上の人から下の人へは自由に使うことができます。目上の人には使えません。

  (9) どうして遅刻したの?
  (10) この前お願いしたあの件、今どうなってるの?
  (11) なんで宿題しなかったの?

 

疑問の終助詞「の」の接続

 名詞 + なの? (あれは何なの?)
 な形容詞語幹 + なの? (卵好きなの?)
 い形容詞 + の? (一人は寂しいの?)
 動詞普通形 + の? (ご飯食べたの?)

 名詞とな形容詞語幹には「なの」を、い形容詞は直接「の」を接続します。
 動詞は名詞修飾形であれば何でも接続できます。

  (12) 歴史ってどう勉強するのが正解なの?
  (13) もしかしてあの人は君の母なんじゃないの?
  (14) これからどうするの?
  (15) どうしたの?

 

その他

 友達に「ですか?」と使っていては硬い表現ですから、女性なら特に覚えて身に付けておきたい表現です。
 目上の人に使うことができませんので、この点だけ注意してください。

 
 以上です。

 

日本語コラム

 日本語コラムも第50回目になりました。今回は「太る」と「太い」の違いについて。
 ダイエットなどの話になると使われる頻度が高いこの単語ですが、実は中国人が比較的間違えやすい言葉です。

 ついこの間も学生が「食べ過ぎた、太くなった」とツイートしてるのを見ました。
 これは変な日本語に聞こえます。

 

太る(ふとる)

 体に肉や脂肪が厚くつくことを表す動詞です。
 「体」と言ってますので対象は人や動物だけです。物には脂肪等つきませんから使うことができません。

  (1) 食べ過ぎは太る原因になるので、気を付けてください。
  (2) カロリーゼロは人工甘味料の影響で太りやすいらしい。
  (3) 猫ちゃんが太ってきた。
  (4)✕この木はすごく太っている。

 (4)は人や動物ではないので間違いです。
 ちなみに太るには明確な基準はないので、それが太っているかどうかは個人の主観によって判断されます。

 

太い(ふとい)

 長さのわりには周りの長さや幅が大きいことを表すい形容詞です。
 こちらは人にも物にも使うことができます。

  (5) 足が太いと見苦しくみえる。
  (6) 私のほうが腕太いはずなのに腕相撲で負けた。
  (7) 眉毛が太い。
  (8) この木はすごく太い。

 「太い」とは脂肪があって大きい以外にも、筋肉量が多かったり、何かしらの病気等で大きい等の場合も含まれます。
 ですから脂肪が多いことを指しているとは限りません

 

「太る」と「太い」の違い

 「太る」は、人や動物の体全体が脂肪で大きくなっていること
 「太い」は、体全体を除き、単純に周囲が長くて幅が大きいこと

 まず、体全体を指すときは「太る」です。

  (10) 最近食べ過ぎて太ってきた。
  (11) エサをもらって太り始めた猫。

 したがって記事冒頭の「食べ過ぎた、太くなった」は間違い。
 自分の体全体の事を指すなら動詞の「太る」を使うべきです。

  (12)✕食べ過ぎて太くなった。
  (13) 食べ過ぎて太った。

 体全体ではなく、腕や足、指など体の一部分を指す場合「太る」はダメ。
 この時は普通「太い」を使います。

  (14)✕脚が太った。
  (15) 脚が太くなった。
  (16)✕上腕二頭筋が太ってきた。
  (17) 上腕二頭筋が太くなった。

 同様に、物に対しては動詞「太る」を使うことはできません。
 必ず「太い」を使います。

  (18)✕太ったキュウリ
  (19) 太いキュウリ
  (20)✕太った丸太
  (21) 太い丸太

 

その他

 混乱を避けるためにあまり言いたくないのですが、体全体を指していても単純な太さの比較をするなら「太い」が使えます。

  (22) あの木よりお前の方が太いぞ。

 書いててすごく複雑になっちゃいました。
 お分かりいただけましたか。正直私も混乱してます…。