日本語コラム

 日本語コラムも第50回目になりました。今回は「太る」と「太い」の違いについて。
 ダイエットなどの話になると使われる頻度が高いこの単語ですが、実は中国人が比較的間違えやすい言葉です。

 ついこの間も学生が「食べ過ぎた、太くなった」とツイートしてるのを見ました。
 これは変な日本語に聞こえます。

 

太る(ふとる)

 体に肉や脂肪が厚くつくことを表す動詞です。
 「体」と言ってますので対象は人や動物だけです。物には脂肪等つきませんから使うことができません。

  (1) 食べ過ぎは太る原因になるので、気を付けてください。
  (2) カロリーゼロは人工甘味料の影響で太りやすいらしい。
  (3) 猫ちゃんが太ってきた。
  (4)✕この木はすごく太っている。

 (4)は人や動物ではないので間違いです。
 ちなみに太るには明確な基準はないので、それが太っているかどうかは個人の主観によって判断されます。

 

太い(ふとい)

 長さのわりには周りの長さや幅が大きいことを表すい形容詞です。
 こちらは人にも物にも使うことができます。

  (5) 足が太いと見苦しくみえる。
  (6) 私のほうが腕太いはずなのに腕相撲で負けた。
  (7) 眉毛が太い。
  (8) この木はすごく太い。

 「太い」とは脂肪があって大きい以外にも、筋肉量が多かったり、何かしらの病気等で大きい等の場合も含まれます。
 ですから脂肪が多いことを指しているとは限りません

 

「太る」と「太い」の違い

 「太る」は、人や動物の体全体が脂肪で大きくなっていること
 「太い」は、体全体を除き、単純に周囲が長くて幅が大きいこと

 まず、体全体を指すときは「太る」です。

  (10) 最近食べ過ぎて太ってきた。
  (11) エサをもらって太り始めた猫。

 したがって記事冒頭の「食べ過ぎた、太くなった」は間違い。
 自分の体全体の事を指すなら動詞の「太る」を使うべきです。

  (12)✕食べ過ぎて太くなった。
  (13) 食べ過ぎて太った。

 体全体ではなく、腕や足、指など体の一部分を指す場合「太る」はダメ。
 この時は普通「太い」を使います。

  (14)✕脚が太った。
  (15) 脚が太くなった。
  (16)✕上腕二頭筋が太ってきた。
  (17) 上腕二頭筋が太くなった。

 同様に、物に対しては動詞「太る」を使うことはできません。
 必ず「太い」を使います。

  (18)✕太ったキュウリ
  (19) 太いキュウリ
  (20)✕太った丸太
  (21) 太い丸太

 

その他

 混乱を避けるためにあまり言いたくないのですが、体全体を指していても単純な太さの比較をするなら「太い」が使えます。

  (22) あの木よりお前の方が太いぞ。

 書いててすごく複雑になっちゃいました。
 お分かりいただけましたか。正直私も混乱してます…。

 

日本語コラム

 今日学生から見物見学の違いについて質問されました。
 詳しく調べてみましたのでここにまとめます。

 

見物(けんぶつ)

 催しや名所などを見て楽しむことを表します。字の通り物を見る。つまりただ見ているだけのことを指します。

  (1) 今日の上野は好天に恵まれ、爽やかな青空の元で見物する事が出来ました。
  (2) 砲丸投げを見物する客たちの顔は、それはもう雑然としております。
  (3) この街に見物する所はありますか?
  (4) この周辺の家は、自宅から花火を見物できるようなベランダの作りになっています。

 見物が含まれる慣用句「高みの見物を決め込む<」は高いところから見物する様子から転じて第三者として事態を傍観するという意味を持ちます。
 最近ではネットでも良く使われるようになり、一部見下す、蔑むのような意味合いで使われてもいます。

  (5) 苦しんでる時に高みの見物のように応援してるよとか言われて腹が立った。
  (6) 化学84点のわい高みの見物。

 ここから派生して「低みの見物」という表現もあります。※これは試験には絶対出題されません!
 「高みの見物」をもじることであたかも自分が傍観者であるかのようなニュアンスを残しつつ、「低み」で自分自身が問題の渦中に居ることを述べている皮肉めいた自虐的表現です。多くは自分が他人より不遇であったり、条件が悪かったり、劣っている点と一緒に使われます。

  (7) AT車しか持ってない私、低みの見物。
  (8) 中学校高校共に帰宅部のワシ、低みの見物。

 ちなみに読み方が「みもの」となれば名詞になり、それが見る価値のあるものであることを表します。
 他人に対して使うこともできますし、自分に対して使うこともできます。

  (9) どこまでその嘘が通用するのか見物だ。
  (10) どういう反応するのか見物だな。

 

見学(けんがく)

 意味は2つ。
 一つは見ることでそこから何かを学んだり知識を広めること。字の通り見て学ぶ。
 もう一つは体育の授業で体調不良等を理由に休むことです。

  (11) 小学校を見学に行かなくてはいけない。という訳で早々電話して見学日も決まりました。
  (12) 原爆ドーム見学してみたい。
  (13) 金曜日、バレーボール部見学行ってみようかな。
  (14) 今日はわたしが風呂入ってる間ずっとねこが見学してた。
  (15) 茶道研究会では、一年を通じていつでも見学を歓迎しております。

 

「見物」と「見学」の違い

 見物(けんぶつ)は、ただ見て楽しむことです。
 見学(けんがく)は、見て何かを学ぶことです。

 

その他

 「見物」と似ている意味を持つ言葉に「旅行」「観光」もあります。
 具体的な場所を述べて旅行と同じ意味合いで使うときはどれでもいいです。

  (16) 明日からの東京見物すごく楽しみ。
  (17) 明日からの東京旅行すごく楽しみ。
  (18) 明日からの東京観光すごく楽しみ。

 ただし見て眺めるだけのもの、桜、花火、祭りなどは当然ながら旅行と観光は使えません。

  (19) 和船に乗っての桜見物が大人気。
  (20)✕和船に乗っての桜旅行が大人気。
  (21)✕和船に乗っての桜観光が大人気。

 
 お役に立てたら嬉しいです。

 

日本語コラム

 先日作文の授業で「自分の好きなところ」というテーマを出しました。

 私は「自分が思う自分の良いところ」という出題意図でこのテーマとしたんですが、しかし学生たちは「実家」「寮」「近くのお店」などと書いていてびっくり。

 その時気付きました。
 そっかこのテーマは2つの意味があるんだ…

 

所(ところ)

 「所」にはいろんな意味あります。

 1.物理的な空間、領域、場所(集団)
  (1) 夏休みはおばあちゃんのところに行く。
  (2) 暗いところを一人で歩くときは気を付けてください。

 2.あるものや状況に関する性質の一部分
  (3) 彼のそういう勇敢なところには感心させられる。
  (4) 彼女の好きなところはどこですか?

 3.経過の状態、場面、局面
  (5) 良いところだったのにセリフが棒読みで興ざめした。
  (6) できるところから始めてみてください。

 およそ大きく3つに分けられ、いずれも口語では「とこ」と省略して言うこともできます。
 文法に接続する「ところ」については省略しました。

 

「自分の好きなところ」の意味

 というわけで「ところ」にはいくつもの意味があるんですよね。

  (7) 自分の好きなところ

 なのでこの「ところ」の考えられる意味は2つ。
 1つは自分の性格や外見などのあらゆる特徴など、もう1つは物理的空間を指しています。

 文脈がなく突然こう聞かれれば二通りになってしまって確かにどちらか分からなくなります。
 学生と私の間で認識に齟齬が生じたのはこれが原因でした。

 じゃあ文脈に頼らず明確に伝えるためにはどう言えばいいか。
 まさしく好きな場所を問いたいのであれば「場所」を使えばいいです。性質を問うなら「自分のどんなところ」と言えば間違いありません。

  (8) 自分の好きな場所はどこですか? - 近くの喫茶店です。
  (9) 自分のどんなところが好きですか? - 外向的なところです。

 ちなみに疑問詞を加えても答えは変わりません。

  (10) 自分の好きなところはどこですか? - 外向的なところです。
  (11) 自分の好きなところはなんですか? - 外向的なところです。

 このようにこの言い方は、文脈がないと的確に伝えることができなさそうなんです。

 

作文のテーマはほとんどが名詞

  〇「わたしの家族」
  〇「夏休みの思い出」
  〇「大人になったらしたい事」

 作文のテーマはいずれも名詞です。どれだけ長くなっても文全体で名詞になるような接続をします。
 ですからこのようなテーマはなんか変に感じます。

  ✕「あなたの家族を紹介してください」
  ✕「夏休みの思い出は何ですか?」
  ✕「大人になったら何をしたい?」

 名詞化されていない「自分のどんなところが好き?」はテーマとして不適切。だから「自分の好きなところ」としました。これが後の誤解を生む原因となってしまったんですねー…。

 仮にちゃんと口頭で説明したとしても2通りの解釈があるのはテーマとして駄目!
 学生を混乱させてしまって結構反省してます。
 以後ちゃんと確認しよ。