文法

説明

接続

 動詞辞書形+ことがある/こともある
 動詞ない形+ことがある/こともある
 

意味

 有时…
 

解説

 動詞の辞書形あるいは否定形に接続して、時々、あるいはたまに発生することを表します。
 「今でも」「たまに」「ときどき」「まれに」などと呼応したりします。
 

例文

 (1) 寝ている時、いまでもおしっこを漏らすことがある。
     (即使现在也有睡着了尿床的时候。)
 (2) その時の苦い経験をたまに思い出すことがある。
     (偶尔会想起那个时候的痛苦精力。)
 (3) 考え事が多いと眠れないことがある。
     (想太多了有时候会睡不着。)
 (4) 時間があるときは自分で料理を作ることもあります。
     (有时间的时候自己也会做饭。)
 (5) 頭の中に突然変な声が聞こえてくることがあります。
     (有的时候脑袋里会突然响起奇怪的声音。)

 

備考

 似ている文法「【N3文法】~たことがある/たことがない

文法

説明

接続

 動詞普通形+くせに/くせして
 い形容詞普通形+くせに/くせして
 な形容詞語幹+な+くせに/くせして
 名詞+の+くせに/くせして
 

意味

 明明…却…
 虽然…但是…
 ~のに
 

解説

 非常に強い不満や非難の気持ちを表す逆説の文法です。文末の語調も強めになりがちです。
 主語は必ず人でなければならず、前項と後項の主語は同じでなければなりません。
 後項は省略することができ、「くせに」で文を終わることもできます。
 後項に良い内容が来る場合は皮肉めいた表現になることもあります。(2)
 

例文

 (1) 道が狭いくせに車通りは多い。
     (虽然道路很窄行车却很多。)
 (2) パッケージは普通なくせに、食べてみると美味しい。
     (明明包装很不起眼,但是吃起来却很美味。)
 (3) 子供のくせに大人に口答えするな。
     (小孩子不要装成大人。)
 (4) 今まで逃げてばかりだったくせに。
     (至今为止明明一直在逃。)
 (5) 言い出しっぺのくせに何もしない。
     (说的倒挺好但是什么也不做。)
 (6) 人の話は聞かないくせに、自分の話は聞いて欲しいなんて虫が良すぎる。
     (明明别人的话听都不听,只想让别人听自己说可真够自私的。)
 (7) 顔が可愛くないと非難するくせに、整形したらまた非難される世の中。
     (这个世上长得不可爱也要被为难,整形了也要被为难。)
 (8) 自分が悪いくせに人のせいにするな。
     (不要把自己的错怪到别人身上。)
 (9) 自分がやられたら腹が立つくせに、同じことを人にやるな。
     (己所不欲勿施于人。)
 (10) うちの猫、夜行性のくせに昼から元気がいい。
     (我们家的猫明明是夜间动物但是白天开始就特别有精神。)

 

備考

 特になし

文法

説明

接続

 名詞+から+名詞+にわたって
 名詞+から+名詞+にわたり
 名詞+から+名詞+にわたる(+名詞)
 名詞+から+名詞+にわたった(+名詞)
 

意味

 从…到…
 涉及…
 一直…
 ~から~まで
 

解説

 「~から~まで」と同じく時間や空間の範囲を表します。ただし、その範囲の起点と終点がはっきりしていて、現象が範囲全体に広がっているようなニュアンスを持っています。範囲は面状です。
 起点を述べる必要がなければ、「~から」を省略することができます。
 漢字は「渡って」を使います。
 「長年にわたって/長きにわたって」は長期間続くことを表す慣用表現です。
 

例文

 (1) 親から子と世代にわたって生活保護の人々もいる。
 (2) この研究は他の研究員らにより長年に渡って継続された。
 (3) 国道沿い2kmにわたって桜並木が続いている。
 (4) 秋田県から新潟県の日本海側にわたる広い地域で大雪警報が出ている。
 (5) 地震の影響でこの地区ほぼ全域が数週間にわたって断水した。

 

備考

 似ている文法「~から~まで」
 似ている文法「~から~にかけて/にかけ