文法

説明

 【 A 】とは言い条【 B 】

 逆説の文法で、Aを認めつつも、Bで何か問題点を挙げるときに使う。
 名詞に接続することなく、逆説の意味を持ったまま単体で使われることも多い。
 超硬めの表現。会話では使われない。
 
 【接続】 名詞/な形容詞語感+とは言い条
      動詞普通形+とは言い条
      い形容詞普通形+とは言い条
 【意味】 しかし、けれども

  

例文

いくら美味しいとは言い条、見た目が良くなければ食べたくならない。

ここは最寄り駅。とは言い条自宅まで歩いて30分もかかる。

10月とは言い条まだまだ暑い。

結婚には年の差は関係ないとは言い条、実際、世代間のギャップはあるだろう。

 

備考

 似ている文系に「~とは言っても」「~とは言え」「~と(は)言えども」「~とは言い条」があるが、これらは意味こそ同じで、単に表現の硬さが違うだけ。

 

文法

説明

 【 A 】とは言うものの【 B 】

 逆説の文法で、Aを認めつつも、Bで何か問題点を挙げるときに使う。
 名詞に接続することなく、逆説の意味を持ったまま単体で使われることも多い。
 硬めの表現。
 
 【接続】 名詞/な形容詞語感+とは言うものの
      動詞普通形+とは言うものの
      い形容詞普通形+とは言うものの
 【意味】 しかし、けれども

  

例文

いくら美味しいとは言うものの、見た目が良くなければ食べたくならない。

ここは最寄り駅。とは言うものの自宅まで歩いて30分もかかる。

10月とは言うもののまだまだ暑い。

結婚には年の差は関係ないとは言うものの、実際、世代間のギャップはあるだろう。

 

備考

 似ている文系に「~とは言っても」「~とは言え」「~と(は)言えども」「~とは言い条」があるが、これらは意味こそ同じで、単に表現の硬さが違うだけ。

 

文法

説明

 【 A 】と(は)言えども【 B 】

 逆説の文法で、Aを認めつつも、Bで何か問題点を挙げるときに使う。
 名詞に接続することなく、逆説の意味を持ったまま単体で使われることも多い。
 硬めの表現。(は)をあってもなくても良い。
 
 【接続】 名詞/な形容詞語感+と(は)言えども
      動詞普通形+と(は)言えども
      い形容詞普通形+と(は)言えども
 【意味】 しかし、けれども

  

例文

いくら美味しいと(は)言えども、見た目が良くなければ食べたくならない。

ここは最寄り駅。と(は)言えども自宅まで歩いて30分もかかる。

10月と(は)言えどもまだまだ暑い。

結婚には年の差は関係ないと(は)言えども、実際、世代間のギャップはあるだろう。

 

備考

 似ている文系に「~とは言っても」「~とは言え」「~とは言うものの」「~とは言い条」があるが、これらは意味こそ同じで、単に表現の硬さが違うだけ。