~出す

説明

 動ます形に接続します。意味は3つあります。

 ①動作の開始

 ②内側から外側への移動
 ある物を外側へ移動させる時に使います。接続できる動詞は限られます。引き出す、取り出す、抜き出す、選び出す、絞り出す等…

 ③創造・創出
 特定の動詞に接続して、そこから新しいものを創造するという意味を加えます。生み出す、作り出す、編み出す、考え出す等…

 【接続】 動ます形+出す
 【意味】 ①動作の開始
      ②内側から外側への移動
      ③創造・創出

 

例文

食べ出したら止まらない。

コインロッカーから預けた荷物を取り出す

人工的に生命を作り出すことは倫理的に問題はないのだろうか。

 

備考

 似た文型に「~始める」があります。

 ①雨が降り始める。
 「~始める」を使うと、その動作が徐々に、だんだん始まってくるというニュアンスがあります。最初は弱い雨だったが、だんだん強くなっていくような感じです。

 ②雨が降り出す。
 「~出す」を使うと、その動作が急に、突然、突発的に発生したニュアンスが感じられます。急に雨が強く降ってくる感じです。

 

~始める

説明

 動ます形に接続して、動作の開始を表します。

 【接続】 動ます形+始める
 【意味】 ~のが始まる

 

例文

食べ始めたら止められない。

政府は不法とされる難民を合意の上で強制送還し始めた。

同棲し始めてからもう3ヶ月経つ。

 

備考

 似た文型に「~出す」があります。

 ①雨が降り始める。
 「~始める」を使うと、その動作が徐々に、だんだん始まってくるというニュアンスがあります。最初は弱い雨だったが、だんだん強くなっていくような感じです。

 ②雨が降り出す。
 「~出す」を使うと、その動作が急に、突然、突発的に発生したニュアンスが感じられます。急に雨が強く降ってくる感じです。

 

~止む

説明

 動ます形に接続して、完了を表します。
 自然現象及び感情などの人の意志とは関係なく発生する現象に対して接続することができます。降る、吹く、鳴く、泣く、笑う、怒る等…

 それ以外の動詞には「~終わる/~終える」が使えます。

 × ご飯を食べ止んだ
 〇 ご飯を食べ終わった

 【接続】 動ます形+止む
 【意味】 ~するのが終わる

 

例文

雨が降り止んだら出発しよう。

泣き止ませようとすればするほど泣き止まない。

台風の目に入り風がすっかり吹き止んだ

 

備考

 特になし