日本語の色んなお話

 学生→学生たち、私→私たち、あなた→あなたたちのように、「たち」をつければ人称代名詞の複数形になることは1年生の早い段階で教わることです。しかし、この「たち」は”彼女”に使えても、”彼”には使いにくいようです。実際2年生3年生になっても「彼たち」と言ってしまう学生は少なくなく、私もよく訂正したりしています。

 

検索結果の件数を見ると、やはり「彼たち」は少数

 yahooやgoogleの検索エンジンでそれぞれの三人称代名詞の複数形がどれほどヒットするのか、その件数を調べてみました。

Yahoo! JAPAN Google Twitterリアルタイム検索
彼ら 129,000,000件 132,000,000件 578,356件
彼女たち 30,300,000件 28,700,000件 53,693件
彼たち 105,000件 114,000件 792件
彼女ら 6,040,000件 18,000,000件 29,297件

 ※2019年6月17日現在の検索結果
  Twitterリアルタイム検索は2019年5月19日から6月17日までの30日間の件数

 Googleの検索件数による比較だと、「彼ら」は「彼たち」の1000倍以上使用されており、桁が3つも違います。さらにTwitterリアルタイム検索の最近30日間によると「彼たち」は792件でしたが、このうち「元彼たち」という単語が多くヒットしていましたので、これを除いた実際の値はもっと低くなるはずです。よって「彼ら」が最も使われ、「彼たち」はほとんど使われていないことが分かりました。

 一方、「彼女たち」は「彼女ら」の1.6倍ほどで「彼女たち」のほうがより使われていると言えますが、その差はあまり開いていないのでいずれも一応市民権は得られていると言っても良さそうです。

 

参考書とかwikiとかで調べてみた結果

 初級の教科書には「彼ら」はありますが、「彼たち」はありませんでした。ここでは意味が「那些人」となっておりますので、「彼ら」は男性が複数いても、女性が複数いても使うことができるということを指しています。

 

 三人称 – Wikipediaにはこのように書かれています。「彼ら」はありますが、「彼たち」はありません。一方「彼女ら」「彼女たち」はいずれも書かれています。

 

 N5、N4の単語を網羅した参考書には「彼ら」の欄に「彼たち」も記載されていました。しかしこの参考書は著者、編者に日本人が一人も含まれていませんので信頼性に欠けます。

 

まとめ

 以上のように、「彼ら」はよく使いますが、「彼たち」はあまり使われません。
 初級の日本語学習者にこのような間違いが多いので、学習または指導の際には注意が必要になりますね。

 

日本語の違い

 原因・理由を表す「どうして」「なんで」「なぜ」は、意味こそ同じですが、その語幹は微妙に異なります。その使い分けに明確な線引きはできませんが、ここではその大まかな違いについてまとめます。

 

「どうして」は感情的な言い方

  (1) どうしてあんなことを言ってしまったんだろう。
  (2) お前はどうして遅刻したんだ。
  (3) 休日はどうしてこうも短いんだ。

 「どうして」は話者の感情を含んだ言い方で、不満や驚き、後悔、不思議など様々な感情を表します。例文(1)ではあんなことを言ってしまったことに対する後悔、(2)では遅刻したことに対する問い詰め、(3)では不満や驚きです。

 本来理由や原因を問うものですが、「どうして」にはそれ以上に話者の感情が含まれているため、実際は理由を聞いていないケースも珍しくありません。例文(1)(3)はその典型的な例で、その理由よりも感情面の部分が強く表れています。

 

「なんで」も感情的で、若者がよく使う言い方

  (4) コーラを飲むとなんでしゃっくりが出るんだろう。
  (5) なんで宿題をやらないといけないの。
  (6) 猫はなんでこんなに可愛いんだ。

 「なんで」は「どうして」とともに話者の感情を含んだ言い方ですが、こちらは口語的(話し言葉)で日常会話において子供や若者がよく使います。大人が使うと子供じみた印象を与えることもあり、目上には使いにくいです。

 

「なぜ」は理由だけを聞く理性的な言い方

  (7) 人はなぜ占いを信じるのか。
  (8) 食事の後はなぜ眠くなるのだろうか。
  (9) お風呂入るとなぜ目が覚めてしまうのか。
  (10) なぜ泣いているんですか?

 「なぜ」は話者の感情を含みにくい理性的な言い方で、文語的(書き言葉)です。そのためやや丁寧な印象を与えます。「なぜ」には感情的なニュアンスがほぼないため、上記の例文(7)(8)(9)のような知識の探求、学術的な場面など、その理由・原因だけを純粋に問う場面では必ず「なぜ」が用いられます。

 一方、例文(10)ではただ泣いている理由を知りたいだけなので、実際に泣いている人に対して用いると感情のない冷たい人と思われるかもしれません。感情が必要な場面では「どうして」「なんで」を用いたほうがいいこともあります。

 

「どうして」「なんで」「なぜ」の比較

(告白を断られ)
A:どうして付き合えないんですか?
B:なんで付き合えないんですか?
C:なぜ付き合えないんですか?

 前述の通り、AとBには話者の感情が含まれています。付き合ってくれないことに対する不満が前面に出ながらも理由を聞く姿勢が見られます。このケースでは不満の感情が含まれるため、一度断られたもののまだ諦めたくない気持ちを表すことができます。

 Cはただ単純に付き合えない理由を知りたいという姿勢が見られます。このケースでは不満や残念な感情はほぼ無いので、諦めたくない気持ちもほぼありません。つまりすでに諦めていながら理由だけを知りたいときに使えます。

 

もちろん例外もある

どうして なんで なぜ
感情的 感情的 理性的
口語的 口語的 文語的
若者がよく使い、目上には使いにくい 純粋に理由だけを聞き、それ以外については問わない

 この3つの違いは以上のようにまとめられますが、もちろん例外もあります。「なぜ」が使われても感情を含む場合もありますし、目上に「なんで」を使える場合もあります。あくまでも大まかな違い、参考程度にとどめてください。

 

中国での生活

 この時期卒業シーズンは記念撮影で忙しい時期です。卒業生は寮ごとに専属カメラマンを雇い、1日随行させて学内の色んなところで撮影します。1人あたり80~100元ほどのお金を払うことで、撮影から加工・修正まで全部やってくれます。

 私がもらったこのパンフレットによると、写真撮影に際して、衣装を3着まで借りることができるようです。その3着は寮の人たちが相談して決め、撮影日の前日ないし前々日にサイズチェックなどをする徹底ぶりです。

 この会社では大体以上のような衣装が貸し出されていました。
 4年生から聞いたところ、朝早くに衣装を着て、教室やグラウンドなどを行ったり来たり、結局夕方近くまで撮影し続けていたそうです。

 以下は4年生が撮った写真たち、数枚紹介します。

 私はよく分かりませんが、プロのカメラマンということもあって構図なんかも良い感じなんでしょうね。卒業式まではあと1週間ほどあるので、まだまだこれからも構内で見かけるかと思います。
 最後の最後まで思い出を作って欲しいですね。